FASHION

ニュアンスカラーってどんな色? 取り入れるだけで今風コーデ【26選】

2019/05/14

ニュアンスメイク、ニュアンスネイルなどビューティでも話題の「ニュアンス」がファッションにもトレンドイン。曖昧な定義のニュアンスカラーは何となく知っているくらいの方も多いはず。そこで今回はニュアンスカラーがどんな色味で、どんなコーデに取り入れやすいのか徹底解説! いつものコーデにニュアンスカラーを取り入れてみて。

「トップス」で取り入れる

次に取り入れたいのがトップス。いつものトップスをニュアンスカラーに変えるだけで全く違う印象が手に入るかも。

ホワイトやデニムと合わせて爽やかに

▼くすみパープルオフショル×デニムパンツ

ガーリーなデザインのオフショルもピンクみがかったくすみパープルで大人アレンジ。色気のある春夏のデートコーデの完成です。淡い色のデニムを選んでくすみパープルを引き立てて。

▼くすみベージュノースリーブ×白ロングスカート

カーキとベージュの間のようなニュアンスカラー。真っ白のロングスカートで比較対象ができ、さらに色味が分かりやすくなります。しなやかなパターンのスカートにはトップスもシンプルめを選んで高見えコーデに。

▼くすみピンク×デニムパンツ

ピンクをかっこよく着まわししたい時はテーパードデニムを品よく投入。タイトなトップスにハイウエストのパンツで美人シルエットはバッチリ。足の甲がきれいに見えるバレエシューズで女っぽさもトッピング。

「ボトムス」で取り入れる

ニュアンスカラーのボトムスは着回しが効く優れもの。1着持っていると次のニュアンスコーデも組みやすくなります。

【パンツ】はゆるめのシルエットをハンサムに

▼くすみミントパンツ×白リブトップス

淡いくすみミントと白は相性抜群。爽やかな春夏ルックを盛り上げてくれる最強カラーコンビです。パンツをハイウエストで履きながら、足元はフラットサンダルでナチュラルにスタイルアップ見せ。

▼くすみカーキパンツ×くすみグレーニット

カラーがメンズライクな時はシルエットはゆる×ゆるでかわいいシルエットに。ゆるニットから覗く手首の華奢さが女性らしさをさり気なく演出してくれます。全体がぼんやりしがちなくすみコーデは黒の小物で引き締めて。

▼くすみベージュ(グレージュ)×パープルTシャツ

グレージュはベージュとグレーの中間色。トップスの色によってグレーみが強くなったりベージュみが強くなったりアレンジが楽しめます。寒色のパープルのTシャツと合わせると引っ張られてグレーみがアップ。合わせ方によって変わるグレージュを活用してみて。

▼くすみミントパンツ×白ブルゾン

くすみミントと白は軽めのカラー。コーデを組んだ時にラフすぎてしまったら、ブルゾンを羽織ってみて。少しハードな要素が出るブルゾンはキレイめコーデのスパイスになること間違いなし。

【スカート】は軽やか素材でレディに仕上げて

▼くすみピンクスカート×黒タンクトップ

ブラックコーデとも相性が良いくすみカラー。モードな雰囲気を柔らかくして、こなれ感も出してくれます。くすみピンクのスカートが風になびいて夏のお出かけにピッタリなルックの出来上がり。

▼くすみグリーン×グリーントレーナー

くすみグリーンとビビットグリーンのグラデーションが楽しめるスタイル。同じグリーンで合わせるときは素材と色のチョイスが大切。シフォンのスカートには淡いくすみグリーン、柔らかさを際立たせるためにトレーナーには濃いグリーンをチョイスして。

▼くすみイエロー×ブラックニット

全体が黒などダークカラーで重くなりがちな秋冬には、思い切ってイエローを投入。ビビットなイエローだと浮いてしまうのでくすみ色をチョイスしましょう。薄い生地でも寒々しく見えないのがニュアンスカラーの魅力。

▼くすみブラウン×白ニット

柔和な雰囲気を高めたいならブラウン×白でナチュラル合わせを。スカートには小花柄をあしらってやりすぎないガーリーさを意識して。足元は黒コンバースで気取らない定番コーデの完成。

次ページ> 「ワンピース・オールインワン」で取り入れる
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES