ジャケットのインナー、もう迷わない!オフィス服から春夏秋冬コーデまで【レディース30選】!
FASHION

ジャケットのインナー、もう迷わない!オフィス服から春夏秋冬コーデまで【レディース30選】!

2020/05/27

誰もが一枚は持っているジャケット。ここぞというときしか着ない、なんて人もいるのでは。実はインナーやボトムスしだいでONにもOFFにも使える優秀アイテムなんです。ここではジャケットのコーデを、色別、ON&OFFのシーン別、季節別にご紹介。ジャケットをフル活用しよう。

暖色系(ベージュ)ジャケットの場合

ベージュに合うのはやっぱり白。とくにきれいめに仕上げたいときは、白のインナーがベストマッチ。ベージュの持つフェミニンさを白が引き立ててくれるので、やさしい雰囲気に仕上がります。

白Tシャツ×ホワイトデニム

白Tシャツ×ホワイトデニムのコーデ画像

ベージュのジャケットのインナーには白Tシャツ、ボトムスにはホワイトデニムをチョイス。ロゴつき白Tシャツがジャケットをカジュアルダウンし、気品漂うやさしいコーデに。

白ワンピース

白ワンピースのコーデ画像

白のティアードワンピースにベージュのジャケットを羽織れば、カジュアルなワンピースもきれいめに昇華。パンプスもオフホワイトで合わせたら、きちんと感がプラスされます。

リネンジャケット×白Tシャツ

リネンジャケット×白Tシャツのコーデ画像

涼しげなリネンジャケットとシンプルな白Tシャツは好相性。きれいすぎず、カジュアルすぎず、ほどよいコーデに仕上がります。

寒色系(ネイビー)ジャケットの場合

どんなカラーも受け入れてくれるのがネイビージャケットの優秀ポイント。インナーを白にすればさわやかに、チェックなどの柄物を選べばすっきりと着こなせます。ボトムスはスカートでもデニムでもOK。気分に合わせて気負わずにチョイスして。

白Tシャツ×ブルーデニム

白Tシャツ×ブルーデニムのコーデ画像

定番の白Tシャツ×デニムの組み合わせにネイビーのジャケットをさらりと羽織れば、デイリーコーデがおでかけ仕様にグレードアップ。かっちりバッグとパンプスで硬派に固めると、さらにONの雰囲気に。

白ロンT×花柄フレアスカート

白ロンT×花柄フレアスカートのコーデ画像

インナーを白ロンTにすれば、インパクトの強い花柄スカートを主役に押し上げられます。ジャケットとパンプスをネイビーでそろえたら、まとまり感が出てオシャレ上級者に。

レースブラウス×デニム

レースブラウス×デニムのコーデ画像

メンズライクな印象もあるダブルボタンの大きめ紺ジャケットのインナーは、レースブラウスでレディに寄せて。コットンレースはやわらかくナチュラルなイメージにしてくれます。

ギンガムチェックシャツ×デニム

ギンガムチェックシャツ×デニムのコーデ画像

ギンガムチェックのシャツを合わせてプレッピーに仕上げるのもGOOD! カフスがプリーツなので、カジュアルになりすぎない。

ベーシックカラー(黒・白・グレー)ジャケットの場合

ここからは黒・白・グレーのベーシックカラーのジャケットのコーデをご紹介。黒はモードに、白はさわやかに、グレーのジャケットはオンな雰囲気になるので覚えておくと便利。インナーは黒や白などのベーシックカラーだと、きれいめにキマります。

黒ジャケット

▼白シャツをタックアウト

白シャツをタックアウトのコーデ画像

白シャツをウエストにインせずあえてアウトして、ルーズなシルエットに。タックアウトの着こなしが最近また注目されています。モノトーンスタイルにトレンド感をONして。

▼袖コンシャスブラウス×デニム

袖コンシャスブラウス×デニムのコーデ画像

丈が長めのジャケットにはガーリーなブラウスを投入。ハリのあるブラウスはきちんと感もありつつ、袖コンシャスで可愛い印象に。

▼白トップス×デニム

白トップス×デニムのコーデ画像

いつものデニムスタイルも、デコルテが見える白トップスに黒ジャケットを羽織ったら、きれいめカジュアルに昇華。カラーパンプスから足の甲を見せて女っぽさをひとさじ加えて。

白ジャケット

▼白のロゴTシャツ×ワイドパンツ

白のロゴTシャツ×ワイドパンツのコーデ画像

リネン混合のダブルジャケットのインナーは、シンプルに白のロゴTシャツを。ボトムスにワイドパンツをチョイスすれば、春から夏まで長く着られるさわやかコーデが完成。

▼白のロゴTシャツ×デニム

白のロゴTシャツ×デニムのコーデ画像

白のリネンジャケットの下は、白のロゴTシャツ×デニムのベーシックな装い。リネンジャケットは涼しげな風合いで、初夏にぴったり。

▼白のノースリーブ×ベージュパンツ

白のノースリーブ×ベージュパンツのコーデ画像

白のノースリーブ×ベージュパンツできれいめな夏の装いをメイク。足元もベージュのラメサンダルをチョイスし、白×ベージュの2色で統一感を出して。

グレージャケット

▼白Tシャツ×デニム

白Tシャツ×デニムのコーデ画像

ジャケットの下は白Tシャツ×デニムでシンプルに。グレーはきちんと感が出るので、パンプスを投入すればオフィスカジュアルにもぴったり。

▼黒インナー×デニム

黒インナー×デニムのコーデ画像

ダブルボタンのグレーのコートジャケットの下は、黒のトップス×デニムの組み合わせ。バッグと靴もインナーに合わせて黒でそろえ、クールにキメて。

【オフィスシーン】でONのときは

ジャケットはオフィスカジュアルに欠かせないアイテム。一枚羽織れば一気にONの雰囲気にしてくれます。そんなときインナーをどうするか気になるところ。かっちりとした雰囲気に仕上げたいなら、やはり正解は白か黒。お手本コーデを参考にしてみて。

オールホワイトでセットアップ風

オールホワイトでセットアップ風のコーデ画像

白ジャケットと「ユニクロ(UNIQLO)」の白ベイカーパンツでセットアップ風コーデに。インナーはやはり白のロゴTをセレクトして、オールホワイトに仕上げるとGOOD。靴とバッグは黒でそろえてコーデを引き締めて。

首のつまったカットソー×センタープレスパンツ

首のつまったカットソー×センタープレスパンツのコーデ画像

ダブルボタンの黒ジャケットがハンサムな印象。インナーのカットソーは首のつまったシルエットながら、ふくらんだ袖がほんのり女性らしさをプラスしてくれる一枚。

黒トップス×ベージュフレアスカート

黒トップス×ベージュフレアスカートのコーデ画像

ジャケットにふわっとしたスカートを合わせるときのインナーはブラックで。引き締め効果のある色味で、バランスがよくなります。

【カジュアルシーン】でOFF仕様に

OFFの日スタイルにおすすめなのがジャケット×フーディーの組み合わせ。相反するテイストだけれど、意外にベストマッチするから不思議。メンズライクに傾きそうなときは、デコルテや足の甲など素肌を見せてフェミニンさをプラスしてみて。

フーディー×マキシスカート

フーディー×マキシスカートのコーデ画像

インナーにフーディーを投入してカジュアルに。ジャケット×フーディーは好相性なので、ぜひトライしてみて。ロング丈コーデはもったり見えないように袖をまくるのがポイント。

フーディー×ロゴTシャツ

フーディー×ロゴTシャツのコーデ画像

こちらもジャケットの内側にチャックを開けたフーディーを仕込みつつ、重ね着したロゴTを見せた着こなし。カジュアルの代名詞フーディーとカチッとしたジャケットの、テイストMIXコーデです。

ボーダーニット×デニム

ボーダーニット×デニムのコーデ画像

ボーダーニット×デニムのデイリーコーデが、ジャケットを着ることでおでかけ仕様に。メンズライクになりがちなアイテムでも、ニットからのデコルテ見せ&パンプスからの素足見せで、女っぽくマイルドに中和。

【フォーマルシーン】で卒園式などにも

フォーマルなシーンでもジャケットは活躍。とくに子どもの卒園式や卒業式といったフォーマルシーンにはジャケットが欠かせません。ここではハレの日をオシャレに着こなすコーデをご紹介。

ジャケット×ハリ感ブラウス

ジャケット×ハリ感ブラウスのコーデ画像

元々フォーマルが得意なジャケットは、ハリのあるブラウスを合わせれば、よりカッチリとして見えます。光沢感のある素材と明るめのベージュで、地味に見せないきちんとコーデに。

ノーカラージャケット×チュールワンピース

ノーカラージャケット×チュールワンピースのコーデ画像

黒のノーカラージャケット×チュールワンピースの組み合わせ。全身真っ黒だと重いので、髪はアップにして首筋を見せ、リップは濃いめの赤をチョイスするとGOODバランス。

モノトーンコーデ

モノトーンコーデの画像

白トップス×黒ジャケットにスキニーパンツを合わせたシンプルモノトーンコーデ。パンプスのヒールがフォーマルな雰囲気をメイクしてくれます。足首見せでひとさじの女っぽさを足すのも忘れずに。

春夏のコーデ例

春夏は軽やかで涼しげなコーデを意識しよう。春はカラージャケット、夏にはショートパンツなど季節に合ったアイテムをセレクトして。インナーは白や黒のTシャツや、ボーダーなどの柄物もおすすめ。

黒トップス×カラージャケットのセットアップ

黒トップス×カラージャケットのセットアップのコーデ画像

ダスティピンクのセットアップを黒のインナーと小物で引き締めて。ダスティピンクならくすみカラーなので、カラージャケットでも派手になりすぎずに着られます。

ボーダー×白デニム

ボーダー×白デニムのコーデ画像

春夏に取り入れたいマリンコーデ。ジャケットにボーダーを合わせるだけで一気にマリンテイストになります。白のワイドデニムがよりマリンっぽさを演出。

白Tシャツ&ショートパンツ

白Tシャツ&ショートパンツのコーデ画像

ベージュのジャケットに、白Tシャツ&ショートパンツの組み合わせ。ジャケットとショートパンツは、夏にトライしたいスタイル。ハイウエストのパンツは脚長効果が期待できます。インナーはシンプルに白のロゴTがさわやかでGOOD。

秋冬のコーデ例

重くなりがちな秋冬アイテムは、どこかに抜け感を作って軽やかさを出すとGOOD。足元をスニーカーで外したり、ジャケットをしっかり着ずに肩掛けするなど、軽さを意識してみて。

ブラウンニット×黒のパンツ

ブラウンニット×黒のパンツのコーデ画像

キャメルのジャケットに合わせたのは、ブラウンニットと「ユニクロ」の黒パンツ。ブラウン系のきれいめグラデーションが、秋の気分を高めます。

タートルニット×プリーツスカート

タートルニット×プリーツスカートのコーデ画像

ネイビー×ブルーのワントーンコーデ。インナーにゆったりしたタートルニットを着ると重く見えがちなので、ジャケットは肩掛けが好バランス。

黒ニット×ブラウンパンツ

黒ニット×ブラウンパンツのコーデ画像

キャメルのジャケットには黒のニットを合わせてクラシカルに。ボトムス、バッグともにきれいめをチョイスしつつ、足元はスニーカーで外すと、こなれ感が出ます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW