水色に合う色 コーデ集
FASHION

水色に合う色【王道配色】によるコーデ見本集

2019/09/30

フレッシュな印象を与え、コーデに軽さを出してくれる“水色”を最大限にいかす配色テクを紹介。水色と合う8色によるお手本コーデをピックアップ。フレッシュなのに”きちんと感”もある大人の水色コーデをぜひチェックしてみて。

【パープル】は甘くなりすぎず女性らしいイメージ

パープル×水色は、色味が近くコーデがまとまりやすい組み合わせ。華やかさと知的さを併せ持つパープルとなら、甘すぎない大人フェミニンコーデが作れます。

水色×薄めパープル

▼薄めパープルリブT×デニム

薄めパープルリブT×デニムのコーデ画像

デイリーに取り入れやすく、着回しも効く水色アイテムといえばデニム。薄めパープルカラーのリブTと合わせて、カジュアルな中にも女性らしさが漂うデニムコーデに。薄い色同士のコーデは、黒のジャケット&小物で引き締めて。

▼薄めパープルブラウス×デニム

薄めパープルブラウス×デニムのコーデ画像

甘いオフショルブラウスは、ユーズド感のある水色デニムではずして媚びないスタイリングに。ポニーテールですっきりまとめたヘアスタイルも、爽やかで好感度大!

水色×濃いめパープル

▼濃いめパープルワンピース×デニムジャケット

濃いめパープルワンピース×デニムジャケットのコーデ画像

落ち着いた濃いパープルのロングワンピースは、水色のデニムジャケットを羽織って軽さを出して。ラフなスタイリングは、大ぶりのピアス&バングルを効かせて、都会派コーデにアップデート。

▼濃いめパープルブラウス×デニム

濃いめパープルブラウス×デニムのコーデ画像

濃いパープルのコットンブラウスと水色のワイドデニムは、どちらもデイリーに使いやすいアイテム。カジュアルなワンツー・コーデは、ラウンド型カゴバッグでモダンなエッセンスをさりげなく加えて。

【水色・ブルー】で統一。まとまりある爽やかさを

ブルー系同士の組み合わせは、まとまりやすく安定感あるコーデが作れます。見た目にも清潔感があり好感度大な配色。
水色トップスに合わせるボトムに迷った時は、まずは鉄板なブルー系デニムに合わせてみて。

水色×水色

▼水色ニット×水色デニム

水色ニット×水色デニムのコーデ画像

春のオフシーンにマストな、上下水色の爽やかなデニムコーデ。ぼやけがちなコーデは、インナー・パンプス・バッグで白を差し込んでメリハリをつけて。

▼デニムトレンチコート×水色デニム

デニムトレンチコート×水色デニムのコーデ画像

難易度高めな上下デニム同士の組み合わせ。トレンチコートのベルトを縛って動きを出し、スキニーデニムですっきりと見せることで、野暮見えを回避。白のインナーを差し込んでいるのも垢抜けて見えるコツ。

水色×ブルー

▼水色ストライプワンピース×デニムジャケット

水色ストライプワンピース×デニムジャケットのコーデ画像

ふんわりと広がる水色のティアードワンピースは、ショート丈の濃紺デニムジャケットでピリッと引き締めて。淡いストライプとデニムの爽快感ある組み合わせも春にぴったり。

▼水色ニット×濃紺デニム

水色ニット×濃紺デニムのコーデ画像

ブルー系でまとめた秋冬コーデはなんだか新鮮。秋冬の水色は、ニット素材で取り入れれば、寒々しく見えません。ファーのミニショルダーでコーデの温感を高めて。

【グレー】で大人の印象をプラス

どんな色にも馴染むグレーは、水色とももちろん相性◎。地味に見えがちな水色×グレーですが、実は都会的でセンス良く見える組み合わせ。水色のフレッシュな可愛さを残しつつ、大人っぽい印象を与えます。

▼グレーブラウス×デニム

グレーブラウス×デニムのコーデ画像

甘く見えがちな袖コンブラウスも、グレーカラーなら大人の女性でも臆せず着られる。水色のワイドデニムと合わせて、ニュアンスあるこなれたスタイリングに。ミニマルなバッグやサンダルがクールな雰囲気を高めます。

▼水色ニット×グレーチェック柄パンツ

水色ニット×グレーチェック柄パンツのコーデ画像

フレッシュな水色ニットは、まじめなチェック柄パンツを合わせると上品な着こなしへとシフト。シンプルコーデは、ゴールドのチェーンショルダーを斜め掛けして華やかさとリッチ感をプラス。

▼グレーニットカーデ×デニム

グレーニットカーデ×デニムのコーデ画像

”ご近所っぽく”見えがちなグレーニットカーデ×水色デニムのコーデは、小物使いをこだわってみるのが◎。くすんだブルー系コンバースならデニムとのまとまりも◎。レディなミニトートで”きちんと感”ある着こなしに仕上げて。

▼グレーTシャツ×水色フレアスカート

グレーTシャツ×水色フレアスカートのコーデ画像

Tシャツ×フレアロングスカートの定番コーデも小物使いがカギ。シルバーバングルとクリアなサンダルの洗練小物で大人っぽく感度の高いスタイリングにアップデート。

いま注目の「アイスブルー」をおさえる

【黒】迷ったら、万能ブラックで引き締めて!

水色×黒のシックな配色もMINE世代におすすめ。コントラストが強いので、パッと目を引きやすくモダンな印象を与えます。コーデに使う色は3色以内に抑えて、すっきり見せるのがコーデ成功のコツ。

▼デニムジャケット×黒コーデ

ざっくりニット×スキニーの秋冬っぽいオールブラックコーデは、淡いデニムジャケットをさらっと羽織って軽さのあるスタイリングに。ユーズド感のあるデニムジャケットなら、コーデに取り入れやすくこなれた着こなしになります。

▼黒ブラウス×水色フレアスカート

フレアスカートにブラウスをタックアウトしたふんわりコーデ。黒×水色のハイコントラスト配色なら、ふんわりシルエットでもメリハリが出ます。小物はレザー系で統一して、大人っぽくモダンな雰囲気を纏って。

▼黒レザージャケット×ワイドデニム

水色ワイドデニムは、辛口・黒レザージャケットを羽織って大人カジュアルへとスタイルアップ。黒・水色の2トーンに絞ったのも、大人っぽく見えるポイント。

▼水色シャツ×黒スウェットパンツ

端正な水色シャツを黒スウェットではずしたクールなスタイリング。きれいめ小物を合わせるのも素敵ですが、スニーカーやボディバッグでスポーツミックスに味付けるとより今っぽくなります。

【白・ベージュ】は相性抜群!やさしい&上品コーデに

水色×白・ベージュはやさしい配色で上品に見える組み合わせ。ぼやけて見えやすい組み合わせなので、シャープなシルエットにしたり、アクセントとなる小物を添えたりと、どこかにピリッと引き締まるポイントを作りたい。

水色×白

▼白Vネックニット×スキニーデニム

体が泳ぐ程よいサイズ感のVネックニットとスキニーデニムのシンプルカジュアルコーデ。白×水色の淡い配色ですが、シルエットがシャープなのですっきり見える。仕上げに黒のチェーンショルダーでピリッと引き締めて。

▼水色ワンピース×白ワイドパンツ

ゆったりと着れるAラインワンピースと白ワイドパンツとのナチュラルムード漂うレイヤード。メタリックシルバーのバッグ&靴、モダンな大ぶりイヤリングで、洗練された大人のカジュアルスタイルへと完結。

水色×ベージュ

▼水色ニット×ベージュフレアスカート

ざっくり水色ニット×ベージュフレアスカートの春待ち時期にぴったりな”ゆる×ずる”コーデ。ルーズなシルエットは、厚手ニットとシフォンスカートの異素材な組み合わせでメリハリをつけて。

▼ベージュトレンチコート×水色花柄スカート

旬なロゴTと水色花柄スカートとのカジュアルコーデは、ベージュトレンチコートを羽織って”きちんと感”をプラス。ロゴと黒のボディバッグがコーデの引き締め役に。

【赤】はブルーデニムと相性最高

赤×水色は上手く合わせれば、お互いの色を引き立てあう組み合わせとなります。フェミニンかつインパクトのある赤をデイリーに着るなら、ユーズド感のある水色デニムと合わせるのがおすすめ。赤の取り入れ方に迷っている場合は、まずはこの組み合わせからトライしてみて。

▼赤ニット×スキニーデニム

女っぽさ漂う赤のハイネックニットを普段に着るなら、水色スキニーデニムでカジュアルに寄せるのが正解。パイソン柄パンプスやチェーントートといった攻め小物を効かせて大人っぽく。

▼デニムジャケット×赤ロングスカート

赤のロゴTと赤ロングスカートとのキャッチ―なカジュアルコーデ。デニムジャケットをゆるっと羽織ることで、赤の印象をやわらげこなれた着こなしに。黒スニーカーで引き締めているのもポイント。

【イエロー】はビタミンカラーで元気さを

フレッシュだったり、ヘルシーな印象を与える水色×イエロー。くすみカラー同士で合わせればぼやけて見え、ビタミンカラー同士なら派手に見えがち。鮮やかなビタミンイエローにくすんだ水色デニムを合わせるくらいが丁度いいバランス。

▼イエローニット×スキニーデニム

ゆったりとしたイエローニットをスキニーデニムですっきりと見せた大人っぽいカジュアルコーデ。小物はアイボリー系でまとめ、コーデに使う色を3色に抑えているのがコーデ成功のポイント。

▼イエローブラウス×ワイドデニム

袖コンブラウス×ワイドデニムの今どきバランスなスタイリング。グレージュの帽子・サンダルを合わせることで、カジュアルなデニムコーデに洒落感が加わります。

【カーキ】きっちり感が出るのでオンにも活躍

カーキは、ピュアな水色に”大人っぽさ”や”きっちり感”を与えます。清潔感ある水色と大人っぽいカーキのコンビは、オンシーンにも活躍。

▼水色シャツ×カーキワイドパンツ

オンシーンにもマストな水色ストライプシャツ×濃いカーキパンツのコーデ。お堅く見えがちなので、シャツはえり抜き&ロールアップで着崩し、赤のペディキュアで女っぽさも加えて。

▼カーキシャツ×スキニーデニム

辛口なカーキシャツとスキニーデニムの都会派カジュアルコーデ。サングラスと黒サンダルで天地を引き締めつつ、白のインナーとバッグで抜けを作ったバランス感覚が秀逸。

▼カーキニット×スキニーデニム

メンズっぽいカーキニットが新鮮なデニムスタイル。足元も黒ブーツで決めた辛口コーデは、白のチェーンショルダーでレディ感をひとさじ加えて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW