赤ニットコーデで鮮度アップ! 知っておくべきレディース着こなし術
FASHION

赤ニットコーデで鮮度アップ!知っておくべきレディース着こなし術

2020/01/23

パワーのある色で、コーデの鮮度がぐっと上がる「赤ニット」。強い色だけに難しいと思われがちですが、実はベーシックカラーとの相性が抜群。合わせるものによってクールにもフェミニンにも着こなせるので、一枚は持っておきたい変幻自在の優秀アイテム。今回はお手本コーデを参考に、着こなしテクをレクチャー。

赤ニットの【秋冬】コーデ

ダークトーンに落ち着きがちな秋冬こそ、強い赤を取り入れてコーデをブラッシュアップ。おしゃれさんの着こなしを参考に、今年の秋冬スタイル計画を練ってみて。

秋冬パンツスタイル

▼立体的なケーブルニットで存在感を発揮

立体的なケーブルニットで存在感を発揮したコーデ画像

プレーンなベージュワイドパンツに表情を作る、赤ケーブルニット。赤×チェックの秋冬らしい組み合わせで季節感を高めて。

▼ブラウンのパンツと小物で温感を高めて

ブラウンのパンツと小物で温感を高めたコーデ画像

ざっくり編みでラフに着こなせる赤カーディガンに、優しいブラウンを合わせたぬくもりスタイル。ハイヒールのきれいめパンプス合わせで、暖色にありがちなほっこり感を払拭。

▼デニムスカート×スニーカーで思い切りカジュアルに

デニムスカート×スニーカーで思い切りカジュアルにしたコーデ画像

深いVネックが程よい色気を醸し出す赤カーディガンに、デニムとかごバッグを合わせてパリジェンヌスタイルをメイク。ライダースジャケットを肩掛けして甘くなりすぎを防止。

▼デザイン性の高い赤ニットは足元をシンプルにしてバランスよく

デザイン性の高い赤ニットは足元をシンプルにしてバランスよくしたコーデ画像

ニット×シャツのドッキングデザインが感度高めなトップスは、カジュアルなデニムとスニーカーの力を借りて、決めすぎないモードスタイルをメイク。

▼テーパードデニムですらりとスタイルアップを狙って

テーパードデニムですらりとスタイルアップを狙ったコーデ画像

見慣れたニットとデニムのスタイルは、主役級カラーときれいめラインのボトムスをチョイスしてレディな着こなしに。秋冬らしいスウェードブーツを合わせて、さらにスタイルアップを狙って。

秋冬スカートスタイル

▼いつものベーシックカラーをフレッシュに

いつものベーシックカラーをフレッシュにしたコーデ画像

ロングアウターとミニ丈スカートのバランスが絶妙なスタイリング。ベージュや黒の落ち着いた秋冬コーデに赤を取り入れれば、いつものコーデがたちまち新鮮に。

▼ボリュームたっぷりのニットにはコンパクトなタイトスカートを

ボリュームたっぷりのニットにはコンパクトなタイトスカートを合わせたコーデ画像

黒を艶やかに演出する赤ニット合わせのスタイルは、ラフィア小物を添えて親近感をプラス。バッグのお茶目ワッペンを効かせてプレイフルな春夏スタイルを作って。

▼ドット柄プリーツスカートで女性の魅力をたっぷり引き出して

ドット柄プリーツスカートで女性の魅力をたっぷり引き出したコーデ画像

フレッシュな赤とクラシカルなドット柄プリーツスカート。乙女心くすぐる組み合わせは、ハンサムさを兼ね備えたオックスフォードシューズで大人らしく仕上げて。

▼デザイン性のあるドット柄スカートでグッと個性的に

デザイン性のあるドット柄スカートでグッと個性的にしたコーデ画像

テキスタイルデザインと細かいプリーツが目を惹くスカートには、色味を合わせた赤ニットを添えてなじませて。黒のレザーブーツをプラスして、モードを加速。

▼細かな花柄のロングスカートでオール赤コーデ

細かな花柄のロングスカートでオール赤コーデの画像

赤でそろえたお目立ちコーデは、シアーな素材のスカートで抜け感をON。カジュアルなデニムジャケットを手元にあしらって、強い赤に親しみやすさをプラスして。

▼深めのVネックニットとファーバッグで女性らしさたっぷり

深めのVネックニットとファーバッグで女性らしさたっぷりのコーデ画像

赤ニットの【春夏】コーデ

暖かい気候や、夏の日差しにテンションが上がる春夏は、ビビッドカラーに挑戦したくなるもの。 赤を取り入れて、フレッシュな春夏コーデを作ってみて

春夏パンツスタイル

▼袖フリルとドット柄パンツでクラシックに

袖フリルとドット柄パンツでクラシックにしたコーデ画像

フリル袖とドット柄の組み合わせも、自分らしさを主張できる強い配色なら甘くなりすぎずほどよくフェミニンに。コンパクトな黒小物で、赤をより引き立てて。

▼モノトーンに赤を添えたリラックススタイル

モノトーンに赤を添えたリラックススタイルのコーデ画像

ワイドデニムとスニーカー、バッグパックを合わせた楽ちんスタイルは、赤ニットをポイントとしてON。オフホワイトのロングアウターをプラスして赤の強さをなじませて。

▼ライダースを肩がけして媚ないフェミニンスタイル

ライダースを肩がけして媚ないフェミニンスタイルのコーデ画像

深いVネックがほどよい色気を醸し出す赤カーディガンに、デニムとカゴバッグを合わせてパリジェンヌスタイルをメイク。ライダースジャケットを肩がけして甘くなりすぎを防止。

▼リブニット×ワイドデニムできれいめカジュアル

リブニット×ワイドデニムできれいめカジュアルのコーデ画像

赤×インディゴの配色が、どこか懐かしさを感じさせるきれいめスタイル。レディなチェーンバッグとカジュアルな白スニーカーを合わせて、小粋なムードを演出。

▼首元と袖スリットから肌見せして艶っぽく

首元と袖スリットから肌見せして艶っぽくしたコーデ画像

スクエアカットがデコルテを美しく見せる赤ニットには、女性らしいラインを強調するフレアラインボトムスで艶感を演出。モード感のあるプラットフォームサンダルをチョイスすれば、媚びないフェミニンスタイルの完成。

▼ベージュのセットアップで赤を引き立てて

ベージュのセットアップで赤を引き立てたコーデ画像

トレンドのベージュセットアップに赤ニットを添えたイマドキスタイル。肌になじむベージュと、肌を明るく見せる赤のバランスが絶妙。

春夏スカートスタイル

▼フレアスカートと小物で華やかに飾って

フレアスカートと小物で華やかに飾ったコーデ画像

赤のリブTにベージュのフレアスカートを合わせたレディスタイルは、きれいめ黒小物をプラスしてシックに決めて。

▼足元をブラックで締めつつバッグと麦わら帽子で遊び心を

足元をブラックで締めつつバッグと麦わら帽子で遊び心を出したコーデ画像

黒をつややかに演出する赤ニット合わせのスタイルは、ラフィア小物を添えて親近感をプラス。バッグのお茶目ワッペンを効かせて、プレイフルな春夏スタイルを作って。

▼レース編みニット×ギンガムチェックスカートで可憐な女性に

レース編みニット×ギンガムチェックスカートで可憐な女性にしたコーデ画像

ギンガムチェックとチュールのプリーツスカートに、夏らしいカギ編みニットを合わせたサマースタイル。ビビッドカラーにトライしたくなる夏こそ、こんなフレッシュレッドを取り入れてみて。

▼タイトなサマーニットにはAラインスカートでメリハリを

タイトなサマーニットにはAラインスカートでメリハリをつけたコーデ画像

ノースリーブの赤カーディガンに、涼しげなリネンスカートを合わせたフィット&フレアスタイル。ロング丈で脚をカバーすれば、フラットシューズでもスタイルアップ効果大。

赤ニット「カーディガン」は万能アイテム

ボタンを閉じればトップスとして、腰巻きや肩がけならポイントとして活用できる赤カーディガンは、とにかく万能。アクセサリー感覚で使えば、主張が強すぎず気軽に取り入れられます。

インナーと同じ色のカーディガンを肩がけ

インナーと同じ色のカーディガンを肩がけしたコーデ画像

インナーのノースリーブニットと同じ色のカーディガンを肩に羽織ればこなれ感抜群。白いパンツと黒パンプスでレディに仕上げて。

赤タートルネックと合わせてアンサンブル風に

赤タートルネックと合わせてアンサンブル風にしたコーデ画像

赤いタートルネックの上にボタンをしっかりとめたカーディガンを重ねて、アンサンブル風に着こなして。ブラウンのタックフレアスカートを合わせれば、クラシカルな雰囲気に。

赤ニット「ワンピース」で視線を集めて

意志の強さを感じさせる赤ニットワンピースは、まさに主役級アイテム。大人らしさを上げるなら、ボルドーやワインレッドなどのダークトーンをチョイスしてみるのもおすすめ。

コートの下からでも存在感バッチリ

コートの下からでも存在感バッチリのコーデ画像

目を惹くデザインのムートンコートのなかからでも、存在感バッチリのミニ丈ニットワンピ。小物類は黒でまとめて、カチッとモードに引き締めて。

スリット入りロングワンピースでスタイルアップ

スリット入りロングワンピースでスタイルアップしたコーデ画像

ざっくりスリットの赤ニットワンピースは、一枚でおしゃれなシンプルコーデをメイク。しっかりウエストマークして、スタイルアップを忘れずに。

「赤ノースリーブニット」で夏でも赤ニット

デニムに合わせてヘルシーな夏スタイル

デニムに合わせてヘルシーな夏スタイルのコーデ画像

レディな赤のノースリーブニットを、デニムでカジュアルダウン。ネイビーデニムなら、ほどよく上品さも保てるのが◎。華奢なバーサンダルで、夏らしさアップ。

あえてウエストをINしないで抜け感をメイク

あえてウエストをINしないで抜け感をメイクしたコーデ画像

ダークな赤ニットノースリーブと白ワイドパンツの、大人の品がただよう着こなし。あえてニットのすそをインせず、抜け感を作るのがおしゃれ上級者のテクニック。

【年代別】赤ニットは年齢問わず楽しめる

はっと目を惹く赤ニットは、年齢を重ねるにつれ「派手すぎるのでは?」と、敬遠しがちになってしまうことも。しかし! 元気カラーの赤は、顔色を明るく見せてくれる優れもので、年齢問わずに着られるのです。どの年代にもハマってくれる赤ニットコーデを楽しんで。

20代の赤ニット着こなし

20代の赤ニット着こなしのコーデ画像

ビビッドな赤ニットにグレーを合わせた個性派な着こなし。赤はタイトに、グレーはゆったりと仕上げた、ゆる×ぴたシルエットが旬顔。

30代の赤ニット着こなし

30代の赤ニット着こなしのコーデ画像

30代の大人女子にぴったりな、赤タートルニットのきれいめコーデ。全体的にタイトにまとめて華奢見えを狙って。ダークトーンの赤を選んで、より大人っぽさを演出。

40代の赤ニット着こなし

40代の赤ニット着こなしのコーデ画像

気になる腰まわりやおしりをすっぽり隠してくれる、ドルマンシルエットの赤ニットで、大人のカジュアルコーデをメイク。ブラウンのストラップパンプスをプラスして、キリッと引き締めて。

【番外編】“パーソナルカラー別”赤ニット似合わせのコツ

お目立ちアイテムの赤ニットをさらにおしゃれに着こなすなら、ぜひチェックしてほしいのが「パーソナルカラー」。高発色の赤は、きちんと選ばないと顔色をくすませてしまうことも……。自分の肌の色に合った赤ニットを選んで、バチッと着こなして。

イエベ向きニット

▼オレンジレッド

オレンジレッドのコーデ画像

オレンジニットはネイビーのデニムパンツと相性バッチリ。ハイウエストのワイドデニムにブラウジングして、脚長効果を狙って。

▼ブラウンレッド

ブラウンレッドのコーデ画像

ブラウンレッドのリブニットとグレンチェックのタイトスカートで、上品コーデをメイク。タイトすぎないニットのシルエットが、ほどよいフェミニン感を醸し出して、「かわいい」と「きれい」のいいとこどりに。

ブルべ向きニット

▼ビビッドレッド

ビビッドレッドのコーデ画像

ブルべさんの肌色にバッチリ映える大胆なビビッドレッドのニットを、ベージュパンツに合わせてさらりと着こなし。シンプルコーデを赤ニットがブラッシュアップ。

▼ワインレッド

ワインレッドのコーデ画像

品のあるワインレッドのタートルニットを、ブルーのストレートデニムでカジュアルダウン。抜け感を出しつつ黒のレザーブーツで引き締めれば、大人の余裕あふれる休日コーデに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW