FASHION

ベイクドカラーこの【8色】が挑戦しやすい!《色別》おすすめコーデ25選

2019/11/05

近頃注目されている「ベイクドカラー」。ちょっとくすんで深みのある色合いは大人の女性でも普段のコーデに取り入れやすい。ここでは、8色のベイクドカラーコーデをご紹介。旬カラーの取り入れ方、ぜひチェックしてみて。

ベイクドカラーって?

ベイクドカラーとは、「ベイクド=焼く」という意味から、ちょっとこげめがついたような深みのあるくすみカラーのこと。パッと派手な華やかさではなく、他のアイテムに馴染ませつつ、さりげなくコーデをトーンアップしたり、華やかさを添えることができます。

ベイクド「ピンク」で上品に

ピンクは可愛い印象で、大人の女性は取り入れるのを躊躇してしまうカラー。でも、ベイクドピンクなら、ちょっとくすみがかって落ち着いた印象なので臆せず取り入れることができ、上品レディなコーデに仕上げてくれます。

黒アイテムと合わせて甘辛コーデ

▼ベイクドピンクコーデュロイパンツ×黒トップス

トップスをメンズライクな黒ロンTにしたなら、ベイクドピンクのパンツで甘さを加えて、ちょうどいい甘辛バランスに。ダボっとしたストリート風のスタイリングも、ピンク効果で大人可愛く仕上がります。

▼ベイクドピンクパンツ×黒バッグ

ベージュ×ベイクドピンクのニュアンスたっぷりのくすみカラーコーデは、バッグで黒を投入してメリハリを。きれいめパンツに、存在感ある「シャネル(CHANEL)」の格上げバッグがベストマッチ。

薄めのベイクドピンクは明るめカラーでまとめて

▼ベイクドピンクスカート×白アウター

薄いベイクドピンクは、あえて明るいカラーを合わせてライトなコーデにするのが今年流。こちらはスカート以外を白でまとめた、フェミニン度高めな着こなし。白ショートジャケットの肩掛けで、ほんのりラフ感を演出して。

▼ベイクドピンクコート×ベージュパンツ

ベイクドピンクのきれいめコートは、白T×ベージュワイドパンツの安定感あるコンビと合わせると失敗知らずなスタイリングに。薄いベイクドピンク×ベージュのミルクティ配色は、全方位から見ても鮮度抜群。

ベイクド「メイプル」でトレンド感を

こはくのように赤みを帯びたブラウン系カラー「メイプル」。ブラウンカラーヒット中の今、特にこの色がトレンドとしてクローズアップされています。メイプルにちょっと深みを持たせたベイクドメイプルカラーなら、大人っぽくシックなスタイリングに。

リネン素材で夏の着こなしを

▼ベイクドメイプルリネンシャツ×デニムワイドパンツ

夏にマストなリネンシャツ。ベイクドメイプルにすれば、リネン特有のナチュラル感が軽減され都会的なシャツコーデに。ベージュインナーでグラデーションを作り奥行きを持たせたレイヤードテクにも注目。

黒パンツと合わせてトレンド感アップ!

▼ベイクドメイプルコート×黒スキニー

温もり&リッチ感あるベイクドメイプルコート。黒パンツと合わせることでコートの存在感が際立ち、トレンド感がアップ!

ベイクド「オレンジ」で今っぽく

旬カラー・オレンジは、明るすぎて苦手意識を持っている人も多いのでは?でも、“落ち着き”が加わったベイクドオレンジなら、 普段のスタイリングにも取り入れやすい。いつもの無難なコーデが、ベイクドオレンジで旬コーデへとアップデート。

プリーツスカートとグレーのタートルネックが相性◎

▼ベイクドオレンジプリーツスカート×グレートップス

ベイクドオレンジに合わせるカラーに悩んだ時は、万能カラー・グレーをチョイスしてみて。タートルネックなら目線が首元に集まり、ルーズに見えがちなロングプリーツスカートコーデをスタイル良く見せてくれます。

ネイビーとのカラーバランスがバツグン

▼ベイクドオレンジトップス×デニム

顔をイキイキと見せてくれるベイクドオレンジのブラウス。トップスが明るい分、ボトムは落ち着いたネイビーにすると好バランスに。濃紺ワイドデニムを合わせると、ヘルシーなカジュアルコーデの完成。

トレンド色はワンピースにも取り入れて存在感大

▼ベイクドオレンジワンピース×黒小物

トレンドのベイクドオレンジをワンピースで全身に取り入れるのも素敵。落ち着いた色味で肌の色に近いため、意外と着こなしやすい。明るいワントーンコーデは、黒のバッグ&パンプスで引き締めて。

ベイクド「イエロー」はもはや定番!

マスタード感覚で取り入れることができるベイクドイエロー。落ち着きもあるのに、どこかハッピーな印象を与えるのが魅力。 レモン色のような黄色が難しいと感じる人も、ベイクドイエローならトライしやすいはず。

白黒アイテムと合わせれば失敗しらず

▼ベイクドイエロートップス×ホワイトパンツ

存在感あるベイクドイエローは、万能な白・黒カラーと合わせれば間違いなし。ベイクドイエローブラウスは、ホワイトパンツと合わせてきれいめにスタイリング。シルバーのアクセサリーがワンランク上の洗練された着こなしへと高めています。

▼ベイクドイエローパンツ×黒ベルト

トップスよりも難易度が上がるベイクドイエローのパンツ。そんな時は、黒&グレーを使うのが正攻法。グレーTシャツでパンツのカラーを中和させたら、黒ベルトをライン的に使ってメリハリをつけて。

▼ベイクドイエローワンピース×黒小物

落ち着いて見えるのに、周りとしっかり差を付けることができるベイクドイエローのワンピース。小物で黒を効果的に差し込むことで、ゆるっとしたワンピースコーデが大人っぽく仕上がります。

ベイクド「パープル」で大人っぽく

もともと落ち着いた色味のパープルですが、 ベイクドパープルならさらに深みが増し大人っぽく。大人フェミニンなコーデにしたい時、取り入れたいカラーです。

靴を黒にして大人の仕上がりに

▼ベイクドパープルニット×黒ショートブーツ

ベイクドパープルニットにデニムを合わせたお馴染みのカジュアルコーデ。大人っぽく仕上げるなら、辛口なポインテッドブーツでピリッと引き締めるのが◎。

▼ベイクドパープルパンツ×黒パンプス

大人のきれいめパンツコーデを叶えるベイクドパープルのベルテッドワイドパンツ。ブラウンカーデをONして新鮮配色にしたなら、足元はプレーンな黒パンプスで締めてバランスを調整。

▼ベイクドパープルワンピース×黒スニーカー

ヴィンテージムード漂うベイクドパープルのコーデュロイワンピース。メンズなフェルトハットがより雰囲気を盛り上げます。足元も帽子とテンションを合わせて、黒スニーカーではずすくらいがちょうどいい。

シルバー小物と合わせておしゃれ上級コーデ

▼ベイクドパープルコート×シルバーパンプス

存在感あるベイクドパープルコートのインナーは、グレー×白の淡色コーデで引き算にするのが正解。グレーと同系のシルバー小物でツヤを加えることで、おしゃれ上級者コーデへとランクアップ。

ベイクド「グリーン」で差をつけて

春夏のイメージが強いグリーンですが、 こっくりとしたベイクドグリーンなら、秋冬もコーディネートが楽しめる。 カラーで周りと差をつけるなら、おしゃれ度が高まるベイクドグリーンはおすすめ。

フレアボトムと合わせてクラシカルな印象に

▼ベイクドグリーントップス×白プリーツスカート

コンサバスタイリングにも重宝するベイクドグリーンのハイネックトップス。切り替えプリーツの凝ったスカートを合わせても、上品かつクラシカルに仕上がります。

存在感あるニットは小物使いで女性らしく着こなして

▼ベイクドグリーンニット×黒ワイドパンツ

オーバーサイズのニットと黒ワイドパンツのストリート風カジュアルコーデ。どこかスペシャル感のあるベイクドグリーンニットで着こなしに差をつけて。キャップ&三つ編み&眼鏡と、顔周りをキュートに盛るテクニックにも注目。

グレーやベージュをあわせてやわらかい印象に

▼ベイクドグリーンパンツ×白トップス

印象的なベイクドグリーンの中和役となるのがグレーカラー。コントラスト強めな白T×ベイクドグリーンパンツのコーデを、グレーカーディガンでやわらかい印象に。

▼ベイクドグリーンスカート×モカベージュトップス

華やかなベイクドグリーンのレーススカートは、モカベージュトップスで落ち着かせて大人っぽいスタイリングに。スカート以外をベージュ系でまとめているのもすっきり見えるポイント。

ベイクド「ブラウン」でシックに

知的さや都会的な印象のスタイリングにするなら、シックなベイクドブラウンの力を借りてみるのもGOOD。一歩間違えると地味に見えてしまう色なので、明るいカラーや柄物と合わせて コーデが華やぐように意識して。

ワイドパンツやチェック柄と合わせてよりシックに

▼ベイクドブラウントップス×白ワイドパンツ

スモーキーなベイクドブラウントップスは、白ワイドパンツを合わせると一気に垢抜ける。1つに束ねたヘアスタイルで、トップスのバックシャンデザインをすっきりと見せて。この抜け感が大人っぽく見える秘訣。

▼ベイクドブラウンニット×チェック柄パンツ

シックなベイクドブラウンは、トラッドアイテムとも好相性。定番のグレー系チェックでも合いますが、白ベースのチェック柄パンツでトーンアップするのも新鮮。ニットと同色のブラウンが入っていて統一感あるスタイリングに。

ベイクド「ブルー」でかっこよく

どちらかというとネイビーに近いベイクドブルー。ネイビー同様、 カッコいい印象に。 ダークカラーなのでコーデの引き締め役としても使えます

ダークカラーのボトムとあわせてクールに

▼ベイクドブルーTシャツ×グレーデニム

濃いベイクドブルーTシャツは、甘いボトムではなく、ダークカラーボトムと合わせてかっこよさを極めるのも今っぽく見えるコーデテク。グレーデニムを合わせた辛口コーデは、サンダルとバッグでさりげなく女っぽさを添えて。

▼ベイクドブルーニット×デニム

ベイクドブルーニットと濃紺デニムとのワントーンコーデ。重めのコーデは、ニットのタックインでシルエットにメリハリをつけるのが◎。足元はイエロースニーカーで明るいアクセントをひとさじ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW