FASHION

ニュアンスカラーってどんな色? 取り入れるだけで今風コーデ【26選】

2019/05/14

ニュアンスメイク、ニュアンスネイルなどビューティでも話題の「ニュアンス」がファッションにもトレンドイン。曖昧な定義のニュアンスカラーは何となく知っているくらいの方も多いはず。そこで今回はニュアンスカラーがどんな色味で、どんなコーデに取り入れやすいのか徹底解説! いつものコーデにニュアンスカラーを取り入れてみて。

【ニュアンスカラー】って?

「ニュアンスカラー」とは絶妙で曖昧なカラーを差します。ビビットカラーやペールカラーなど鮮やかな色と違い、全体的に彩度が低めでグレーがかった色合いが特徴 。中間色などの彩度を落としたものというイメージです。グレーがかってはいますが、彩度があるため無彩色とは違います。最近よく耳にする“くすみカラー”もニュアンスカラーとほぼ同じ意味の言葉です。

こなれ感が出るニュアンスカラー紹介

具体的に今注目したいニュアンスカラー7色紹介していきます。

【くすみベージュ】でベージュブームの一歩先を

くすみベージュといっても色合いは様々。赤味がかったくすみベージュやグレー要素が強いグレージュなどがあります。ベージュブームが来ているので色味が少し違うくすみベージュ同士を合わせて全体を仕上げるのもオススメ。

【くすみホワイト】で白よりも垢抜け

白だとモードになりすぎてしまうきれいめワンピース。くすみホワイトならデイリーに着こなせる絶妙なニュアンス感に。白だと甘くなりすぎてしまうコーデなどに投入してみて。

【くすみグレー】でスタイリッシュに

グレーにくすみ? と思うかもしれませんが、くすみグレーは少し白がかった絶妙な色合いが楽しめます。ビビットカラーのグレーよりも柔らかく女性らしい印象に仕上げてくれます。

【くすみピンク】でナチュラルな女らしさを

大人になると甘すぎて避けがちなピンク。くすみピンクならスモーキーな色なので大人の魅力を引き出してくれます。2019年は空前のピンクブーム。尻込みせずにどんどんピンクを取り入れてみて。

【くすみグリーン】で大人カジュアル

爽やかさを引き出すなら、くすみグリーン。ピスタチオカラーなどにグレーを加えたような絶妙なグリーンが多く、カジュアルシーンを華やかに彩る差し色に。

【くすみブルー】で野暮ったさを味方に

ネイビーより彩度が高いためコーデで浮いてしまうブルー。そんな悩みもくすみブルーなら心配いりません。彩度が抑えられた分、いつものコーデとの相性も良くなり爽やかなイメージに。

【くすみパープル】でワントーン肌を明るく

パープル系は肌の色を白く見せてくれる効果が期待できます。肌みせが増える夏こそ、くすみパープルの絶好のシーズン。ドキッとさせるようなキレイめスタイリングで取り入れて。

「靴」から取り入れてみる

くすみカラーを着こなす自信がない…という人にオススメなのがくすみカラーシューズ。ンポイントでトレンドをゲットできるワ優秀アイテムです。足元から徐々にくすみカラーアイテムを増やすのが良いかも。

【スニーカー】でラフにトレンドキープ

▼くすみブラウンスニーカー×白ロンT

シンプルなオーバーサイズの白ロンTは着回しが効くため、クローゼットの中に1枚はあるという方も多いはず。くすみブラウンのスニーカーと合わせて大人ストリートに着こなして。コーデの彩度をそろえて統一感を大切に。

▼くすみベージュスニーカー×くすみブラウンワンピース

オレンジがかったくすみベージュは、柔らかいイメージを与えながら甘くなりすぎない女性らしいカラー。ビビットカラーだとサファリイメージが強くなってしまいますが、くすみ要素をプラスしてシティ派に大変身。

▼くすみブラックスニーカー×ブラックサロペット

コンバースの黒は藍と黒の中間のような説妙な色合いが大人気。黒のサロペットで同系色合わせをしつつ、足元でニュアンス意識が今っぽいコーディネート。シルバー使いをポイントにしてさらにこなれ感アップを目指して。

【ヒール】でしなやかさをプラス

▼くすみピンクパンプス×白スキニー

淡いピンクのくすみカラーは品の良いかわいらしさを引き出してくれる色。ニットは絶妙なくすみホワイトをチョイスしてスキニーは敢えてのホワイト。間にホワイトを入れることでくすみ加減が際立つポイントに。

▼くすみベージュパンプス×ストライプワンピ

脚長効果抜群なベージュパンプスもニュアンス感を高めて。ストライプワンピースでさらに縦のラインを強調してすらっとしたビジュアルを手に入れましょう。仕上げにGジャンを羽織ってカジュアルダウンを。

▼くすみブラウンパンプス×スキニーデニム

くすみブラウンパンプスにニュアンスピンクブラウンのトップスとカーデの組み合わせ。雰囲気が出やすいニュアンスカラーは独特な雰囲気が手に入りますが、デイリー使いにはデニムなどで親しみやすさもプラスして。

次ページ> 「トップス」で取り入れる
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES