FASHION

【一覧】ローファーの定番種類をイッキ見!お手本レディースコーデも

2019/10/11

学生のイメージから一転。今ではオシャレさんの定番アイテム「ローファー」。履くだけで一気にコーデが垢抜けるから、一足持っていて間違いナシ!昔からある定番タイプから、時代とともに登場した個性派タイプまで、“街でよく見かける”6種類のローファーについて徹底解説しちゃいます。ぜひ、あなたに合う一足を手に入れて。

一足あれば大活躍! 【定番3種類】

ここでは、ヘビロテ確実のベーシックな「定番ローファー3種類」をご紹介 。それぞれデザインに特徴はありつつも、主張しすぎず誰でも履きこなしやすいものなので、初めての一足におすすめ!

【1】コインローファー(ペニーローファー)

▼一番ベーシックなデザイン

これが一番見慣れたデザインではないでしょうか。コインローファー(ペニーローファー)とは、甲の部分に丸い切れ込みが入ったデザインのローファーのこと。60年代のアメリカの学生たちが当時、この丸い切れ込みにペニーという1セント硬貨を入れていたことが由来なんだとか。一番シンプルなのでどんなコーデにも馴染むところが魅力。

【2】ビットローファー

▼ビットという金具がポイント

数年前から大流行しているビットローファーは、甲の部分にビットという金具が付いているのが特徴。シンプルすぎず、かといって派手すぎない、コーデをさりげなく格上げしてくれるところが魅力のデザイン。シンプルコーデにサラッとプラスするのがおすすめ。

▼バブーシュタイプも流行中

最近は、かかとの開いたバブーシュタイプのビットローファーも大人気。ローファーらしいかっちりした雰囲気は残しつつも、かかとが開いていることで抜け感たっぷり。普通のローファーよりもラフに履きこなせるので、普段使いで重宝すること間違いナシ!

【3】タッセルローファー

▼飽きのこないシックなデザイン

その名の通り、甲の部分にタッセルがあしらわれているローファーのこと。タッセルが付いていることでコーデのポイントになるうえに、ビットローファーと違ってシックで落ち着きのある印象になるのが魅力。スカートやワイドパンツなどきれいめなアイテムと合わせるとGOOD。

一点投入で差をつける【個性派3種類】

ここでは、「定番には飽きた...」「周りと同じじゃつまらない! 」という方におすすめしたい「個性派ローファー3種類」をご紹介 。周りと差がつくデザインで、あなただけのオシャレを楽しんで。

【1】プラットフォームローファー

▼厚めのソールが特徴

ボリュームのあるプラットフォームローファーは、厚めのソールで安定感もありつつ美脚効果が期待できる嬉しいデザイン。コーデを華やかに盛り上げてくれること間違いナシの一足です。

【2】スエードローファー

▼温かみのあるデザイン

秋冬におすすめしたいのが、スエードローファー。スエードがコーデに温かみをプラスしてくれますが、ローファーなので「ほっこり感」も出ず、大人っぽく履きこなせるのが魅力。

【3】バイカラーローファー

▼主役級のデザイン

モダンな印象のバイカラーローファーは、コーデの主役にぴったり。大人女子には、白×黒や白×茶など落ち着いたカラーの組み合わせがおすすめ。足元を目立たせるため、コーデはなるべくシンプルにまとめて。

足元から垢抜けよう【お手本ローファーコーデ】

ローファーの種類が分かったら、ここではそれぞれのローファーを使ったお手本コーデをご紹介。ローファーそれぞれの特徴を活かした、バランスの良い着こなしをぜひ参考にしてみて

コインローファーは靴下で遊ぶと◎

▼コインローファー×ライン入り靴下

シンプルなコインローファーは、靴下で遊ぶのがおすすめ。濃い色デニムに茶色のコインローファーの落ち着いた組み合わせには、ゆるっとした白い靴下を合わせて、足元に茶目っ気を出して。バッグも茶色で合わせてまとまりのあるコーデに。

ビットローファーでシンプルコーデに華を

▼ビットローファー×黒パンツ

全体的にシンプルで落ち着いたカラーのコーデは、どうしても暗い印象になりがち。そんな時は、ビットローファーをプラスして足元を華やかに飾ってみて。素足で履くことで抜け感が出て、コーデが重く見えることもナシ!

タッセルローファーで足元にポイントを

▼タッセルローファー×ロングワンピース

ストンとしたシンプルな黒のワンピースに、重厚感のある黒のタッセルローファーを合わせたコーデ。足元の力を抜きたいときはスニーカーも良いけれど、ローファーならきちんと感を残しつつ、適度にラフさも出せるのでオススメ。バッグやネックレスはシルバーで合わせてコーデを引き締めて。

プラットフォームローファーで脚長効果

▼プラットフォームローファー×セットアップ

ダボっとしたセットアップにプラットフォームローファーを合わせたマニッシュなコーデ。脚長効果のあるプラットフォームローファーは、ハイウエストのワイドパンツを合わせて更にスタイルアップ! ソール部分がウッド素材なので重たくなりすぎず◎

スエードローファーでコーデに温かみを

▼スエードローファー×柄スカート

白のVネックカーディガンにピンクの柄スカートを合わせたガーリーなコーデ。肌馴染みの良いベージュのスエードローファーは、可愛らしい雰囲気のスカートにもマッチしつつもコーデ全体の甘さを抑えてくれるので大人女子のガーリーコーデにはぴったり。

バイカラーローファーはコーデの主役に

▼バイカラーローファー×チノパンツ

茶色×白の個性的なバイカラーローファーは、ベージュのチノパンツと合わせて大人のプレッピースタイルに。足元をかっちりさせた分、トップスはゆるっとしたニットでこなれ感を出して。特徴のあるバイカラーローファーは、ローファーの色味に合わせたアイテムでまとめればコーデにしっくり馴染みます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW