FASHION

バンダナの巻き方大特集!【簡単】巻くだけでこなれたコーデが完成

2019/05/07

ワンポイントでいつものコーデに取り入れやすい「バンダナ」。せっかく可愛いバンダナを持っていても巻き方がダサいと台無しに。今回はオシャレなあの人も知らない、先取りしたバンダナの巻き方とバンダナを取り入れたコーデをご紹介します。巻き方次第で七変化するバンダナ使いを楽しんで。

バンダナ巻くなら【頭・首・バッグ・腰】がおすすめ!

幅広いアレンジが楽しめるバンダナですが、今回とくにフィーチャーしたいのが 「頭・首・バッグ・腰」の4点です。シーンに合わせてトライしてみて。

①アレンジの幅が広がる「ヘアバンダナ」

ヘアバンダナは巻くだけで手の込んだアレンジをしているような優秀アイテム。ライブやデートなど少し気合を入れたい時にも◎。

②今っぽく仕上げたいなら「首巻きバンダナ」

大流行中の首巻バンダナは胸元が少し寂しいときなどに取り入れたいアイテム。さらっとデイリー使いにぴったり。

③コーデにメリハリ!腰に「バンダナベルト」

バンダナベルトは少し長めのバンダナを三角に折って巻くと◎。トップスとボトムスがシンプル服同士のときに柄物を持ってくるのに最適です。

④気分に合わせて付け替えて「バンダナアレンジバッグ」

バンダナアレンジバッグはいつものバッグを華やかにすることはもちろん、飽きてしまったバッグのイメージチェンジにもオススメ。バッグの素材に合わせてスカーフの柄をチョイス。

「ヘアバンダナ」大人っぽい巻き方

難しいと思いがちなヘアアレンジを画像と手順を踏まえてレクチャー。巻いて下しただけの髪型もバンダナを巻くと特別感アップ。大人っぽくキメたいときは、髪を結んでからアレンジしてみて。

海賊風からリゾート風まで最旬「ヘア」アレンジ方法

▼女海賊風バンダナアレンジ

1.耳の中心と同じ高さのやや低めのポニーテールをつくる。
2.バンダナを三角に折って、三角の角を織り込んでいく。
3.後ろからバンダナを回して、前でクロスさせる。
4.後ろに戻ってきて結ぶ。

▼リゾートにも最適バンダナアレンジ

1.髪の毛を後ろで結ぶ。(お団子でもポニーテールでも◎。)
2.バンダナを三角におって、三角の角を織り込む。
3.髪を結んだゴムを隠すようにバンダナを結ぶ。

次ページ> 「首巻きバンダナ」こなれ感が出る巻き方
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW