アウターの種類27選
FASHION

アウターの種類27選!おしゃれな着こなし方をご紹介!【レディース】

2019/05/14

「アウター」と一言で言ってもジャケットやコートなど形・丈・素材は様々です。ここではレディースのアウター25種類をご紹介! アウターのアイテムとしての説明だけでなく、そのアウターを選ぶ際のコツやコーデのポイントも解説しているので、気に入ったアウターを是非明日からのコーデに取り入れてみてください!

ジャケット7種

かっちりとしたイメージのあるジャケット、実はコーデの幅はとっても広いんです。いつものコーデにさらっと羽織るだけで気負わずコーデがぐっと格上げ。フォーマルな場でも普段のコーデでも活躍する、大人レディの必須アイテムです。

ライダースジャケット

ライダースジャケットのコーデ画像

辛めコーデの定番アイテムのライダースジャケットは、フェミニンコーデを引き締めたりカジュアルコーデを大人っぽくする効果があります。スカートとの相性も抜群で、タイトスカートだと大人上品コーデに、フレアスカートだと甘辛コーデにと使い道抜群。

テーラードジャケット

テーラードジャケットのコーデ画像

テーラードジャケットとは背広のようにかっちりと仕立てられたジャケットのこと。あえてデニムパンツと合わせてカジュアルダウンさせたり、袖をまくってこなれた余裕を演出。くずして着たいならベージュなどやわらかい色をチョイスして。

デニムジャケット

デニムジャケットのコーデ画像

デニムジャケットは春アウターの定番アイテムの一つ。濃い色のデニムジャケットはカジュアルでも落ち着いた印象に、薄い色のは爽やかで明るい印象に。服のテイストに合わせて色味の違いを意識して。

ノーカラージャケット

ノーカラージャケットのコーデ画像

テーラードジャケットのきちんと感やメンズライクなところが苦手な人におすすめのノーカラージャケット。普段のコーデにさらっと羽織れば簡単にこなれ感を演出できる。明るめの色をチョイスすると女性らしいやわらかな印象に。

ミリタリージャケット

ミリタリージャケットのコーデ画像

メンズライクなミリタリージャケットは、どこかに「華奢見え」ポイントを作ると一気に女性らしいコーデに。オーバーサイズで袖をまくったり、タイトなパンツと合わせたり、レーススカートでヘルシーに肌見せしたり、さり気なく女らしさを演出。

ファージャケット

ファージャケットのコーデ画像

エレガントなファー素材のアウターは、ショート丈だとマダムっぽく見えずおしゃれに着こなせる。トップスにボリュームが出るので、ボトムスはタイトなものや短めの丈のものなどすっきり見えるアイテムを合わせてバランスをとって。

ブレザージャケット

ブレザージャケットのコーデ画像

金属製のボタンが特徴で、黒や紺が定番色。流行に左右されることなく長年使えるので是非お気に入りの一着をゲットして。Vラインが深いものやウエストラインが引き締まったものなどシルエット・素材・丈感にこだわりたい。

コート10種

コートは秋冬コーデの印象の一番大きなカギになります。アウターの中のコーデをどんなにおしゃれしても、コートが決まらないとせっかくのおしゃれも勿体なくなってしまいます。その日のファッションに合ったコートをチョイスして。

チェスターコート

チェスターコートのコーデ画像

長めの丈でスーツのようなデザインのチェスターコートは、仕事にもお出かけにも着て行ける便利なアイテム。肩にあった形だとすっきり見え、肩が落ちている形だとリラックスして見える。身長にあった形・丈感を着こなしたい。

トレンチコート

トレンチコートのコーデ画像

春になると着たくなるトレンチコートは、定番アイテムだからこそこだわって選びたい。襟が大きすぎると服に着られている感が出てしまい、丈感は膝より長いほうがゆったりとした大人の余裕を演出できる。

ダッフルコート

ダッフルコートのコーデ画像

「トグル」と呼ばれる留め具が特徴のダッフルコート。学生っぽいと避けることもあるが、色をグレーやブラウンなど大人っぽいものにしたり、カーキやくすみピンクなどのカラーをチョイスすると簡単におしゃれなレディコーデに仕上がる。

モッズコート

モッズコートのコーデ画像

メンズライクなボリュームのあるロングアウターのモッズコートは、一枚でサマになる優秀アイテム。スリムなボトムスと合わせれば着ぶくれせずバランス良くコーデがまとまる。

ダウンコート

ダウンコートのコーデ画像

寒い時期に必須アイテムのダウンコートは、細身のシルエットを選ぶのがポイント。重い印象になりがちな黒は、コートの中をスキニーなどすっきりさせてバランスをとって。茶色やライトグレーだと一気に女性らしい軽やかな印象に。

キルティングコート

キルティングコートのコーデ画像

ダウンコートのような着ぶくれ感がなく垢抜けた大人な雰囲気を演出できる。キルティング部分は間隔が狭いものを選ぶとすっきり着こなせる。ノーカラーデザインだと更にすっきりとした印象に。

ノーカラーコート

ノーカラーコートのコーデ画像

「ノーカラー」とは襟なしという意味で、首回りがすっきりとしているアウター。マフラーやタートルネックでボリュームを出して好バランスにしたり、Vネックと合わせてデコルテをヘルシーに肌見せしても綺麗に着こなせる。

コクーンコート

コクーンコートのコーデ画像

繭の形のように丸みを帯びたシルエットのコクーンコート。コートで全体のボリューム感があるので、足元はスッキリさせ、ヘアスタイルもコンパクトにまとめて着膨れを回避。

ファーロングコート

ファーロングコートのコーデ画像

エレガントな主役級のファーロングコートは、モコモコしていてボリュームがあるためコートの中のコーデはシンプルなものにするのが正解。無難な色や形の服が多くなる冬はファーロングコートで気分を明るくしたい。

ニットガウンコート

ニットガウンコートのコーデ画像

ゆったりとしつつもIラインでスタイルを良く見せてくれるニットガウンコート。合わせるコーデは選ばないアウターだが、せっかくならとことんスタイル良く見せたい。ガウチョパンツなら防寒しつつもスタイルアップを狙える。

ブルゾン3種

カジュアルでメンズライクな形のブルゾンは、着るだけでトレンド感を演出できます。丈が長いと野暮ったく見えてしまうので、腰あたりのショート丈がおすすめです。

ブルゾン

ブルゾンのコーデ画像

カジュアルだけでなくどんなコーデにも合わせられる優秀アイテム。定番のカーキだけでなく、白や黒、ネイビー、ベージュなど種類豊富にカラーがあるので、自分のコーデに合った色を手に入れたい。

ボアブルゾン

ボアブルゾンのコーデ画像

モコモコとしていて暖かいも可愛いも持ち合わせているボアブルゾンは一着持っていたらかなり便利。ショート丈ならボリューム感のあるアイテムが苦手な低身長さんでも簡単に着こなせる。

ニットブルゾン

ニットブルゾンのコーデ画像

人と違ったブルゾンでお目立ちコーデにしたいという人におすすめのニットブルゾンは、シンプルコーデと合わせると間違いない。ブルゾンがベーシックカラーなら、足元にはカラーを入れて好バランスを狙うのもあり。

次ページ> その他のアウター5種
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW