ニットのインナーはどうする?『見せる』インナーコーデ25選
FASHION

ニットのインナーはどうする?『見せる』インナーコーデ25選

2020/04/24

ニットを着るときインナーはどうするか、迷う人もいるのでは。 とくにインナーを見せたいとき、何をどう着るか迷う人もいるはず。ここではインナーを『見せる』ニットのコーデを、ニットの形別、インナーの種類別にご紹介。ぜひ参考にして、あなたも正解コーデを作ってみて。

  1. 『見せる』インナーには【ロンT】と【Tシャツ】が不可欠!
  2. 【Vネック】ニットの場合
  3. 【丸首(クルーネック)】ニットの場合
  4. 【オフショルダー】ニットの場合
  5. 【ハイネック】インナーで暖かさをキープ
  6. 【レース】のインナーでフェミニンに
  7. 【シャツ】をインナーとして着る

『見せる』インナーには【ロンT】と【Tシャツ】が不可欠!

必要なのは、ずばり【ロンT】と【Tシャツ】! とくに白は着回しがきくマストアイテムだから、1枚持っておくと便利。「ユニクロ(UNIQLO)」の『クルーネックT』は、カラーバリエーションも豊富でコスパもGOODなマストハブアイテムです。

  1. ロンT
  2. Tシャツ

1.ロンT

1.ロンTのイメージ画像

2.Tシャツ

2.Tシャツのイメージ画像

▼白Tは着回し力抜群

白Tは着回し力抜群のイメージ画像

白Tシャツはどんな色のニットにも合わせやすいので便利。オールシーズン使える必須アイテムです。合わせる色に迷いがちなニュアンスカラーにもぴったりフィット。

【Vネック】ニットの場合

Vネックニットを着るときは、インナーが見えやすいので、あえて見せてカジュアルに着こなすのがGOOD。ここで活躍するのがロンTです。ベーシックな白か黒のロンTなら、ニットの色を選ばず着られて便利。ウエストにインせずレイヤードを楽しんでもサマになります。

白ロンTをプラスしてカジュアルダウン

白ロンTをプラスしてカジュアルダウンしたコーデ画像

黒Vネックニットとドラマチックなギンガムチェックのフレアスカート。デイリーに着こなすなら、白ロンTとスニーカーで程よくカジュアルダウンして。

レイヤードをエンジョイ

レイヤードをエンジョイしたコーデ画像

ブルーのニットに同系色のブルーデニムの組み合わせ。のっぺりしないように、インナーの白ロンTをウエストからのぞかせてレイヤードスタイルに。インナーがアクセントになった上級者コーデです。

黒のVネックニットに白のクルーネックインナーがフィット

黒のVネックニットに白のクルーネックインナーがフィットしたコーデ画像

黒のVネックニット×ベージュのプリーツスカートの組み合わせ。首元から見える白のクルーネックのインナーが抜け感を演出してさわやかな印象に。

サーモンピンクのカーディガンを主役に

サーモンピンクのカーディガンを主役にしたコーデ画像

きれい色のサーモンピンクのカーディガン。黒のパンツと白のクルーネックTを合わせて、カーディガンを主役に押し上げて。パンプスとインナーを白で合わせると、まとまりが出てGOOD。

白ニットに黒インナーがキマる

白ニットに黒インナーがキマったコーデ画像

白ニット×デニムのベーシックな組み合わせを、黒のインナーが引き締めてコーデを格上げ。シンプルなときこそベーシックな色使いが映えます。

【丸首(クルーネック)】ニットの場合

丸首のクルーネックニットには、同じくクルーネックのインナーを合わせるのが正解。インナーをあえて『見せる』ことで、コーデに抜け感やメリハリが生まれます。色に迷ったら、間違いないのが白か黒。どんな色にもなじむので、初心者さんは白か黒からトライして。

ブラウンカラーにメリハリをつける

ブラウンカラーにメリハリをつけたコーデ画像

肌なじみのよいベージュとブラウンの組み合わせは、全体がぼんやりしてしまいがち。そんなときはさりげなく白ロンTをのぞかせるだけで、一気にコーデのメリハリがUP。黒小物で引き締めるのもお忘れなく。

ベージュのざっくりニットを黒で引き締める

ベージュのざっくりニットを黒で引き締めたコーデ画像

ふんわりカントリーな印象のざっくりニットを、黒インナー×黒レギンスで引き締めた装い。ニット以外を黒でおさえることで、ニットがコーデの主役に。

白×白でなじませる

白×白でなじませたコーデ画像

クルーネックの白ニットに、クルーネックの白ロンTを合わせてなじませて。ナチュラルな印象のシンプルコーデに。

リラクシーなレイヤードコーデ

リラクシーなレイヤードコーデの画像

グレーのクルーネックニットの下に、白のクルーネックロンTをレイヤード。ワイドパンツを合わせたら、ルーズなシルエットのリラックスコーデができあがり。

【オフショルダー】ニットの場合

オフショルダーニットはそのまま着ると露出が多く、あざとい印象。インナーにタンクトップやシャツを着ると、ヘルシーな着こなしに大変身適度な色気を残したいならタンクトップを、かっちり着こなしたいならシャツをインナーに選んでみて。

タンクトップを合わせてヘルシーに

タンクトップを合わせてヘルシーにしたコーデ画像

黒のタンクトップとスキニーを合わせて、同性からも好印象なコーデをメイク。モノトーンに映えるイエローバッグがよい差し色に。

シャツを合わせてコンサバ風に

シャツを合わせてコンサバ風にしたコーデ画像

オフショルダーニットにシャツを仕込めば、露出がなくなりきちんと感が生まれます。タイトスカートを合わせたらオフィスでも着られるコンサバ風スタイルに昇華。

タンクトップ合わせのモノトーンコーデ

タンクトップ合わせのモノトーンコーデの画像

「ジーユー(GU)」のレースタンクトップを合わせたコーデ。オフショルダー×タンクトップは、もはや着こなしの新定番。露出が少なくなり、適度な色気にシフト。

【ハイネック】インナーで暖かさをキープ

ニットの下にハイネックのインナーを着るのも選択肢としてアリ。薄手のタートルネックニットを重ねたら、寒さ知らずなコーデが完成します。ハイネックは立体感が出せるから、着こなしがマンネリ化しそうなときに仕込むと個性が出せて◎。

ゆったりシルエットを引き締める

ゆったりシルエットを引き締めたコーデ画像

ざっくりしたブラウンニットとワイドパンツの組み合わせは、ハイネックのタートルニットを重ねることで引き締まった印象に。ハーフアップのヘアアレンジで、顔まわりもすっきりさせるのが好バランスに見せるコツ。

ブラウンコーデに立体感を

ブラウンコーデに立体感を出したコーデ画像

ブラウンニットとベージュニットパンツのゆったりスタイルは、黒タートルネックを重ねてシャープさを強調。足元も黒のレザーブーツで色数は抑えめに。

ベーシックなスタイルをアップグレード

ベーシックなスタイルをアップグレードしたコーデ画像

白ニット×デニムのベーシックな組み合わせに、タートルネックを仕込むことで個性をアピール。落ち着いた大人の着こなしに格上げ。

タートルネックがコーデの引き締め役に

タートルネックがコーデの引き締め役にしたコーデ画像

ほっこりしがちなケーブルニットとキャメルフレアスカートの組み合わせは、首元から黒をのぞかせてシャープに引き締めて。

レディなタートルネックでシックに味付け

レディなタートルネックでシックに味付けしたコーデ画像

秋冬に重宝するニットワンピースは、袖にパールがあしらわれた黒タートルネックを重ねてレディにアップデート。他のアイテムも黒で統一してまとめると◎。

【レース】のインナーでフェミニンに

ニットの下にレースのインナーを着ることで、一気にフェミニンな着こなしに。パンツスタイルのときでも女っぽさを醸し出せるので、メンズライクなパンツに合わせるとバランスよく仕上がります。

デコルテ&肩見せでほんのり色香を

デコルテ&肩見せでほんのり色香を出したコーデ画像

チノパンとスニーカーのカジュアルな着こなしには、素肌をドレスアップさせるレースタンクトップで程よくフェミニンな雰囲気をプラスして。

淡色コーデで上品に

淡色コーデで上品にしたコーデ画像

パープルカーディガンと白レースタンクトップにはベージュのスラックスとパンプスを合わせて、ヌーディーなフェミニンさを発揮。淡色カラーなら上品な趣に。

レースタンクトップで女っぽく

レースタンクトップで女っぽくしたコーデ画像

「ユニクロ」のレースタンクトップをカーディガンのインナーに。レースのおかげでチノパンコーデが一気に女っぽく仕上がります。

カーディガンからレースインナーをチラ見せ

カーディガンからレースインナーをチラ見せしたコーデ画像

【シャツ】をインナーとして着る

ニットのインナーにシャツを着ると、一気にきちんと感がアップし、清潔感ある着こなしに。きちっとし過ぎたくないときは、シャツの裾をウエストから出してレイヤードを楽しんでみて。適度なカジュアル感が演出できます。

定番コーデをトラッドにアップデート

定番コーデをトラッドにアップデートしたコーデ画像

ニット×デニムの定番コンビに、白のノーカラーシャツとソックスを合わせてきちんと感をプラス。チェスターコートとハットを添えて、トラッドムードを盛り上げて。

きちんと感を差し込んだレイヤードスタイル

きちんと感を差し込んだレイヤードスタイルのコーデ画像

ニットとチノパンのカジュアルスタイルは、パリッとしたシャツを重ねてきちんと感をプラス。白をのぞかせることで、メンズライクな配色がフレッシュな印象に。

カラーアイテムを効かせて

カラーアイテムを効かせたコーデ画像

オフホワイトのニットと黒スラックスのモノクロスタイルには、爽やかなブルーシャツとボルドースニーカーを足して色遊びをエンジョイ。カラーアイテムは小物やインナーで取り入れると、うるさくならない。

シャツワンピースをレイヤード

シャツワンピースをレイヤードしたコーデ画像

ビビッドな赤のニットに、白のシャツワンピースをレイヤード。主役はなんといってもニットなので、ボトムスは黒スキニーでバランスよく。靴も黒でそろえて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW