FASHION

ヘビロテ!「ケーブルニットカーディガン」のお手本コーデ22選

2019/12/25

羽織るだけでカジュアルさが生まれる「ケーブルニットカーディガン」。女っぽいワンピースからいつものデニムコーデまで、あらゆるコーデに合わせることができ、たちまちこなれた着こなしにしてくれる。そんな、着回し過ぎ注意な「ケーブルニットカーディガン」を着こなすコツと色別コーデをご紹介します。

ケーブルニットカーディガンを【大人に着こなす5つのコツ】

ともすれば、ほっこりしがちなケーブルニットカーディガン。 大人っぽく着こなすために、押さえておきたい5つのコツがあります。ここでは、お手本コーデとともに、着こなすコツをご紹介!

①首回りはスッキリさせて抜け感を

まず、1つ目に意識したいのが”首回り”。ここがもたついていたら、たちまち野暮ったい印象に。デコルテをスッキリ&キレイに見せるインナーをチョイスして、抜け感を作るとグッと大人っぽさが増します。

②パンツは細身なものでバランスをとる

コーデのバランスは”ボリューム”トップス×”タイト”ボトムが、すっきり見えて今の気分♪バルーン袖のケーブルニットカーディガンは、黒の細身テーパードパンツで引き締めて好バランスに。

③スカートは動きのあるものが良し!

スカートを合わせるなら、軽くて動きのあるものをチョイスして、ふんわり柔らかい印象にするのが旬な着こなし。合わせるスカートは、軽い素材のフレアスカートやプリーツスカートがおすすめ。

④靴はきれいめなものを選ぶと◎

カジュアルなケーブルニットカーディガンを着た時は、小物はきれいめにするのが大人カジュアルの鉄則。ツヤっとしたメタリックシルバーのパンプスで、コーデの洗練度が一気に高まる。

⑤バッグはあえてかっちりめで上品に

ざっくりと丸みのあるカーディガンとは対照的に、かっちりと上品なバッグを合わせコントラストをつけることで、ミックス感が際立ちおしゃれな印象に。フォルムだけではなく、カラーでコントラストをつけるのもGOOD。

厳選!合わせるならこの【インナー】

ケーブルニットカーディガンは、インナー次第で大きく印象が変わるもの。 大人っぽく着こなすなら、顔周りがすっきりと見えるインナーが大原則。ここでは、ケーブルニットカーディガンにマッチするインナーを3つご紹介。

シンプルな白トップスなら野暮ったく見えない!

まず、一番に押さえておきたい鉄板インナーが白トップス。デコルテが綺麗に見える白のカットソーやクリーンな白Tなど。ケーブルニットカーディガンを引き立てつつ、野暮見えを回避し洗練された印象を与えます。

寒い日はタイトなタートルネックを合わせて

インナーがTシャツやタンクトップでは寒い!という時は、タイトなタートルネックをIN。縦ラインを強調するリブ素材なら、よりすっきりと見せることができます。白やベージュ系のカーディガンの場合は、黒やブラウンのタートルネックをINしてメリハリを。

中にアウターを重ね着して冬でも暖かく

寒い日は、アウターの重ね着をする、という手もアリ。しっかり防寒対策ができる上、周りと差をつけることもできます。デニムジャケットを重ねれば、襟やメタルボタンがアクセントとなり切れ味のあるレイヤードコーデに。

美シルエット!合わせるならこの【ボトム】

全体のシルエットを決める要となるボトム。合わせるボトムは、 パンツならハイウエストパンツやスキニーなどスタイル良く見せるものがGOOD。反対に、 スカートであれば空気をはらむ軽やか素材のもの を選んで、ふんわりとしたバランスを楽しみたい。

「ハイウエストパンツ」と合わせてスタイルアップ

カーディガンにボリュームがある分、パンツと合わせる時はスタイル良く見せること
が重要。脚長に見えるハイウエストパンツは、まさにマストアイテム。トップスはINして、ハイウエストをしっかりアピールし、カーディガンはゆるっと羽織ってこなれ感を出して。

「軽やか素材スカート」と合わせてオシャレ度アップ

反対にスカートと合わせる時は、ルーズなシルエットにするのが今風に見えるポイント。ロング丈の軽やかなプリーツスカートと合わせてゆる×ずるコーデに。カーデの上からベルトをONして、さりげなくメリハリをつけて

ケーブルニットカーディガン【色別お手本コーデ】

ホワイトから黒まで、色によって雰囲気が異なるケーブルニットカーディガン。ここでは 「ベージュ・白・グレー・黒」の4色を色別におすすめコーデをピックアップ 。ぜひ、お気に入りの色を見つけてみて。

飽きのこない万能カラー【ベージュ】

▼ベージュケーブルニットカーディガン×スキニーデニム

いろんな色と合わせやすく、飽きのこないベージュのケーブルニットカーディガン。インナーをダークなミニマムコーデにすることで、カーデの存在感がグッと高まります。足元にブラウンのソックスを差し込んで、ベージュカラーをコーデに馴染ませて。

▼ベージュケーブルニットカーディガン×ペイズリー柄スカート

難易度高めなペイズリー柄スカートとも、ベージュカーディガンなら自然に馴染む。インナーはフレッシュな白トップスを合わせて老け見えを回避。

▼ベージュケーブルニットカーディガン×白シャツワンピース

凛とした白シャツワンピースにざっくりとしたケーブルニットカーデを羽織ったミックススタイル。白×黒のピリッとしたインナーコーデを、ベージュのニットカーデが和らげリラックスした着こなしに。

大人可愛くキメるなら【ホワイト・アイボリー】

▼ホワイトケーブルニットカーディガン×スキニーデニム

ホワイト・アイボリーのケーブルニットカーディガンは、顔周りを明るく、可愛く見せてくれます。膨張しがちな白カーディガン×白Tのレイヤードは、濃紺のスキニーデニムですっきりと仕上げて。

▼ホワイトケーブルニットカーディガン×花柄スカート

ショート丈のケーブルニットカーディガンなら、スカートとも気軽に合わせやすい。フェミニンなパープル系花柄スカートは、白ニットカーデを合わせてパッと明るい印象に。

▼アイボリーケーブルニットカーディガン×ネイビーロングワンピース

ロングニットワンピースにミドル丈のケーブルニットカーディガンを羽織った大人っぽいレイヤードコーデ。タートルネックと、アイボリー×ネイビーのメリハリ配色で、もたつかずすっきりとしたコーデに仕上がります。

”こなれ感”を出すなら【グレー】

▼グレーケーブルニットカーディガン×テーパードデニム

大人っぽくこなれた雰囲気にしてくれるグレーのケーブルニットカーディガン。黒ニット×デニムの辛めのコーデを、グレーのカーデが程よく中和し、ニュアンスあるコーデに。

▼グレーケーブルニットカーディガン×花柄スカート

パッと目を引く花柄スカートも、グレーのニットカーデを羽織れば上品にまとまる。ぼやけがちなグレー×花柄は、黒小物でピリッと引き締めて。

▼グレーケーブルニットカーディガン×黒ドット柄ワンピース

可愛いドット柄ワンピースは、グレーケーブルニットカーデをゆるっと羽織って大人っぽく。小物も黒でまとめて、モノトーンにすることで甘さ控えめなクールなスタイリングに。

大人女子も挑戦しやすい【ブラック】

▼ブラックケーブルニットカーディガン×テーパードデニム

ブラックのケーブルニットカーディガンなら、大人女子も普段のコーデに取り入れやすい。
白T×デニムの定番コーデを、黒のニットカーデとレオパード柄バッグで辛口に味付け。コーデが重くなりすぎないよう、足元は白スニーカーで軽やかに。

▼ブラックケーブルニットカーディガン×ピンクプリーツスカート

甘いピンクのプリーツスカートにブラックのケーブルニットカーデをONした甘辛コーデ。カーデとプリーツスカートのゆる×ずるコーデは、首元にスカーフをキュッと巻いて目線を上げて。

▼ブラックケーブルニットカーディガン×花柄ワンピース

きれいめな花柄ワンピースにざっくりカーデを羽織って、普段仕様にカジュアルダウン。黒なら、コーデが引き締まりほっそり見えも叶える♡

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW