FASHION

ヘビロテ!「ケーブルニットカーディガン」のお手本コーデ22選

2019/05/10

羽織るだけでカジュアルさが生まれる「ケーブルニットカーディガン」。女っぽいワンピースからいつものデニムコーデまで、あらゆるコーデに合わせることができ、たちまちこなれた着こなしにしてくれる。そんな、着回し過ぎ注意な「ケーブルニットカーディガン」を着こなすコツと色別コーデをご紹介します。

インナーがTシャツやタンクトップでは寒い!という時は、タイトなタートルネックをIN。縦ラインを強調するリブ素材なら、よりすっきりと見せることができます。白やベージュ系のカーディガンの場合は、黒やブラウンのタートルネックをINしてメリハリを。

中にアウターを重ね着して冬でも暖かく

寒い日は、アウターの重ね着をする、という手もアリ。しっかり防寒対策ができる上、周りと差をつけることもできます。デニムジャケットを重ねれば、襟やメタルボタンがアクセントとなり切れ味のあるレイヤードコーデに。

美シルエット!合わせるならこの【ボトム】

全体のシルエットを決める要となるボトム。合わせるボトムは、 パンツならハイウエストパンツやスキニーなどスタイル良く見せるものがGOOD。反対に、 スカートであれば空気をはらむ軽やか素材のもの を選んで、ふんわりとしたバランスを楽しみたい。

「ハイウエストパンツ」と合わせてスタイルアップ

カーディガンにボリュームがある分、パンツと合わせる時はスタイル良く見せること
が重要。脚長に見えるハイウエストパンツは、まさにマストアイテム。トップスはINして、ハイウエストをしっかりアピールし、カーディガンはゆるっと羽織ってこなれ感を出して。

「軽やか素材スカート」と合わせてオシャレ度アップ

反対にスカートと合わせる時は、ルーズなシルエットにするのが今風に見えるポイント。ロング丈の軽やかなプリーツスカートと合わせてゆる×ずるコーデに。カーデの上からベルトをONして、さりげなくメリハリをつけて

ケーブルニットカーディガン【色別お手本コーデ】

ホワイトから黒まで、色によって雰囲気が異なるケーブルニットカーディガン。ここでは 「ベージュ・白・グレー・黒」の4色を色別におすすめコーデをピックアップ 。ぜひ、お気に入りの色を見つけてみて。

飽きのこない万能カラー【ベージュ】

▼ベージュケーブルニットカーディガン×スキニーデニム

いろんな色と合わせやすく、飽きのこないベージュのケーブルニットカーディガン。インナーをダークなミニマムコーデにすることで、カーデの存在感がグッと高まります。足元にブラウンのソックスを差し込んで、ベージュカラーをコーデに馴染ませて。

▼ベージュケーブルニットカーディガン×ペイズリー柄スカート

難易度高めなペイズリー柄スカートとも、ベージュカーディガンなら自然に馴染む。インナーはフレッシュな白トップスを合わせて老け見えを回避。

▼ベージュケーブルニットカーディガン×白シャツワンピース

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW