FASHION

コーデュロイジャケットを着こなすテク6つ&色別コーデ15選

2019/05/20

防寒しつつ秋冬のファッションが楽しめる「コーデュロイジャケット」。寒い時期に定番のコーデュロイで作られたジャケットは去年から人気のオシャレアイテムです。今回はそんなコーデュロイジャケットを着こなすテクニック6点と、カラー別おすすめコーデをご紹介。テクニックを覚えてコーデュロイジャケットコーデを楽しんで。

コーデュロイジャケットを着こなすポイント6点

コーデュロイジャケットを普通に着るだけなんてもったいない! こなれて見えるコーデに仕上げる6つのテクニックをご紹介します。ぜひ参考にしてみて。

①あえてオーバーサイズを選んでみる

▼ゆるシルエットで体型カバーも

シャツ風のコーデュロイジャケットはオーバーサイズでラフさを引き出して。スキニーと合わせて羽織ると大人っぽいシルエット見せが叶うコーデに。

②ショート丈は肩を落として今風アレンジ

▼オフショル気分でトップス見せ

ショート丈のコーデュロイジャケットは脚長効果バッチリ。襟を抜いて丈をもっと短く見せてみるのも良いかも。トップスが見えるくらいのオフショルが”今っぽバランス”。

③ミディアム丈はウエストマークでメリハリを

ゆる×ゆるでもスタイルアップを意識

ミディアム丈のコーデュロイジャケットにはウエストマークが必須。ワイドパンツと合わせると寸胴のようなシルエットになってしまうので、きゅっとウエストは絞って砂時計型を作ってあげるのがポイント。

④ロング丈で大人っぽく着こなす

▼スキニー使いでこなれ感をプラス

膝より下の丈感は取り入れるだけで簡単に大人っぽいバランスに仕上げてくれます。黒スキニーを忍ばせて上級者のレイヤードを楽しんで。

⑤セットアップで簡単にこなれ感ゲット

▼ラフにもキレイめにも◎

時間がない日や、なかなかキマるコーデが組めないときはセットアップに頼ってみて。ピシッとキマるセットアップは中に着こむトップスや小物使いに印象が左右されます。ラフにもキレイめにも着こなして。

⑥寒い冬はボア付きで防寒もバッチリ

次ページ> 「ブラウン」で温かみのある印象に
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW