エンジ色に合う「7色」コーデで大人の着こなし!
FASHION

エンジ色に合う「7色」コーデで大人の着こなし!

2019/12/27

コーデに華やかさを与えてくれるエンジ色。でも「目立つ色だし…」「何色と合わせればいいの?」と疑問に感じている方もいるのでは?そこで今回はエンジ色に合う色を解説し、季節別のコーデをご紹介。ぜひエンジ色を取り入れて、コーデをもっと楽しんでみて♪

エンジ色ってどんな色?

エンジ色とは、黒みを少し帯びた強い紅色のこと 。エンジ色と類似していて、区別が難しいといわれるのが「バーガンディ」と「ボルドー」。バーガンディは紫がかったこっくり深い赤色、一方ボルドーは茶色みの強い赤色のことを指します。 エンジ色は差し色としてはもちろん、トップスやボトムスに取り入れて主役にしても、目立ちすぎないうえにバランスよく、かつおしゃれに着こなせるので、季節ごとに1枚持っておくととても便利。

【1】「ベージュ」と合わせてまろやかな印象に

エンジ色とベージュの組み合わせは、赤とベージュの組み合わせよりも大人っぽく仕上がるのがうれしい! エンジ色はインナーや差し色に使っても子供っぽくならないので、落ち着いて見られたいときはぜひベージュと組み合わせてみて。

トレンチコートのインナーとして差し色に

トレンチコートのインナーとして差し色にしたコーデ画像

鮮やかなエンジ色をコーデにストンとなじませ、やわらかな雰囲気を演出してくれるのがベージュ。ベーシックなトレンチコートを羽織れば、鮮やかなエンジ色をちょうどよく抑え、バランスよく仕上げてくれる。ラタンのかごバッグを添えれば春らしさ満点。

スラックスなら楽ちんかつエレガントに

スラックスなら楽ちんかつエレガントにしたコーデ画像

ジャージ素材のエンジ色のスラックス。ライトベージュのリネンジャケットをさらりと羽織り、バレエシューズを添えれば、ラフすぎないきちんと感のある装いに。バニティバッグをセレクトすれば、差のつくスタイルが完成。

活発なマリンコーデに仕上げてくれるバッグとパンプスのアクセントに

活発なマリンコーデに仕上げてくれるバッグとパンプスのアクセントにしたコーデ画像

夏らしいサックスブルーのボーダートップスにチノパンを合わせた優しい色合いのマリンコーデ。エンジ色の靴やバッグをアクセントとして取り入れて、よりアクティブな印象をメイク。

【2】「ホワイト」と合わせてシャープな印象に

エンジ色にホワイトを合わせると、コントラストが強くシャープな印象に。大人っぽく仕上げたいときはエンジ色の分量を少なくして、華やかさを出したいときはエンジ色の分量を増やしてみて!

淡いトーンでまとめたコーデの差し色として

淡いトーンでまとめたコーデの差し色としたコーデ画像

コーデに清潔感を出してくれるホワイト。贅沢にギャザーをたっぷり用いたドロストブラウスに、リネン素材のワイドパンツを合わせて、涼しげかつ上品なコーデが完成。そこへエンジ色のパンプスとバッグで華やかさをプラス。

ゆらめくロングスカートと、白シャツ×ベルトで華やかさを

ゆらめくロングスカートと、白シャツ×ベルトで華やかさを出したコーデ画像

「こなれ感を簡単に演出できる」と今季トレンドになっている白シャツ×ベルトの組み合わせ。ウエストマークすると、着ぶくれしやすいホワイトでもスッキリ見せることが可能。艶感のあるロングスカートを取り入れてドレッシーに仕上げるのが◎。

ポップコーンニットで甘い雰囲気を漂わせて

ポップコーンニットで甘い雰囲気を漂わせたコーデ画像

ケーブル編みの中にポンポンが編まれている、ポップコーン編みの立体的なエンジ色のニット。ひらひらとゆれるホワイトのプリーツスカートと合わせれば、冬のデートにぴったり。決めすぎないようにトートバッグで少しはずして。

【3】「ブラック」と合わせてスパイシーな印象に

濃い色であるエンジ色は、黒と合わせてもメリハリのあるスパイシーな着こなしが可能。カジュアルやフェミニンといった両方の着こなしに合うのでおすすめ。エンジ色の小物をアクセント使いすれば、赤よりも個性的な装いに。

黒スキニー×タンクトップでコンパクトな夏の装い

黒スキニー×タンクトップでコンパクトな夏の装いにしたコーデ画像

ブラックはメリハリを出したいときにもってこいのカラー。スキニー×ビット付きスリッパミュールなら、マニッシュに仕上がる。ワッフルキーネックタンクトップと、お団子ヘアで首まわりをスッキリ見せて。残暑が厳しい日には、ファーバッグを添えて秋を先取り。

大胆なデザインのトップスには小物で抜け感を

大胆なデザインのトップスには小物で抜け感を出したコーデ画像

エンジ色の大胆なスリット入りのトップスは、落ち着いた大人の女性を演出。マットなシルバーのクラッチバッグと黒のフラットサンダルではずせば、気取りすぎない大人コーデに。

オープンカラーシャツと合わせてメンズライクに

オープンカラーシャツと合わせてメンズライクにしたコーデ画像

メンズライクなブラックのオープンカラーシャツをウエストインし、エンジ色のフレアパンツを合わせて、脚長効果を狙ったスタイリング。小さめのがま口ハンドバッグを添えて、さりげなく女性らしさもプラスして。

およばれワンピースコーデをパンプスでドレッシーに

およばれワンピースコーデをパンプスでドレッシーにしたコーデ画像

艶感たっぷりのブラックのサテン地ワンピースに、エンジ色のヒールパンプスと光沢あるブルーのチェーンバッグを添えれば、個性あふれる大人コーデが完成。ちょっとしたパーティーやおよばれにぴったりな装いに。

【4】「グレー」と合わせてクールに

エンジ色にグレーを合わせると、落ち着きのあるクールな印象に。エンジ色がニュートラルカラーであるグレーのアクセントカラーとなって、ほどよいコントラストを生み、洗練された大人コーデを作ってくれる。

デザイン性のあるグレーコートの差し色に

デザイン性のあるグレーコートの差し色にしたコーデ画像

暖かくなり始めた冬の終わりにぴったりな、ひときわ目を惹くグレーのステンカラーコート。そこへコロンと丸いエンジ色のハンドバッグを添えたら、落ち着きのある大人の女性を演出してくれる。

モードな雰囲気にパンチをきかせて

モードな雰囲気にパンチをきかせたコーデ画像

グレーとシルバーでまとめたモードな装いに、かっちりとした小さめショルダーをオン。エンジ色とゴールドのチェーン部分が引き立ち、パンツコーデでも女性らしさたっぷり。

モノトーンコーデに彩りを

モノトーンコーデに彩りを出したコーデ画像

きれい見えするエンジ色のストレートパンツ以外をモノトーンでまとめた、落ち着きのあるコーデ。小ぶりのバッグとぺたんこパンプスを添えれば、冬のデートにもぴったりな着こなしが完成。

ハンサムコーデの差し色に

ハンサムコーデの差し色にしたコーデ画像

チェック柄のテーラードジャケットとデニムで決めたハンサムスタイル。チェックのジャケットから拾ったエンジ色をパンプスでリンクさせたら、小さめクラッチバッグで女性らしさも忘れずに。

【5】「ネイビー」と合わせてほどよいカジュアルに

エンジ色にネイビーを合わせるときは、インディゴデニムならエンジ色と同じぐらいの濃さなので、コーデがしやすくおしゃれに決まる! クリーンなカジュアルスタイルを際立たせて!

定番コーデをロングカーデでアップデート

定番コーデをロングカーデでアップデートしたコーデ画像

白タンクトップ×デニムの定番カジュアルスタイリング。そこへエンジ色のロングカーデをONすれば、おなじみのコーデも旬なムードに! 色使いをひかえて白・エンジ色・ブルーの3色にまとめたのが着こなしのポイント。

ダークカラーコーデはバッグでアクセント使い

ダークカラーコーデはバッグでアクセント使いしたコーデ画像

センタープレス入りで脚長効果のあるテーパードパンツに、コンパクトなデニムジャケットをONしたきれいめスタイル。ボックス型のエンジ色のミニバッグを差し色に使うのならTRYしやすい。

【6】「ブラウン」と合わせてクラシカルに

エンジ色をブラウンと合わせれば、深みのある色同士ほっこりとした印象に。小物で個性を出すか黒でまとめてメリハリを出すのが、垢抜ける秘訣。

ほっこりコーデを小物使いで底上げ

ほっこりコーデを小物使いで底上げしたコーデ画像

クルーネックのロングシャツワンピースとガウンで、エンジ色×ブラウンのほっこりカラーコーデに。さらにフライトキャップや丸メガネで個性をプラス。シルバーで統一したイヤリングとリングで、着こなしを底上げするとGOOD。

コートを主役にこっくりカラーをレイヤードで魅せて

コートを主役にこっくりカラーをレイヤードで魅せたコーデ画像

ブラウンのニットワンピに、光沢感のある金茶のサテン地スカートをレイヤードしたスタイリッシュな装い。上質素材のエンジ色チェスターコートをONしたら、絶妙なカラーコーデで品よくまとまる。

ガンクラブチェックのタイトスカートと合わせてレディに

ガンクラブチェックのタイトスカートと合わせてレディにしたコーデ画像

エンジ色のVネックニットとガンクラブチェックのタイトスカートを合わせた、きれいめコーデ。華奢な腕時計とパンプスを添えれば、思わず振り向かずにはいられない印象美人を叶える装いに。

【7】「カーキ」と合わせてシックに

エンジ色にカーキを合わせたら、大人っぽくシックな装いに。秋冬の方が得意なカラーコーデだけれど、小物に取り入れたら、オールシーズン可能な着こなしを楽しんで!

アースカラーコーデのほどよい差し色として

アースカラーコーデのほどよい差し色としたコーデ画像

ざくざくと立体的に編まれたエンジ色のケーブルニットをメインに、他をアースカラーでまとめた落ち着きのあるコーデ。カーキ色のチェスターコートは、エンジ色とぶつかることなく調和するので◎。

ワンピースとバッグでアクセント使い

ワンピースとバッグでアクセント使いしたコーデ画像

ワンピースにデニムをレイヤードし、サンダルでカジュアルダウンしたスタイル。カーキのバケツ型トートバッグでシックなカラーコーデを大人っぽく仕上げたら、いつもの着こなしが見違える。


ニュアンスカラーコーデの足元にコントラスト

ニュアンスカラーコーデの足元にコントラストを出したコーデ画像

ひかえめなレオパード柄のスカートにベージュのニットを合わせて、ミリタリージャケットをONしたニュアンスカラーコーデ。足元に「Dr.Martens(ドクターマーチン)」のエンジ色ブーツを添え、絶妙なコントラストで人と差をつけて。

エンジ色を使った【春夏】コーデ

「エンジ色の洋服って、秋冬にしか着られないんじゃないの?」と考えているあなた、それではもったいない! 涼しげな素材をチョイスしたり、素足にパンプスを合わせてみる などのちょっとした工夫を加え、春夏も思いっきりエンジ色のコーデを楽しんでみて。

光沢感のある大胆なスリット入りのトップス。エンジ色なので、落ち着いた大人の女性を演出。シルバーのクラッチバッグと黒のフラットサンダルではずせば、気取りすぎない大人コーデに。

Tシャツワンピ×レギンス

Tシャツワンピ×レギンスのコーデ画像

カジュアルなTシャツワンピにエンジ色をチョイスしたら、大人っぽく着こなせる一着に。黒でそろえたスキニーパンツとショルダーバッグ、腕時計がメリハリをつけてくれる。大ぶりなリングとバングル、トングサンダルのシルバーでカッコよさを意識して。

フレンチスリーブTシャツ×チノスカート

フレンチスリーブTシャツ×チノスカートのコーデ画像

ウエストにレースアップを施したヘムスカートに、シンプルなエンジ色のフレンチスリーブTシャツをウエストINすれば、スタイルアップ効果を狙える。黒ではなくネイビーのスニーカーを投入するのがポイント。マルシェバッグがこなれ感を演出。

シャツワンピ×ノースリーブワンピ

シャツワンピ×ノースリーブワンピのコーデ画像

ノースリーブワンピースに、前出のエンジ色のシャツワンピースを羽織って着回し。カンカン帽やかごバッグ、コンフォートサンダルでリラクシーに仕上げた組み合わせが新鮮な大人コーデ。

グレーとシルバーでまとめたモードな装いに、かっちりとした小さめショルダーをオン。エンジ色とゴールドのチェーン部分が引き立ち、パンツコーデでも女性らしさをたっぷり演出。

エンジ色を使った【秋冬】コーデ

暖かみのあるエンジ色は、秋冬にマストなカラー。 秋冬らしく落ち着いた雰囲気にするため、エンジ色に加えてダークカラーを1色取り入れると、大人っぽく上品に着こなせます

シャツ×スナップカーデ

シャツ×スナップカーデのコーデ画像

とろみ素材のエンジ色のシャツに、黒のスナップカーデを合わせた大人っぽいコーデ。グレンチェックのパンツを合わせたら、トップスとのコントラストでシャープな印象のコーデが完成。

パーカー×スキニーデニム

パーカー×スキニーデニムのコーデ画像

大きめサイズのメンズパーカーをチョイスしてスキニーパンツと合わせたら、シルエットにメリハリができ、スタイルアップ効果を狙える。ナチュラルカラーのコーデュロイのキャップ帽とニットバッグで着崩して。

ダークカラーコーデ×ミニバッグ

ダークカラーコーデ×ミニバッグのコーデ画像

グレーのチュールロングスカートに黒のドルマンスリーブのニットを合わせてレディに決めつつ、足元はヒールゴアシューズと黒の靴下でカジュアルダウン。前出のエンジ色の丸いバッグを差し色にONして、クラシカルムードを漂わせて。

ブラックコート×バイカラープリーツロングスカート

ブラックコート×バイカラープリーツロングスカートのコーデ画像

エンジ色×ブルーのバイカラープリーツロングスカート。艶があり1枚で主役級のスカートなので、コートやブーツはブラックをチョイスしてモード感たっぷりの装いに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW