LIFE STYLE

【蛙化現象とは?】起こりがちな人&克服方法を知り、恋愛を楽しむコツ

2019/12/25

意味不明……!な「蛙化現象」。恋愛で多くの男女が悩む事実があります。本記事では蛙化現象の意味や由来を解説。どういったタイプに蛙化現象が起こりがちなのか? 克服方法もいくつか紹介しているので、前向きに恋愛を楽しむための参考にしてみて。

片思いをしているときは誰しも自分の理想を意中の相手に反映しがちです。外見で好きになった場合、相手の性格を想像で作り上げることもあります。

ところが、実際に付き合ってみると予想しなかった発言や行動に幻滅してしまい「私の王子様はこんな人じゃなかったはず」と急速に冷めてしまうことがあるようです。

お互いに新たな一面を見せ合い、理想と現実のギャップを埋める努力をしたり歩み寄ったりすることが恋愛の醍醐味ともいえます。

しかし、恋愛経験が乏しかったり理想が高すぎたりすると、そうした考えにシフトできず蛙化現象を引き起こしがちです。

両想いをゴールにしすぎていた

恋愛のゴールをどこに置くのかは人によって異なります。蛙化現象で終わった恋の場合、そのゴールを無意識に「両想いになること」とはじめに設定していた可能性も否定できません。

そのため、『両想い』の次がイメージできず、次のステップに進むことに恐怖や違和感を持ち冷めてしまう場合があるようです。

また、「両想いになったんだからもう終わりでいい」と心のどこかで思っていると、相手が距離を縮めようとした時に嫌悪感が湧き起こりやすいでしょう。

性的行為に嫌悪感を感じてしまう

若い女性に多いのがスキンシップや性行為が苦手で、相手にも嫌悪感を抱くケースです。

特に男性は、好意を抱く相手とはキスや手をつなぐといった軽いスキンシップを望みます。当然その先には性行為も期待しているでしょう。

その相手の性的欲求が伝わると一気に恋心が冷めたり、生理的に彼を受け付けなくなる女性は少なくありません。

現代でも多くの女性が「性的行為は慎重に」と教えられて育つので、スキンシップや性行為に応じることに罪悪感や嫌悪感を持ってしまうことも蛙化現象の要因の1つでしょう。

蛙化現象が起こりやすい女性の特徴

蛙化現象の原因が見えてきたところで、こうした心理になりやすい女性の特徴について説明します。蛙化現象が起こりやすい女性は参考にしてください。

理想が高く幻想を抱きがち

恋愛の理想が高く幻想を抱いている女性は、気になる相手が現れると自分の理想を投影しがちです。

こうしたタイプの女性は、恋愛だけでなく自分自身や仕事・勉強などにおいても理想を追い求めるタイプだといえるでしょう。

恋愛をすること自体が好き

恋愛の駆け引きや交際当初のくすぐったさなどが好きな女性も蛙化現象が起こりやすいタイプです。

恋愛に積極的で成功体験もそれなりにある女性が多く、次の恋をはじめることに躊躇いがありません。

そのため、せっかく彼を振り向かせても安易に関係を断ち切ることができます。誰かを好きになると一時的に盛り上がりますが、相手からの好意が見えると急激に冷め、次のターゲットを探すことを繰り返すでしょう。

男性経験が少ない

また、男性経験や恋愛経験が少ない女性も蛙化現象が起こりやすいです。

性的なスキンシップが苦手だったり、男性特有の言動を理解していなかったりするため、簡単に幻滅してしまいます。

また、片思いしか経験していない人は両想いやお付き合いが始まると次に何が起こるかわからず、不安に駆られることもあるでしょう。こうした不安を相手への嫌悪感と捉えてしまうことがあります。

蛙化現象を克服するには

蛙化現象の原因や、引き起こしやすい特徴にいくつか心あたりがある女性でも、少しの発想の転換で前向きな恋愛を楽しむことができるようになります。蛙化現象の克服方法をいくつか見ていきましょう。

恋愛から距離を置く

片思いから両想いになった途端、相手を嫌いになる恋愛パターンを繰り返している人は、蛙化現象が癖になっているのかもしれません。

「これが自分の恋愛の仕方だ」と心のどこかで決めつけている可能性があります。

こうしたタイプの人にはしばらくの間、恋愛から離れて趣味や仕事など別のことに打ち込んでみるのがおすすめです。

恋愛から距離を取っている間に、自分自身や自分の恋愛パターンを見つめなおすことができるかもしれません。

冷めることを怖がらない

片思い中には知らなかった相手の男性の意外な一面を見て、驚いたり少し残念に感じたりすることは誰にでもあることです。

また、人間には『逃げれば追う・追われれば逃げる』習性があることから、片思いだったはずの相手との距離が急速に縮まると冷めたり逃げたくなったりするのもおかしなことではありません。

片思い中のテンションで相手を追い続けるとお互いが疲れてしまうため冷静さ必要でもあるでしょう。

両想いになったことで訪れる冷静さを恐れていたり、罪悪感を持っていたりすると彼に対しての恋愛感情自体を否定することに繋がります。

アプローチ中から、「両想い後は気持ちが落ち着くだろう」と頭の片隅で予期しておけると良いですね。

いろいろな男性のことを知る

幻想を抱きすぎていると、端からみるとどんなに完璧に見える男性であっても付き合いが始まってから知る一面に幻滅することがあります。

男性に対してあまり知識がなかったり、慣れていない人は男性特有の体の特徴や思考回路を、本やネット、友達の体験談などで少し勉強しておくのもいいでしょう。

男性について知識を得ておくと恋愛当初に感じるギャップが少なくなるかもしれません。

また、男性と女性では多くの場合、性的な欲求や関心の大きさに差があります。男性の体や生殖機能なども知っておくと、スキンシップや性行為を求められた時に理解してあげられるでしょう。

次ページ> 蛙化現象に陥ってしまった
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW