キャメルに合う色はどれ?
FASHION

キャメルに合う色【王道配色】上品さを引き出すコーデ集

2019/09/30

ベージュやブラウンのように親しみのある「キャメル」。けれど、絶妙な色合いだからこそ、手持ちのアイテムと合わなかった…… なんて失敗談もちらほら。ここでは、「キャメルの色って?」という疑問や、カラーマッチ力抜群のお手本コーデをご紹介。

キャメルってどういう色?

キャメルってどういう色?のイメージ画像

英語でラクダを意味するキャメルは、まさにラクダのような色を想像すると分かりやすい。ベージュよりも彩度が高く、ブラウンよりも黄味がかっている色味なので、取り入れやすい定番色のうちの一つ。

【パープル】は濃いめの色を選ぶのがポイント

ブラウンやベージュのように取り入れやすいキャメルは、あえて強い色であるパープルと合わせることで互いの良さが引き立った着こなしに。MINE世代なら、濃いめパープルをチョイスして大人らしさを添えるのがポイント。

パープル×キャメルで大人かわいいスタイルに

▼クールな配色を和らげる

濃いめパープルとブルーデニムにキャメルのカーディガンのコーデ画像

濃いめパープルとブルーデニムのクールな配色は、柔らかなキャメルカラーを散らばせて親しみやすさをプラス。ロングカーディガンとヒールブーツで縦長ラインを強調すれば、スタイルアップが可能。

▼適度なゆるさが大人ムードにマッチ

パープル×キャメルのコーデ画像

Tシャツとフレアスカートの楽ちんスタイルは、パープル×キャメルの上品な配色でゆるくなりすぎない。シューズの色もトップスと統一して、大人なパープルを引き立たせて。

▼スポーツミックスがこなれる配色

パープルのロンTとキャメルのタイトスカートのコーデ画像

ゆったりロンTにタイトスカートを合わせたメリハリスタイルに、スポーティな小物を投入してカジュアルダウン。肌に馴染むキャメルと、肌に透明感を与えるパープルの合わせで素肌までフレッシュに。

差し色でパープル・ピンクを入れて華やかに

▼定番色にこそ映えるヴィヴィッドパープル

キャメル×ベージュにヴィヴィッドパープルのファーバッグのコーデ画像

キャメル×ベージュの大人らしい色合いには、目に止まるヴィヴィッドパープルのファーバッグで遊び心をプラス。ゴールドのフープハンドルがレディな装いにマッチ。

▼足元を主役に

全身ブラウンやキャメルとフューシャピンクパンプスのコーデ画像

定番色でありながら、引き立て色でもあるブラウンやキャメル。全体をベーシックな色で統一したら、鮮やかなフューシャピンクパンプスでコーデの鮮度をアップ。

紫に合う色をおさえる

【グリーン・カーキ】は相性抜群のアースカラー合わせ

土や木を連想するキャメルに、葉を連想するグリーンやカーキの組み合わせは相性がバッチリ。ナチュラルな配色なので、好印象間違いなし!

かちっと着こなしてきれいめに

▼定番フェミニンスタイルをナチュラルに

キャメル×グリーン。自然の中にありふれた色だからこそ、ファッションに取り入れることで好感度抜群。ラフィアバッグを取り入れて、ナチュラルムードをさらに盛り上げて。

▼あえてハンサム要素を取り入れてみる

ボディラインが出るフェミニンなVネックキャメルトップスには、正反対なハンサムカーキボトムス合わせでクールに決めて。シンプルなスタイルは、トレンドのパイソン柄サンダルで今っぽくアップデート。

カーキに合う色をおさえる

ゆるっとスタイルでカジュアルに

▼ぬくもり素材は配色で引き締め

ニットとコーデュロイのぬくもりコンビは、ダークカーキとブラウンの彩度低めのトーンで引き締め。さらにツヤ感のあるレザーバッグを投入すれば、ほっこり感も払拭。

▼ゆったりスタイルは視線を上に集中

ケーブルニットとチェック柄ボトムスで季節感溢れるコーディネート。身体のラインが出ないリラックススタイルは、ベレー帽などでポイントを頭に置いて視線を上に集中させれば、スタイルアップが叶う。

【白・ベージュ】は優しい色合いで上品スタイルを作る

優しい白やベージュと合わせることで、その柔らかさが引き立つキャメル。そんな優しさを活かして、女性らしい上品スタイルを作ってみて。

キャメルと白で大人カジュアルコーデ

▼柔らかカラーで「優しそう」な雰囲気を作る

「なんだか優しそう」「上品なイメージ」。そんな好印象が作れる、キャメルとベージュの組み合わせ。クリアストラップミュールで肌との境界線を曖昧にすれば、脚長効果もバッチリ。

▼ソフトな配色を黒小物で引き締め

デコルテが覗くキャメルVネックトップスに、オフホワイトのリネンワイドパンツを合わせた上品スタイル。かごバッグの黒を効かせて、優しい色合いを程よく引き締めて。

キャメルとブラウンのワントーンコーデ

▼キュートなギンガムチェックも、キャメルなら大人顔

可愛いけれど、ちょっと若すぎ? そんなギンガムチェックアイテムは、キャメルをチョイスすることで大人らしさも叶えてくれる。他のアイテムも同カラーで統一させたら、馴染みの良いマスタードイエローバッグをポイントとしてON。

▼黒レザー投入で甘さを中和

モヘアニットとキャメルスカートでぬくもり溢れるコーデをメイク。黒レザー小物を取り入れて、甘いだけじゃない大人のフェミニンスタイルを完成させて。

【グレー】は甘さを抑えてハンサムな印象

白と黒の中間色であるグレーを合わせれば、優しいキャメルカラーが引き締まり、ハンサムな印象に。お手本スタイルを早速チェック。

▼端正なグレーで大人顔

肌馴染みの良いVネックノースリーブニットは、ハンサムなグレーワイドパンツ合わせであざとくない女っぽさをメイク。小物も定番色で統一がgoodバランス。

▼グレーデニムでいつものニットをアップデート

定番色のニットにデニム。安心するいつものコンビは、グレーデニムに置き換えることで新鮮さを与えてみて。白Tと靴下をちょこんと覗かせれば、秋色カラーもフレッシュに。

ベージュに合う色をおさえる

【黒】はシックな大人スタイルが叶う

定番の黒を合わせれば、キャメルもピリッと引き締まりシックなスタイルが叶えられる。間違いなく上品にきまる配色なので、ちょっとしたパーティシーンにもおすすめ。

▼クラシカルな上品スタイル

タートルネックと五分袖のお利口キャメルニットに、タイムレスな魅力を放つ黒地ドットスカートを合わせてシックなスタイルをメイク。ナチュラルなカゴバッグとレザーブーツ合わせで程よくカジュアルダウン。

▼パールボタンでドレッシーに

黒ニットとキャメルワイドパンツのシックなスタイルは、肩にあしらわれたパールボタンでドレスアップ。小さく効いたポイントだから、トゥーマッチにならないのが嬉しい。

▼黒ワンピはエアリーカーディガンで軽やかに

フルレングスの黒ワンピースには、キャメルのかぎ編みカーディガンで軽さを演出。緑のハンドルがポイントになるカゴバッグを添えれば、ナチュラルカラーで作るエキゾチックスタイルの完成。

【番外編】キャメル色アウターを使ったおすすめコーデ

アウターを新調するとき、「着回しできるか」というのも重要なポイントのうちの一つ。キャメルカラーなら、定番色でありながらありふれたベージュやモノクロとは違った印象が楽しめる。アウターの形別に、キャメルコートのコーデをチェックしてみて。

キャメルのトレンチコート

ベージュが王道のトレンチコートは、キャメルに置き換えて新鮮さを狙って。ウエストをキュッと絞ってフレアラインを作ったら、脚のラインに沿うスキニーデニムが好相性。

キャメルのノーカラーコート

▼襟なしですっきりラインをメイク

ノーカラーで顔周りをすっきりさせたシンプルコーディネート。白黒スタイルには、親しみやすさを与えるキャメルアウターがgood。

▼ノーカラーで端正な黒をまろやかに

ハリ感のあるスカートがシックなオールブラックスタイルには、キャメルのアウターを肩掛けして強さを和らげて。ノーカラーだからこそ、表情も優しげな印象に。

キャメルコートのコーデ集

キャメルのコーディガン

▼白合わせでフレッシュに

キャメルとチェック柄を取り入れた秋冬スタイルには、白アイテムを添えてコーデをブライトアップ。ボトムスはロールアップして抜け感を作るのが好バランス。

▼ストンとしたコーディガンでスタイルアップ

ニットとデニムの定番カジュアルは、ストンとした落ち感が綺麗めラインを作るキャメルコーディガンでスタイルアップ。パンプス合わせとロールアップで足の甲を覗かせてれば華奢見えも叶う。

キャメルのファーコート

勇気のいるファーコートも、親しみのあるキャメルカラーならトライしやすい。シューズも同カラーで統一したら、黒地のプリントワンピースでシックにきめて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW