LIFE STYLE

【読者プレゼントも】瞑想、ラン、ヨガが合体⁉︎ イベント「WANDERLUST」に注目

2019/05/14

夏に向けて気温が上がるにつれ、外に出たくなる気分も高まっていませんか? アクティブになりやすいこの季節はスポーツをするのにもぴったり。そこで、今話題のマインドフル・トライアスロン「WANDERLUST 108」に注目。ランニングやヨガが好きな人、これから運動を始めてみたいスポーツ初心者にも必見のアウトドアイベントです。

「WANDERLUST 108」ってどんなイベント?

@WANDERLUST 108

2009年にアメリカでスタートした「WANDERLUST(ワンダーラスト)」は世界で唯一の屋外型マインドフル・トライアスロンイベント。日本には昨年初めて上陸。本年度は6月の東京開催を皮切りに、大阪・名古屋・福岡でも開催を予定しています。

@WANDERLUST 108

プログラムは全て屋外で開催。ウォーミングアップのストレッチから、ラン、アウトドアヨガ、メディテーション(瞑想)を続けて行なうという構成です。運動技術や速さを競い合うのではなく、屋外の自然の中で自由なペースで体を動かすことで、心身ともにリセット&リフレッシュできるのが魅力。

「WANDERLUST 108」のプログラムは?

@WANDERLUST 108

1.RUN:自分のペースで無理せず自由に参加できるランニング(ウォーキング)

まずは5キロのランからスタート。競争ではないので、タイム計測はナシ。自分のペースで自然を感じながら走ります。もちろん歩いてもOK!

2.YOGA:ワンダーラスト独自のノウハウで構成されたDJ音楽によるヨガ

心地よいDJサウンドと自然の中というロケーションで解放感抜群のヨガ体験。未経験者から上級者まで楽しめるプログラムを予定しています。

3.MEDITATION:ガイドとともに深い瞑想の旅を体感

心をクリアにし、深いリラックス状態に。無心になることでマインドを整える時間。内面を解放し、内なる自分に触れる心地よさを発見できます。

4.WORKSHOP:参加者が選べる無料のヨガワークショップ

メインプログラムを終えた後、会場内では無料のワークショップを開催。こちらは公式サイトで事前申し込みの上、最大3種類まで参加可能です。

カリスマヨガクリエイターのayaさんが今年も参加!

昨年の初開催時にもアンバサダーを務めたヨガクリエイターのayaさんによるワークショップが今年も開催。
ayaさんは、クラッシックバレエ、ボディワークアウト、呼吸法などを取り入れたオリジナルのプログラム指導を受ける中でヨガと出会い、食、美、健康、ボディメイクなど「美しく魅せる」をテーマにオリジナルのクラスを月に200レッスンこなすカリスマヨガクリエイター。女性からはもちろん、男性や多くのアスリートからも支持されていて、プライベートレッスンは1年半先まで予約がいっぱい。そんなayaさんから直接レッスンを受けられる貴重な機会です。

ayaさんに聞く「WANDERLUST」を楽しむコツ

MINE:外でのヨガや大人数でのランが未経験という運動初心者は5キロのランがハードル高く思えるのですが、初心者でも大丈夫でしょうか?

aya:昨年のイベントの際にも参加者から「ランが心配」という声をよく聞きました。海外ではヨガとランがセットになっていることが多いのですが、日本では双方に苦手意識を持っている人が多いんです。でも、歩いてもいいし、途中で引き返してもいい。もちろんヨガだけの参加もOKです。ランの方が好きな人はヨガの途中で座ってもいいし、自分のペースで差し引きして楽しんでもらえたらと思います。

MINE:それを聞いて一初心者としてとても安心しました。マイペースで参加できるイベントなんですね。

aya:ヨガを始める前のウォーミングアップだと思って、気軽に参加してもらえるとうれしいですね。アメリカ発祥のイベントですが、日本で2年目となる今回はより日本の人の感覚に合うようなイベントになっていると思います。お気に入りのウェアを身につけたり、ヨガウェアでなくても動きやすい好きな格好をしてたくさん写真を撮ったり、ぜひ自由に楽しんでください!

【限定プレゼント】 6/1(土)の東京イベントに5組10名様をご招待!

@WANDERLUST 108

2019年6月1日(土)に東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園で開催される「WANDERLUST TOKYO」に抽選で5組10名様をご招待します。ふるってご応募ください!

■応募期間:2019年5月10日(金)〜17日(金)正午

*当選者は発送をもって発表と代えさせていただきます。

WANDERLUST 108 TOKYO公式サイト

photo:Daichi Furukawa Editor : MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE