LIFE STYLE

声が大きい人が苦手。原因や対処法などを知って良好な関係を

2019/05/17

声が大きい人は、時に周囲に迷惑がられることがあります。どんな性格の人が多いのか、人はどういったシーンで声が大きくなりがちなのかを知ることで、相手を理解することができるでしょう。対処法を知って歩み寄り、良好な人間関係を築きましょう。

声が大きい人ってどんな印象?

声が大きいことそのものは、一概に悪いこととは言えません。一方で、日常的に過剰に大きな声で話す人は、周りから嫌がられることも多いです。

職場や学校などの組織に声が大きな人と一緒に所属していて、憂鬱に感じている人もいるのではないでしょうか。

声が大きい人は、周囲からどのような印象を持たれがちなのかまとめました。

嫌い・怖いなどのネガティブな意見が多い

声が大きいことを好ましく思わない人にとっては、大きな声を聞いただけでネガティブな印象を持たれがちです。

とくに大きな声は注意を引くため、細かい作業をしているときには集中力を削がれて疎ましく感じます。

周囲の空気も気にせずに大きな声を出し続けている人は、周囲のストレスを蓄積させ、嫌われることもあるでしょう。

また、大きな声は相手に威圧感を与えます。普通に話していても怖がられることがあり、特に怒る時に怒鳴りつけるような人は、周囲から恐れられて距離を置かれる可能性もあるでしょう。

声が大きい人の意味とは

声が大きい人とは、単純に声量がある人以外にも、強く意見を主張する人を指すことがあります。慣用句で「声を大にする」という言葉があるように、周囲に対して自分をアピールし、意見を認めてもらおうとするのです。

強く主張された意見は通りやすくなるため、声が大きい人は得をすることがしばしばあるでしょう。一方、その意見があまり好ましいものでなかったり、周囲からの賛同を得られていなかったりすれば、周囲は面白く思わないでしょう。

そうした意味でも、声が大きい人は時に周りから孤立してしまうことがあるのです。

声が大きい人の特徴

声が大きい人にもさまざまなパターンがありますが、ある程度の共通点があります。声が大きい人はどのような性格を持っている人が多いのかを紹介します。

自分の周囲にいる声の大きな人は、どれに当てはまりそうかチェックしてみましょう。

自信があり性格が明るい

自分に自信がある人は、声が大きい傾向があります。自信があるからこそ、大きな声で意見を述べることが苦にならず、むしろ喜ばしく思うのです。 意見の内容から生まれる自信というよりは、本人そのものが自信家である場合が多いでしょう。

さらに、声が大きい人は明るい性格であることが多いです。人間は気分が高まった心地よい状態の時は、リラックスして呼吸が深くなります。自然とよく通る大きな声になるのです。

目立ちたがり屋

大きな声は、周囲の視線を集めます。そのため声が大きな人は、目立ちたがり屋だといえるでしょう。もっと自分に注目してほしいという思いから、声量が大きくなるのです。

職場の会議中で意見を求められたときに、大声で発表する人は、目立ちたがり屋のタイプでしょう。周囲からの注目を浴びることが心地よいと感じているのです。

出世しやすいという意見も

声が大きな人は出世しやすいという意見もあります。普段から周囲から注目されることが多いため、評価されやすいといえるのです。

また、大きな声は自信があることを印象づけます。大きな声で意見や指示を受けた時、相手は頼りがいや説得力を感じやすいでしょう。

さらに、人事評価を下す立場である上司も、大きな声で自信に溢れた人物に期待するのです。

声が大きくなる理由

声の大きさは性格からくるものも多いですが、何かしらの理由からくる場合もあります。

普段は気にならない声量なのに、特定のシーンでしばしば声が大きくなる人や、目立ちたがり屋というわけでもないのに大きな声で話す人がいる場合は、以下にまとめた理由に当てはまらないかチェックしてみましょう。

相手に伝えたいことがある

相手に強く訴えたいことがあるために、声が大きくなってしまう人がいます。どうしても聞き入れて欲しい意見がある場合は、必死になるあまり声量が大きくなるでしょう。

怒鳴りつけるような怒り方をする場合も同様です。自分が激しく怒ってしまうほどにわかって欲しいことがあることを伝えようとしています。

大声を出すと同時に感情的になっている場合には、こちらが意見をちゃんと受け入れようとしている姿勢を見せれば、次第に落ち着くでしょう。

話が盛り上がり夢中になっている

話に夢中になるあまりに、いつの間にか声が大きくなっている場合があります。 電車の中で、周囲の視線にも気づかず夢中に話している人を見かけた、といったことは多いのではないでしょうか。

自分自身も、友人との会話が盛り上がっている最中、気がついたら普段では考えられないような声量でしゃべっていた、という体験をしたことがある人も多いでしょう。

人は会話に集中してしまうと、声のボリュームとオクターブが高くなり、会話のスピードもどんどん速くなります。全くの無意識であり、指摘されるまで気がつかないのです。

耳が悪い可能性もあり

性格やその場の状況に関係なく声が大きい人は、耳が悪くなっている可能性があります。人は自分の声の大きさを自身の耳で聞き取り、ちょうどいい声量に調節しています。

自分の話す声が小さくて聞き取りにくかった、と判断すると、より大きな声量で話すようになるのです。何度も繰り返していると、大きな声が自分の正常な声量だと脳が記憶してしまいます。

大きな声で話す様子に違和感がある場合は、聴力の低下を疑うことをおすすめします。

声が大きい人への対処法

声が大きい人が周囲に悪影響をもたらしている場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。具体的な行動を紹介します。

声が大きい人にとっても、改善後は周囲に受け入れられやすくなり、人間関係が良好になる可能性があります。

自分を含めた周りの人のストレス軽減のためにも、声が大きい人自身のためにも、取り組んでみてはいかがでしょうか。

職場などでは柔らかい表現で指摘を

誰しも、人から注意をされる時には嫌な気持ちになるものです。声が大きいことを厳しい物言いで注意をしてしまうと、トラブルのもとになりかねません。

特に職場など人間関係が重視される場では、声が大きい人が少しでも受け入れやすいように、なるべく柔らかく優しい表現で指摘をするとよいでしょう。

1対1で会話している場合であれば「凄く良い意見だけど、周囲に声が届いてしまうので、もう少しボリュームを絞って話しましょう」といった具合に、意見そのものは否定せず、声量のみ変えてもらうようにお願いしましょう。

自分ではなく他の人と話している人であれば「お話に割り込んでしまいすみません、もう少し小さな声でお話していただけますか?」と、相手の会話を邪魔することを謝罪しつつ、謙虚にお願いするとよいでしょう。

自分の声が迷惑かも…と感じたら

自分自身の声が周囲に迷惑をかけているかもしれない、と感じた時には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

日常の中で心がければ、改善につながる対策法を2つ紹介します。

声のトーンを下げる意識を

声量そのものでなく、トーンを下げることで、声の印象を大きく変えることができます。

声のトーンが高いと、声量は丁度良くても、周囲に不快感を与えることがあるのです。

意識的に少し低い声で話すようにすると、聞き取りやすくなるだけでなく、周囲の人に落ち着いた印象を与えられます。

大きく口を開けないことも大事

無意識に声が大きくなってしまう人は、口を大きく開けないように心がけると効果的です。

口を大きく開けると表情筋を使い、喉も開くため自然と声が大きくなってしまいます。

しばらく続けていると、自然と声の大きさも矯正されていくでしょう。

まとめ

声が大きな人が周囲にいて、苦手意識を持っている人は、相手がなぜ大きな声で話すのかを理解することで、歩み寄ることができるでしょう。

声の大きさは、なかなか自分では気づかないものです。気になる場合は優しく指摘したり、自分自身が大きな声の人になっていないか気を配ったりして、良好な人間関係を築きましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW