LIFE STYLE

好き避けをしてしまう女性の心理。好き避け後の対処法もチェック

2019/05/15

気になる人ができたとき、自分の好意を相手に気づかれたくなくて、つい「好き避け」をしてしまった経験はありませんか?好き避けをする女性の心理から、もし好き避けをしてしまった場合の対処方法を詳しく紹介します。

好き避けとは

まずは好き避けの意味をきちんと把握をしておきましょう。好き避けとは一体どんな状態のことを指すのでしょうか。

つい好きな人を避けてしまうこと

好き避けとは、文字通り自分が好意を抱いている人に対して、「好きじゃない」「あなたのことなんて全く気にしていない」というように、そっけない態度を取ることです。

いわゆるツンデレと同じように、自分の気持ちを素直に伝えられないという思いを抱いてしまっています。好意は素直に伝えたほうが、お互いスッキリとするのでは…?と思いますよね。

好き避けをしてしまう女性には一体どんな心理があるのでしょうか。

好き避けをしてしまう女性の心理

職場や学校などで、つい好き避けをしてしまう女性はいると思います。ここからは好き避けをしてしまう女性の心理について詳しく紹介します。

相手や周囲に好意がバレるのが恥ずかしい

そもそも好き避けをしてしまう女性は、好意を抱いている相手や周囲に、自分の気持ちがバレてしまいたくないと思っています。

恥をかきたくない、プライベートな部分を見せたくないといった、プライドが高い女性が陥ることが多いでしょう。

好意がバレることは決して恥ずかしいことではない、という経験が多くないからこそ、より恥ずかしいという気持ちが先行してしまうと考えられます。

どんな態度をとっていいのかわからない

また、好き避けをしてしまう女性は、そもそも恋愛経験が豊富ではないことも。経験が少ないからこそ「好きな人ができたけど、一体どうしたらいいの?」とパニックになり、好意をひた隠してしまうことも多いでしょう。

経験が少ないと「好き」という感情さえもうまく消化できず、結果的に普段とは全く違う態度をとってしまうと考えられます。

好き避け後に後悔をすることも

自分の気持ちをうまくコントロールできず、思わず好き避けをしてしまっても、あとで後悔をしてしまうケースも多いです。

「相手から嫌われてしまった…」と落ち込んで悩んでしまうこともありますよ。

好き避けをする女性の特徴

とはいっても「自分が好き避けをしているのか、いまいちわからない…」という人もいますよね。ひょっとすると単純に相手のことが嫌い、もしくは苦手という可能性もあります。

ここからは具体的に好き避けの特徴を紹介します。自分が好き避けに当てはまるのか、ぜひセルフチェックしてみてください。

目を合わせない

好きな人ができたとき、多くの人は好きな人のことを自然と目で追いかけますよね。「今どこにいるんだろう、なにしているんだろう」と相手の姿が見れたら嬉しくなりますし、相手と話せるのであれば、積極的に目線を合わせます。

しかし、好き避けをしている場合は、目を合わせることは一切しません。こっそりと自ら好きな人の姿を追いかけることがあっても、目が合った瞬間にパッと目線をそらしてしまうんですよね…。

「恥ずかしい」「好きとバレたくない」という気持ちが膨れ上がって、結果的に目をそらしてしまいます。つい目をそらしてしまう人は、好き避けをしている可能性がありますよ。

冷たい対応・態度をとってしまう

好きな人から話しかけられるのはやはり嬉しいものですよね。思わず「もっと話したい!」という気持ちが先行しますが、好き避けをしている人は、話しかけられても冷たい態度をとってしまうことが多いです。

「あなたに全く興味はない、話しかけないでほしい」というように、そっけない態度でアピールしてしまいがちです。

自分にとっては恥ずかしいという気持ちが先行しているのかもしれませんが、冷たい態度をとられた相手は、「もしかして嫌われているのかな」と勘違いをしてしまいます。

さらに「あの人はクールな人だから話しかけないでおこう」といった判断をされてしまい、仲良くなるきっかけが薄れてしまう可能性もあるので注意してください。

LINEの返信が遅い

好き避けをしてしまう女性は、好きな相手から連絡がきたとしても、すぐに返事をすることはしません。

LINEがきても、数時間経過してから返事をしたり、スタンプ一つだけ返したり…とそっけない態度をとってしまいます。

LINEが届いても「すぐに返事をすると、待っていたみたいに思われるのでは?」という気持ちが先行しているんですよね。好きという本心を悟られたくないからこそ時間をおいて返事をしています。

毎回すぐに返事をしたほうがいいというわけではありませんが、あまりに返事が遅すぎると相手に「嫌われているのかな」「面倒くさいのかな」と思われてしまいます。

なので、深く考えすぎず、適度時間感覚で返事をすることがおすすめですよ。

告白後に好き避けをしてしまうことも

今までは普通に接することができていたのに、告白後に好き避けをしてしまうケースもありますよ。

告白後に好き避けをしてしまう場合は、男女の関係になったときに、急に恥ずかしくなったり、相手を意識しすぎてうまくコミュニケーションが取れなくなったりした場合に起こりやすいです。

どうしても、恥ずかしくて好き避けをしてしまう…ということはもちろんあります。

しかし、相手はあなたの態度が急に変わってしまって戸惑っているかもしれません。

告白後に好き避けをしてしまう場合は、できるだけ正直な気持ちを相手に伝えることを意識しましょう。恥ずかしい気持ちもきちんと伝えることで相手も理解し、より絆も深まると思います。

好き避けのデメリット

好き避けをしてしまう女性の特徴を紹介しました。

好き避けが勘違いを生んでしまうことはわかりましたが、実際にどんなデメリットがあるのでしょうか。ここからは好き避けのデメリットについて紹介します。

気持ちを勘違いされるかも

好き避けを続けていると、相手に勘違いされてしまうことがほとんどです。

せっかく相手があなたのことを「いいな」と思っていても、そっけない態度をとっていると「もしかして嫌われている?」と勘違いを生んでしまいます。

勘違いされると、恋の進展はなかなか難しくなるので、注意してくださいね。

苦手意識を持たれてしまう

好き避けは目をそらしたり、そっけない態度をとってしまうため、相手からは苦手意識をもたれることもありますよ。

あなたに対して「なんとなく苦手な人だな」というイメージが持たれてしまうケースもあります。

たしかに、相手には何もしていないのに、急に冷たい態度を取られると嫌な気持ちになりますよね。相手の気持ちをネガティブにしてしまうデメリットが考えられるでしょう。

好き避けをしてしまった後の対処法

ここまで好き避けをしてしまう女性の特徴やデメリットなどをお伝えしました。

しかし、どうしても「好き避けをしてしまった…」ということもあるはずです。

万が一好き避けをしてしまった場合、どんな対処方法が最適なのでしょうか。

笑顔で接する

好き避けをされてしまった人は、かなりの警戒心を持っているもの。「何かしてしまったのだろうか」「何か企みがあるのだろうか」といった疑心暗鬼になってしまいます。

そのため、できるだけ相手に安心感を与えるために笑顔でいるように心がけましょう。人はムスっとしているような人にはなかな話しかけられないもの。一体どんなことを考えているのかわからない人には近づきにくいものですよね。

その点、笑顔でいれば柔らかく明るい雰囲気を出せるので、相手の警戒心もほぐれやすくなりますよ。たとえ会話が弾まなくても、まずは笑顔をキープするように心がけてみましょう。

もし長く会話をする機会がない場合は、笑顔で挨拶をするだけでもおすすめです。「おはよう」なら力まず自然に声がけしやすいですし、そのときにしっかりと笑顔がキープできていたら印象も変わることでしょう。

まずはニコッと笑う習慣から始めてみてくださいね。

できるだけ自分から話しかける

好き避けをされた側は、相手に話しかけにくいと感じています。そのため、自分から積極的に挨拶をしたり、会話を振るなど、コミュニケーションを図りましょう。

きっと話しかけられた相手は、初めは「なにを今さら?」「何が目的かな」と不安にになると思います。もしかすると相手にそっけない態度を取られてしまうこともありますよね。

ですが、どうかめげずに自分から話しかけてみましょう。初めはうまく会話ができないかもしれませんが、繰り返し話しかけることで、次第に相手も心を開いてくれるでしょう。

もしいきなり話しかけるのは難しいと思う人は、朝の挨拶やちょっとしたお礼などから始めてみることをおすすめします。

素直な気持ちを伝えることも大事

自分の気持ちはきちんと言葉に出して伝えようとしないと伝わらないもの。自分の頭で考えていても何も変わりません。

好き避け後に「本当はあなたのことが好きです」と考えていても、相手に伝わることはないでしょう。そのため、相手に対して誤解を解きたいのなら、きちんと自分の気持ちを伝えることが先決ですよ。

気持ちを伝えると、もしかすると相手は怒ってしまうかもしれません。ですが、本当の気持ちをきちんと伝えることが、相手の心も開くきっかけになることも。

2人きりでじっくり話せるように、ぜひ勇気を出して誘ってみてくださいね。時間はかかるかもしれませんが、焦らず自分の気持ちを伝えましょう。

まとめ

好き避けをしてしまう女性の特徴、好き避けのデメリット、好き避けをしてしまった場合の対処方法などを紹介しました。

好きな人ができると、恥ずかしい気持ちが先行してしまい、つい好き避けをしてしまうかもしれません。しかし、せっかく気がついた自分の気持ちをどうか無駄にしないでください。

勇気を出して相手に発信をすることで、2人の関係が大きく前進することもきっとあるはずです。好き避けに悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW