「黒トップス」のマンネリコーデを打破!“ワンランク上の着こなし”をレクチャー!
FASHION

「黒トップス」のマンネリコーデを打破!“ワンランク上の着こなし”をレクチャー!

2019/10/29

着回し力抜群の『黒トップス』。合わせやすいからと言って、つい何も考えずコーデに取り入れていませんか? ここでは、いつもよりワンランク上のおしゃれを楽しむための、「黒トップスコーデ」の着こなしポイントとお手本コーデをご紹介します!

ワンランク上に着こなすポイント【春夏・秋冬別】

どんなアイテムやカラーとも相性のいい万能な「黒トップス」。そんな黒トップスも、いくつかのポイントを押さえれば、いつもの黒トップスコーデをもっとおしゃれな着こなしにアップデートできちゃいます! ここでは、その着こなしポイントを春夏コーデと秋冬コーデに分けてご紹介します。

【春夏コーデ】のポイント

【春夏コーデ】のポイントのイメージ画像

【1】コーデに明るいカラーを取り入れる

気分が明るくなる春夏には、コーデにも明るいカラーを取りいれてみて。春夏に黒のトップスは重たい印象になりがち。パステルカラーやビビットカラーを取り入れることによって、明るい印象になったり、コーデに軽さを出すことができます。

【2】トップスのディテールにこだわる

秋冬に比べてアウターを着る機会が少ない春夏だからこそ、シンプルな黒トップスは、背中が大きく開いたものや、袖に大きなフリルをあしらったもの、ボーダー柄など、ディテールにこだわったアイテムをチョイス。

【3】ヘアアレンジにもこだわる

トップスが黒だと、顔まわりが暗い印象になりがち。 ヘアスタイルは、ルーズなアップスタイルにして、抜け感やこなれ感をゲット。シンプルな黒トップスには大ぶりのイヤリングなどのアクセサリーを取り入れれば、さらに顔まわりが明るく華やかな印象に。

【秋冬コーデ】のポイント

【秋冬コーデ】のポイントのイメージ画像

【1】秋冬ならではの柄や色をコーデに取り入れてみる

シンプルな黒トップスには、その季節ならではのカラーや柄、素材のアイテムを合わせて遊んでみて。秋冬なら、カラーはボルドー、マスタード、ブラウン、カーキやベイクドカラーなど。柄は、チェック柄やレオパード、素材はコーデュロイやベロアなどがおすすめ。

【2】コーデのどこかに抜け感を取り入れる

冬に黒のアイテムを取り入れると、暗く重たい印象になりがち。寒くない時期には、デコルテや足首見せでコーデに軽さをプラス。寒い時期には、バッグや靴に明るい色を取り入れたり、トップスもニットならローゲージなものをチョイスして、コーデに抜け感を出してみて。

黒トップスを使った【春夏】お手本コーデ

着こなしポイントを押さえたところで、今度は「黒トップス」を使ったコーデを実践! ここでは、黒の《ノースリーブ・Tシャツ・ブラウス》を使った春夏のお手本コーデを解説 します。

黒の『ノースリーブ』コーデ

▼思い切ってカラーのパンツを取り入れる

思い切ってカラーのパンツを取り入れたコーデ画像

気分も高揚する春は、シンプルな黒トップスコーデにカラーをオン。思い切ってカラーパンツにトライすれば、春定番のデニムジャケットコーデも一気にあか抜けた印象に。ピンクのパンツ×赤パンプスで浮いた下半身を、黒のレザーチェーンバッグで引き締めて。

▼マンネリデニムコーデにガウンをオン

マンネリデニムコーデにガウンをオンしたコーデ画像

黒×デニムの“いつもの上下”に、ドットのガウンをプラス。ビターなドットなら甘すぎないオトナな印象に。ダークトーンコーデには、3首見せと赤のバッグで抜け感を。

▼アイシーブルーで重ためブラックに軽さを生む

アイシーブルーで重ためブラックに軽さを生んだコーデ画像

黒トップスコーデに軽さを生むアイシーブルーのスカートを合わせれば、凛とした透明感が手に入る。ふんわりシルエットのフレアスカートは、クールなブラックをレディへと昇華させる優れもの。

黒の『Tシャツ』コーデ

▼春夏コーデはアイテムの素材までこだわる

春夏コーデはアイテムの素材までこだわったコーデ画像

春夏には涼しげで軽やかな素材をチョイス。コットンのTシャツとリネンのパンツで、さらっと心地よく黒を着こなして。知的で品の良いブラウンジャケットなら、おかたい印象になりすぎずラフなTシャツコーデのやわらかな引き締め役に。

▼ラフな黒Tシャツにあえて上品さをプラス

ラフな黒Tシャツにあえて上品さをプラスしたコーデ画像

カジュアルなTシャツスタイルも、黒×グレー×深みレッドの色合いで落ち着いた上品な仕上がりに。さらに、特別感のあるパープルのミニバッグと、ゴールドのアクセサリーを合わせてリュクスなムードを漂わせて。

▼Tシャツをドレッシーなスカートの外し役に

Tシャツをドレッシーなスカートの外し役にしたコーデ画像

目を引く特別な黒のチュールスカートを、ボーダーTシャツでドレスダウン。きらめくシルバーや透け感のあるチュール素材が、オールブラックコーデに軽さを生み出し優秀。

▼シンプルな黒Tシャツでスカートの魅力を引き立てる

シンプルな黒Tシャツでスカートの魅力を引き立てたコーデ画像

オールブラックコーデにビビットピンクを大胆にオン。黒Tシャツは、主役級スカートの引き立て役としても大活躍。黒のトップスと帽子を合わせるときには、アップスタイルのヘアに大ぶりアクセサリーを添えるのが、全体をバランスよく見せるポイント!

黒の『ブラウス』コーデ

▼ボリューミーな黒ブラウスはIラインを意識

ボリューミーな黒ブラウスはIラインを意識したコーデ画像

袖コンシャスでボリュームたっぷりのブラウスには、センタープレスの入ったキレイめハイウエストパンツを合わせて、縦のラインを意識してみて。真っ白のバッグを添えて、春夏らしい抜け感をゲット。

▼やわらかなピンクで黒の強さを中和

やわらかなピンクで黒の強さを中和したコーデ画像

愛嬌のあるピンクで強い黒をやわらげて、女性らしいコーデへアップデート。透け感のある黒トップスは、コーデに抜け感をプラスしてくれるだけでなく、程よく色っぽい“センシュアルなムード”をまとえるので、1枚は持っておきたいおすすめアイテム。

▼黒だからこそ秋カラーを先取りできる

黒だからこそ秋カラーを先取りしたコーデ画像

ブラウンを取り入れたこっくりカラーコーデで秋を先取りして。後ろ下がりのヘムラインスカートにトップスを前だけタックイン。スカートとトップスのヘムラインをそろえた絶妙なバランスコーデで、ボリュームのあるブラウスとスカートの着太り見えを解消。

黒トップスを使った【秋冬】お手本コーデ

今度は「黒トップス」を使った、ワンランク上の秋冬コーデにトライ。ここでは、 黒の《タートルネック・ニット・カーディガン・パーカー・Tシャツ・キャミソール》を使った正解コーデをレクチャーします!

黒の『タートルネック』コーデ

▼オールブラックにはグレーをプラスしてやわらかく

オールブラックにはグレーをプラスしてやわらかくしたコーデ画像

正統派タートルにジャケットとパンツを合わせてハンサムに仕立てたコーディネート。UGGのブーツでカジュアルダウンし、きちんと感を払拭。きりっとしたブラックは、やわらかいグレーで中和させて。

▼シンプルな上下は柄アウターと赤パンプスを足し算

シンプルな上下は柄アウターと赤パンプスを足し算したコーデ画像

首元にボリュームの出るタートルネックには、ノーカラーコートを合わせてすっきりと着こなして。秋冬らしいチェックが目を引くアウターには、黒タートルとデニムを合わせてシンプルかつきれいめにまとめるのが◎。差し色の赤パンプスが、軽さと華やかさと女性らしさをかなえてくれる。

▼チュール素材で黒をやわらげる

チュール素材で黒をやわらげたコーデ画像

チュールの透け感が、タートルニットとスカートのボリュームと色の重さを同時に払拭。チュールと花柄の特別感あるスカートは、シンプルなワントーンコーデの盛り上げ役に。

▼明るいイエローで黒コーデを盛り上げる

明るいイエローで黒コーデを盛り上げたコーデ画像

暗い印象になりがちな秋冬コーデにカラースカートを取り入れて、ブラックとイエローのコントラストを楽しみたい。ポップなイエローは、辛口アイテムのライダースで引き締めて。

黒の『ニット』コーデ

▼シンプルな黒トップスに旬のチェック柄をプラス

シンプルな黒トップスに旬のチェック柄をプラスしたコーデ画像

黒ニット×グレーパンツ×ローファーのマスキュリンコーデに、デコルテと足首見せで女性らしい華奢さを演出。秋冬のパンツはチェック柄をチョイスして、旬のムードをオン。

▼秋冬でもトップスから大胆に攻めてみる

秋冬でもトップスから大胆に攻めてみたコーデ画像

ファッションが控えめになりがちな秋冬だからこそ、大胆に背中が開いたニットや、独特なシルエットのマーメイドスカート、ドット柄でモードに攻めたい。どんな派手ボトムスを持ってきても、コーデに落ち着きをかなえてくれる黒トップスが優秀。

▼冷たい黒にブラウンで温感プラス

冷たい黒にブラウンで温感プラスしたコーデ画像

そっけない黒を、ウォーミーなベージュとレース素材でレディに昇華。さらにベレー帽をプラスすれば、ミニマルな黒ニットでも上から下まで手を抜かないフェミニンコーデに。

黒の『カーディガン』コーデ

▼女性らしいカーディガンも黒ならハンサムなオフィスカジュアルに

女性らしいカーディガンも黒ならハンサムなオフィスカジュアルにしたコーデ画像

全身黒でまとめた、ちょっぴり強気なオフィスカジュアルとしても使えるカーディガンコーデ。ローファーとスタッズ付きレザーバッグで、さらにハンサムさを後押し。

▼甘めの上下に辛さをオン

甘めの上下に辛さをオンしたコーデ画像

秋冬カラーの定番ボルドーは、コーデに取り入れるだけで上品さを底上げ。女性らしいコーデの代表ともいえるカーディガンとフレアスカートの組み合わせには、ライダースを合わせて辛口なスパイスをひとさじ。

黒の『パーカー』コーデ

▼パーカーはかっちりアイテムでバランスをとる

パーカーはかっちりアイテムでバランスをとったコーデ画像

パーカー×パンツ×スニーカーの王道カジュアルコーデに、ハイブランドのかっちりアウターをあわせてきちんと感をプラス。風が吹くたびチラっとのぞくチェック柄の裏地が、コーデの程よいアクセントに。お洒落さんは、服の裏地にまでこだわりたい。

▼メンズライクに甘さをひとさじ

メンズライクに甘さをひとさじしたコーデ画像

メンズライクな黒パーカーに、真逆なテンションの上品なレースのフレアスカートを合わせた、絶妙なバランスコーデ。さらに知的でシックなダークグリーンなら、いつものカジュアルなパーカーコーデをアップデート。

黒の『Tシャツ』コーデ

▼ノームコアスタイルは着こなしやディテールにこだわる

ノームコアスタイルは着こなしやディテールにこだわったコーデ画像

白Tシャツにショート丈の黒Tシャツをレイヤードして、黒の間に白を差し込むバランス感が秀逸。パンツのすそ部分に入ったスリットと先のとがったパンプスは、野暮ったいモノトーンを垢抜けさせることに成功。

▼まじめな黒とチノは小物で遊ぶ

まじめな黒とチノは小物で遊んだコーデ画像

メンズライクでおかたいチノ素材のボトムスには、Vネックのトップスを合わせて抜け感を出すのがポイント。レオパード柄のバッグが、ミニマルなコーデに遊びゴコロをプラスしてくれる。

黒の『キャミソール』コーデ

▼夏の装いに秋アイテムをオン

夏の装いに秋アイテムをオンしたコーデ画像

秋にトップスとしてキャミソールを着れば、程よい肌見せが控えめな色気を演出。夏のキャミソール×デニムの組み合わせも、グレンチェックのジャケット羽織って、一気に秋の装いにシフト。

▼キャミにゆるカーディガンをあわせて上品な色気をまとう

キャミにゆるカーディガンをあわせて上品な色気をまとったコーデ画像

きちんと感のある黒タイトスカートには、ローゲージニットカーディガンを合わせて、力の抜けた雰囲気に。ヘアをアップスタイルにすれば、アウターとトップスの間からのぞくデコルテと後れ毛が、いやみのない女らしさを引き出してくれる。

レース&シースルーはおでかけやデートにぴったり

可愛らしさだけではなくシックな雰囲気も出る黒のレース&シースルーブラウス。繊細で儚げなトップスは、特別なおでかけやデートにこそオススメ。ベストバランスな『黒』×『レース&シースルーブラウス』コーデをチェックして。

黒の『レースブラウス』コーデ

▼黒レースブラウスに上品なベージュを合わせる

黒レースブラウスに上品なベージュを合わせたコーデ画像

ノースリーブの総レースブラウスでさりげなく女性らしい華奢さをアピール。ベージュのボリュームスカートのおかげで地味見えせず品よくまとまる。黒のレースブラウスはコーデの引き締め効果もあって◎。

▼デニムに黒レースブラウスを合わせて色っぽく

デニムに黒レースブラウスを合わせて色っぽくしたコーデ画像

繊細な黒の長袖総レースブラウスをデニムに合わせて程よくカジュアルダウン。キレイめなレースアップパンプスを履いて、スタイルが子供っぽくならないように気をつけるのが大人女子の流儀。

黒の『シースルーブラウス』コーデ

▼ドット柄のシースルーブラウスでポップに

ドット柄のシースルーブラウスでポップにしたコーデ画像

ドット柄のおかげでシースルーブラウスのセクシーな印象を抑えることができる。今季トレンドのウエストマークがポイント。オールブラックコーデでモードな雰囲気をまとって。

▼黒のシースルーブラウスで程よく抜け感を加えて

黒のシースルーブラウスで程よく抜け感を加えたコーデ画像

薄手のシースルーブラウスがとても艶っぽい。ブラウスの色に近いデニムを選んで統一感のあるスタイリングに仕上げると、ラフ過ぎないセクシーな女性が完成! スニーカーでボーイッシュなエッセンスを加えて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW