LIFE STYLE

動物に好かれる人の特徴【チェックリスト】

2019/05/20

動物に好かれる人は、優しい性格や言動などが共通しています。どんな行動を心がければ動物が歩み寄ってくるかについて、動物の生態と合わせてまとめました。動物に好かれる行動をとり続けていれば、仲良く触れ合えるようになるでしょう。

動物に好かれる人ってどんな人?

動物好きな人にとって、動物から好かれることは憧れではないでしょうか。お気に入りの動物が自ら近寄ってきてくれたり、甘えてくれたりすることはとてもうれしいものです。

動物に好かれる人には、どんな共通点があるのでしょうか。行動面と性格面でそれぞれ紹介します。

ゆったりとしていて落ち着きがある

動物から好かれる人は、ゆったりとして落ち着きのある行動をとる人です。動物は急に動くものには警戒心を抱きます。好きな動物を見つけ、高揚して慌てて近づいたら逃げられてしまった…という経験がある人も多いのではないでしょうか。

動物にとっては、体が大きく言葉も通じない人間は脅威です。落ち着いた動作をする人に対して安心感を覚えるのは自然なことでしょう。

さらに、人の方が動物に対して怯えている場合でも、動物はなかなか懐きません。人間が感じている恐怖心を敏感に察知するため、動物も緊張してしまうのです。

思いやりがあり世話好き

思いやりがあり世話好きであることも動物から好かれる人の共通点です。人間だけではなく、小さな命に対しても愛情深く接する人が好まれます。

自分より弱い立場にあり、困っている存在を見ると、どうしても放っておけないようなタイプの人は、動物も懐きやすいでしょう。

自分を守り大切に世話をしてくれる人間であれば、動物は心を開くようになるのです。食事を与えたり慈しんだりしているうちに、自然と動物の方から歩み寄ってくるでしょう。

上下関係を察知して懐くことも

動物は弱肉強食の世界で生きています。群れの中でも、強い個体がリーダーとなり弱い個体を率いるものです。

そのため、動物に好かれる人は組織の中でも強い立場にあることが多いです。自分より上の立場であるリーダーとして認め、従うようになるのです。

例えば家族で動物を飼っている時にも、普段の生活の様子から力関係を見定めるといったことがしばしば見られます。

大人のいうことは聞くのに、子どものいうことは全く聞かないというケースは、動物が大人が群れのリーダーであると感じており、子どもは自分よりも下の立場だと見下してしまっているのです。

動物に好かれる人にはこんな特徴も

動物とよく接している人は、動物のリアクションで好かれているかどうかがわかりやすいです。餌をやったりスキンシップをとったりしている様子を見ていれば、動物が懐いているかどうかはっきり見えてきます。

ですが、動物に普段あまり接することがないにもかかわらず、動物に好かれる人もいます。どんな特徴があるのかを見てみましょう。

人にも好かれる傾向がある

動物に好かれる人は、人からも好かれている傾向があります。明るくて話しやすい人は好感を持たれやすく、自然と周囲に人が集まります。

人間から見て魅力的な人は、動物から見ても魅力的に感じるのです。

動物は人の声やしぐさ、表情を含めた雰囲気を敏感に感じ取ります。人であれ動物であれ周囲を惹きつけられるか、生き物としての成熟度が高いかどうかに気づいているのでしょう。

動物に好かれる人になるには

どうしても動物に好かれたい場合は、どうすればいいのでしょうか。性格面やスピリチュアルな面については、すぐに変えることができませんが、普段の行動なら心がけ次第で変えることができるでしょう。

動物に好かれるためのコツを大きく3つにまとめました。上手く取り入れて、動物と心を通わせましょう。

動物と同じ目線で接する

小柄な動物にとっては、大きな体の人間から見下ろされることは威圧感があるでしょう。

動物と接する時には、対象となる動物と同じ高さまで目線を合わせることで、意思疎通が取りやすくなるのです。

ただし、どう猛な動物や野生動物にとっては、視線を合わせることが威嚇行為を表すことがあります。

犬や猫など、人間と生活していて慣れやすい動物には、目線を合わせることが効果的です。

ゆっくりと触る・話しかける

動物に触る時には、ゆっくりと触ることが大切です。

大好きな動物の毛並みや肌の質感、鱗などの感触を楽しみたい、という気持ちもあるでしょう。しかし、動物にとっては全く別の生き物に勝手に触られることはストレスになります。

自分の楽しみのために身勝手に触っていると嫌われてしまいます。最初は自分に慣れさせるためにそっと触れたり、匂いを嗅がせたりすることから始めましょう。

話しかけるときにも注意が必要です。動物は高い声、大きな声を嫌がります。自然界では威嚇を表す声であり、動物の緊張や興奮に繋がってしまうのです。

なるべく落ち着いた低い声で、そっと話しかけるようにしましょう。

ニオイにも気を付けて

動物は、人間よりも何倍も嗅覚が優れています。人間であれば心地よいと感じるニオイや、気がつかない程度のニオイに対しても敏感でしょう。

特に香水や柔軟剤など、自然界にない人工的なニオイは、動物が嫌がる傾向があります。

自然由来であっても、鼻にツンと抜けるような刺激臭である柑橘系のニオイも嫌がられるでしょう。

動物に近づく時には、ニオイを落として体を無臭の状態にしてからにすることをおすすめします。

あきらめずに好かれる努力を

行動を変えたからといって、すぐに動物から好かれ始めることは少ないでしょう。なかなか効果が出ないからと言ってあきらめず、忍耐強く努力することが大切です。

なにしろ、動物は生き物であり、人間の思う通りにはなりません。動物に好かれたいという気持ちを強く持って、焦らず粘り強く接し続けましょう。継続すれば、次第に動物に好かれる人に近づいていけるはずです。

まとめ

動物好きにとって、動物に自然と好かれることは非常に羨ましいことです。

最初から動物に好かれることは難しいですが、どんな人が動物に好かれやすいか、どんな行動をとればいいかを理解して実践すれば、少しずつ動物に歩み寄れるはずです。

動物と仲良く触れ合えるようになるため、動物に好かれる人を目指しましょう!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW