9月の服装【28選】
FASHION

9月の服装はこれ! 上旬・中旬・下旬に合うコーデ【28選】

2019/05/15

夏から秋に向けた季節の変わり目である9月は、一ヶ月の中でも気温がどんどん変化していく時期。だからこそ、毎日の服装に迷ってしまいますよね……。
そこで、9月にオススメのお手本コーデを上旬・中旬・下旬と細かく分けてご紹介。秋を先取りしつつ、快適に過ごせるベストな服装をレクチャーします!

9月の服装のポイント

まずは、9月全体で意識したい服装のポイントを”2つ”ご紹介。このポイントを押さえておけば、秋先取りのおしゃれな着こなしにぐっと近づくはず! とっても簡単なテクニックなので、ぜひTRYしてみて。

①秋色を取り入れる

▼「マスタード」トップスで秋色をプラス

「マスタード」トップスで秋色をプラスしたコーデ画像

コーディネートに秋色をプラスするだけで、一気に季節感のある着こなしが実現! こちらは、秋らしいマスタードのトップスを黒タイトスカートで引き締めて大人っぽい秋コーデに。小物はブラウンで統一すると、着こなしの温感が上がってさらに◎。

▼「ボルドー」トップスで秋色をプラス

「ボルドー」トップスで秋色をプラスしたコーデ画像

暖色系のボルドーを投入すれば、デニムコーデが瞬時にウォーム感たっぷりな秋コーデに変化。華やかさも持ち合わせた色なので、シンプルな着こなしが地味に見えないのも嬉しい! 黒小物をプラスすると大人っぽくまとまります。

▼「カーキ」スカートで秋色をプラス

「カーキ」スカートで秋色をプラスしたコーデ画像

深みカラーのカーキで秋らしさを演出するのもオススメ。こちらのコーデのように、黒合わせでシックに決めると、より秋冬の季節感が高まる着こなしに。もし、9月上旬に投入するなら、白合わせにすると清涼感と秋らしさの両方が叶う欲張りコーデに!

②小物で秋を意識する

▼「ファーバッグ」&「ウールハット」で秋を意識

「ファーバッグ」&「ウールハット」で秋を意識したコーデ画像

秋素材の小物を取り入れて、コーデを秋仕様にチェンジするのも簡単なテクニック。こちらは、ウール素材のハットとファーバッグをダブルで投入して秋コーデに。たくさん小物を投入しても、全体の色味にまとまりがあるとうるさくならずオシャレ見え!

▼「ベロア巾着バッグ」で秋を意識

「ベロア巾着バッグ」で秋を意識したコーデ画像

上品な光沢と毛羽立った表面感が程よい重みのベロア素材もイチオシ。ラフに持てる巾着バッグなら、カジュアルコーデにもすんなりなじみます。黒などのシックな色をセレクトするのが、より秋っぽさを演出するコツ。

▼「ボアバッグ」で秋を意識

「ボアバッグ」で秋を意識したコーデ画像

ファーバッグよりも少しカジュアルに持てるボア素材のバッグも、もこもこした質感が秋冬らしい装いをアシスト。Vネックニット×ワイドパンツのハンサムシルエットに、ドット柄&ボアバッグで可愛げなアクセントを加えて。

9月上旬は夏の気温とあまり変わらないので色・柄で秋らしい服装に

9月上旬のお天気は、真夏とほとんど変わらない暑さが続きます。また、カラッと晴れる日が多いのも特徴。なので、秋アイテムを本格的に投入するのはちょっと早いかも……。
そんなときは、色・柄で秋らしさを演出してみて。半袖やさらっとした生地感のアイテムで涼しげな秋仕様コーデを目指してみましょう!

半袖×秋らしい色・柄を組み合わせる

▼黒Tシャツ×グレンチェック柄ワイドパンツ

黒Tシャツ×グレンチェック柄ワイドパンツのコーデ画像

グレンチェックワイドパンツは、薄手生地でも秋らしいおしゃれを実現できる嬉しいアイテム。黒Tシャツを合わせてシックに引き締めれば、雰囲気は秋なのに体感温度が涼しいコーデが完成。まだまだ暑いので、足元に白スニーカーでヌケ感を作ってもOK。

▼キャメルカットソー×ドット柄スカート

キャメルカットソー×ドット柄スカートのコーデ画像

こちらは、こっくりカラーが秋らしいキャメルの5分袖カットソーにドット柄スカートを合わせたクラシカルなコーデ。とろみ生地のフレアスカートは、足元に風が通って涼しいのに、秋らしいしっとり感を表現してくれるのでこの時期かなり使えます!

ワンピースは一枚でさらりと

▼ブラウンワンピース×黒ショートブーツ

ブラウンワンピース×黒ショートブーツのコーデ画像

気温が高い9月上旬は、ワンピースは無理に重ね着せず1枚でさらっと着るのがオススメ。明るめブラウンなら、暑苦しくなく秋の気分を味わえます。さらに完成度を上げるなら、ショートブーツで足元から秋アイテムを加えて。

▼黒花柄ワンピース×サイドゴアブーツ

黒花柄ワンピース×サイドゴアブーツのコーデ画像

9月になったら、花柄アイテムをダークトーンにシフトさせると一気に秋らしい装いに。黒ベースの花柄ワンピースをサイドゴアブーツでカジュアルダウンして、甘さ控えめなフェミニンカジュアル。

▼カーキシャツワンピース×黒スニーカー

カーキシャツワンピース×黒スニーカーのコーデ画像

深みカーキのシャツワンピースも、秋口にとっても使えるアイテム。コットンなどの軽やかな素材をセレクトして、「着心地は爽やか・色は秋」なものを厳選してみて。9月上旬に買い足しても、中旬、下旬は重ね着でヘビロテできるので損はなし!

9月中旬は暑さが残っているので適度に肌を出して軽めな服装に

9月中旬はだんだんと気温は下がってくるものの、まだ残暑が厳しいことも。秋らしさは意識しつつ、快適に過ごせるように適度な肌見せを加えて。とはいっても、真夏のような大胆な露出はNG。ちょうどいいバランスをお手本コーデから学びましょう!

デコルテ・肩をちらみせ

▼キャメルボートネックカットソー×デニムスカート

キャメルボートネックカットソー×デニムスカートのコーデ画像

9月中旬は、適度にデコルテを露出できるボートネックトップスがお役立ち。秋色キャメルでデニムコーデをコクのある配色に仕上げて。顔まわりがすっきりするので、見た目も暑苦しくなくおしゃれなバランスが完成!

▼グリーンリブニット×トレンチスカート

グリーンリブニット×トレンチスカートのコーデ画像

レディなコーデがお好みなら、デコルテが大きく開いたリブニットがオススメ。こっくりグリーンで顔映えも一気に秋仕様に。クラシカルなトレンチスカートでよりトラッドに仕上げたら、袖口のファーで可愛げな味付けを。

▼ブラウン肩開きニット×白フレアスカート

ブラウン肩開きニット×白フレアスカートのコーデ画像

肩が開いたトップスも、適度に素肌を見せることで季節に合ったコーデに。素肌見せが女っぽさも漂わせてくれます。ブラウンをセレクトして温感を上げたら、ボトムスは白で軽く仕上げると残暑の厳しい日でも見た目温度が◎。

中旬なら半袖より七分袖

▼グレー7分袖カットソー×黒ジャンスカ

グレー7分袖カットソー×黒ジャンスカのコーデ画像

9月中旬になると、ノースリーブや半袖がちょっと浮いてくることも……。でも残暑で暑い日もあるので、7分袖のアイテムを用意しておくと安心。こちらは、グレーカットソーに黒ジャンスカを重ねてモノトーンコーデに。手首を見せることで軽さが生まれます。

▼ネイビー7分袖ブラウス×グレーワイドパンツ

ネイビー7分袖ブラウス×グレーワイドパンツのコーデ画像

ブラウスは、7分袖のデザインが豊富なので選びやすいアイテム。オン(オフィス)コーデにも併用できるのでとっても便利! ネイビーブラウス×グレンチェックワイドパンツで秋らしく仕上げたら、パープル小物で大人感を添えて。

▼チェック柄7分袖シャツ×黒タイトスカート

チェック柄7分袖シャツ×黒タイトスカートのコーデ画像

秋冬に大活躍のチェックシャツも、この時期は7分袖が使いやすい。長袖を7分袖にまくって手首を見せるのもOK! 黒タイトスカートですっきりシルエットに仕上げれば、カジュアルなチェック柄が大人っぽく着こなせます。

薄手ニットを取り入れて

▼ブラウンリブニット×ネイビーフレアスカート

ブラウンリブニット×ネイビーフレアスカートのコーデ画像

9月中旬にだんだん朝晩が冷え込んできたら、薄手ニットの出番。この時期取り入れるなら、首元は広く開いたデザインがベターです。ブラウン×ネイビーの深みカラーで季節感を演出して。タイトなニットで上半身が小さく見えてスタイルアップも叶う!

▼ベージュVネックニット×黒ワイドパンツ

ベージュVネックニット×黒ワイドパンツのコーデ画像

さりげなくデコルテ見せできるVネックニットもヘビロテ確実な一枚。淡いベージュを黒ワイドパンツでシックに引き締めて。薄手ニットなら、前だけインもしやすいので脚長見えも実現可能。

次ページ> 9月下旬は昼と夜で寒暖差があるので羽織りを取れ入れた服装に
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE