コートを着る気温は?
FASHION

コートを着る気温は? 目安の気温から服装指数に応じたコーデまで徹底解説!

2019/05/16

季節は冬。とはいえポカポカ暖かい日もあれば、凍てつく寒さの日も。今日の気温にぴったりのコート選びは意外と難しいものです。冬だけでなく、秋や春などの季節の変わり目に着るコートもお悩みの種。そこで意外と難しい【コートと気温】のお悩みをMINEが解決いたします!

コートを着る『目安の気温』は何度から?

冬になると、かわいいコートが欲しくなってきませんか?暗くなりがちな冬の寒さを乗り切るのにふさわしいコートを『気温別』にご紹介いたします。

冬到来の『10℃』は薄手のウール、短め丈で

▼キャメル色のノーカラーコート

薄手のウールで重たくないのが嬉しいキャメル色のノーカラーコート。インナーにハイネックニットを着て首元の冷えを防いでいます。

▼ブラックボアのショートコート

モフモフ感がかわいいブラックのボアコート。10℃ならならショート丈でもなんとか大丈夫。インナーに合わせたキャメル色のニットはモヘア素材でさらにモフモフ感がアップ。それでも甘くなりすぎないのは全身をブラックで引き締めたおかげ。

本格的な寒さの『5℃』なら厚手のウール、長め丈

▼ブラックのノーカラーロングコート

今日は冬らしい冷え込みの5℃。暖かいコートをチョイスして。厚手素材のブラックロングコートは首元すっきりのノーカラー。ハイネックのホワイトニットと合わせてクールな装いに。

▼ブラウンのロングダッフルコート

ロング丈でしっかり防寒できるダッフルコート。真冬に丁度いいアイテムです。インナーに暗い色を着ることが多いこの季節。アウターはブラウンで重くなりすぎないように。

凍てつく『0℃』は厚手のウール、ダウン、ロング丈、マフラーも忘れずに

▼厚手ウールのロングコートにマフラーをプラス

凍てつく寒さの0℃。首元に暖かいマフラーをプラスして。厚手のウールのロングコートに足元もブーツでしっかり防寒。

▼しっかり防寒してくれるダウンジャケット

0℃での外出は、本格的なダウンジャケットが大活躍。ニット帽や手袋などもプラスして、しっかりした寒さ対策が必要。

春(3月、4月)のコートはいつまで?

同じ温度でも体感が違うのが春と秋。素材もコットンやリネンを選んで軽やかさを演出。寒い冬を乗り切り、草木の芽吹く爽やかな明るいイメージの春に着るのはこんなコート。

まだ肌寒い15℃

朝晩はまだ寒い春先。しっかり着ても、前を開けて着てもさまになるトレンチコートは温度調節ができて便利。お気に入りの一着を見つけて。

初夏の陽気の20℃

ポカポカの春の陽気に誘われて外出。爽やかなリネンのホワイトコートにホワイトのバッグとシューズで気分も明るく。

秋(9月、10月、11月)のコートは?

暑かった夏が終わりほっと一息ですが。春と同じ15℃も余計に涼しく感じるのが秋。春コートとは違って、ダークカラーに薄手のウール素材が秋コートにはぴったり。木々も色づき街も段々と秋色に、落ち着いた雰囲気の秋に着るのはこんなコート。

秋らしい涼しさの15℃

一段と寒い今日は15℃。秋らしいブラウン系チェックのチェスターコートで。サークルタイプのブラックバッグを添えて。ショートブーツで防寒も◎。色合いも雰囲気もお手本のような秋コーデ

小春日和の20℃

日差しが暖かい小春日和の20℃。さらりとしたナイロンロングコートで動きやすいのも嬉しい。カーキ色が秋っぽい一着。

次ページ> 服装指数で考える今日のコート
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW