FASHION

これで安心!ワイドパンツコーデ、大事なのは【色】と【着回し力】

2019/11/22

「大人っぽく着こなせる!」と2019年も流行の”ワイドパンツ”。どんなコーデにも取り入れやすく着まわしやすいワイドパンツは、何本持っておいても損はないトレンドアイテム。今回は色・柄別にコーデを季節ごとに分けてご紹介。ワイドなシルエットで脚のラインをカバーしながら、ウエストはキュッと締まりスタイルアップ出来る優れもの。これからでも遅くない旬のコーデを楽しんで!

【デニム】ならデイリーに着まわせる

初めてワイドパンツに挑戦する方におすすめしたいのが「デニムワイドパンツ」。たくさんの種類があるワイドパンツの素材感は、いざ買うときも迷ってしまいがち。そんなときは馴染みのあるデニムをセレクトしてみて。失敗なしのヘビロテアイテムが手に入るかも。

デニムワイドパンツ【春夏】コーデ

▼白Tシャツ×デニムワイドパンツ

露出は少ないのに“美人スタイル見え”が叶うワイドパンツ。夏の定番「白T×デニム」もこなれシルエットになること間違いなし! 足元はビビットピンクでエッジを効かせて。

▼ボーダーブラウス×デニムワイドパンツ

紺ストライプの爽やかブラウスに合わせてデニムも濃い目をチョイスして統一感を出して。バッグに気品のあるレッドを持ってくると大人のマリンコーデの出来上がり。肩のバルーンシルエットが女性らしいアクセントに。

▼とろみキャミソール×デニムワイドパンツ

夏に着たくなる「とろみ素材」。さらっと着るだけでこなれ感もでるうえに、薄くて着心地抜群な楽カワ素材です。デニムのパリッとした印象で引き締めてあげると絶妙なバランスが叶います。

【春夏】のお手本集をみる

デニムワイドパンツ【秋冬】コーデ

▼ライダース×デニムワイドパンツ

大人のスパイスを加えたコーデを楽しみたいときはワイドパンツにライダースをオン。一筋縄じゃいかないクールさが手に入るかも。ハードに固めた分、小物はパールなどで女っぽくキメて。

▼ノーカラーコート×デニムワイドパンツ

きれいめカジュアルスタイルは幅広い層に人気。どこに行っても褒められるコーデにしたい日は、ノーカラーコートをサラッと羽織ってシンプルにまとめて。ショートブーツやタートルネックなど、綺麗めアイテムはデニムで外すのがポイント。

▼チェスターコート×ワイドパンツ

ハンサムスタイルに取り入れたいチェスターコートはシルエットが重要。野暮ったく見えないように下に重心を置くシルエットを作って美人見せ。ぺたんこパンプスはチラッと足の甲が見えるタイプをチョイスして女性らしさも。

【秋冬】のお手本集をみる

【黒】でシックなイメージを極める

大人っぽくクールにワイドパンツを取り入れたいときはシックな「黒」を選んで。品のあるスタイルからハードなスタイルまで幅広いコーデに取り入れられます。ここぞというシーンに活用してみて♪

黒ワイドパンツ【春夏】コーデ

▼白Tシャツ×黒ワイドパンツ

ラフに見える白Tシャツもプレスラインがしっかり入った黒ワイドパンツを合わせると品のある印象に。背筋がしゃんと伸びるような夏のお出かけコーデの完成です。小物はシルバーのものを選んでトレンド感も。

▼黒タンクトップ×黒ワイドパンツ

タンクトップとワイドパンツのセットアップは重くなりすぎないように素材感にこだわるのがオシャレ上級者。特に夏は全身ブラックコーデは暑苦しく見えがち。少し透け感がある通気性の良い素材を風になびかせながら着てみて。

▼ミリタリージャケット×黒ワイドパンツ

白Tと黒ワイドパンツに物足りなさを感じたらミリタリージャケットをプラスして。ミリタリージャケットはショート丈のものを選ぶとワイドパンツが引き立ち、脚長効果が期待できそう。

黒ワイドパンツ【秋冬】コーデ

▼オフショルニット×黒ワイドパンツ

ブラウンのオフショルは甘くなりすぎずヘルシーな色気が出るアイテム。それでも露出が気になるときはボトムスに黒ワイドパンツ取り入れてみて。下半身の肌見せを無くすことでオフショルでもバランスが取れたスタイルに。

▼肉厚ニット×黒ワイドパンツ

ブラウンと黒の組み合わせはシックに決まりすぎてしまうことも。そんなときは「ゆる×ゆる」の組み合わせをおさえて可愛さもゲット。足元はコンバースでゆるさをキープしつつ、バッグやアクセでエッジを投入して。

▼ピスタチオカラーニット×黒ワイドパンツ

オールブラックは楽ちんで可愛いけれど、さらにオシャレにしたいなら1点外しをマスターして。今回ブラックに合わせるのはピスタチオカラー。やわらかい色合いが意外と黒にもマッチして、トゲトゲしさを和らげてくれます。

季節で着こなしのコツは違う!

【ベージュ】でナチュラルさをプラス

肌馴染みのいい「ベージュ」は濃さによって印象がガラリと変わるカラー。白に近くなるにつれてやわらかく、ブラウンに近くなると落ち着いたイメージになっていきます。お気に入りの「ベージュ」を探してみるのも楽しいかも。

ベージュワイドパンツ【春夏】コーデ

▼白キャップスリーブ×ベージュワイドパンツ

半袖とノースリーブの中間、「キャップスリーブ」。ノースリーブよりも二の腕カバーを、半袖より女性らしさが期待できる丈です。やわらかいベージュと合わせてとろみを感じるスタイルに。

▼ノースリーブ×ベージュワイドパンツ

ブラウンみの強いベージュにはブラウンのタンクトップでグラデーションを作ると統一感がぐっとアップ。トップスはタイトなシルエットでインするのがスタイルアップの秘訣。

▼白タンクトップ×ベージュワイドパンツ

タンクトップにもいろいろあるけど、Vネックのタンクトップは大人っぽさときちんと感を出してくれる。ビーサンと合わせてもラフになりすぎずキマるスタイルに。バッグはエッジを効かせてワンポイントで。

ベージュワイドパンツ【秋冬】コーデ

▼ブラウンニット×ベージュワイドパンツ

膨らんでからキュッとしまるシルエットは女の子の大好物。ガーリーになりすぎないように色は大人っぽい色のものをチョイスして。秋めいたカラーにはゴールドアクセが相性抜群。大ぶりのものをアクセントでトッピング。

▼黒ニット×ベージュワイドパンツ

スタイルアップのためにトップスはインするのが◎。でもニットはすべてインするとモコモコになってウエストのシルエットが崩れてしまいます。そんなときはフロントだけインしてみて。着ぶくれしないシルエットキープ法の一つです。

▼チェスターコート×ベージュワイドパンツ

春を感じさせる冬の終わりには明るい色を使ったコーデを。春色のグリーンニットはベージュのワイドパンツでやわらかく仕上げます。黒のチェスターコートを羽織れば冬の終わりでも浮かない春先取りルックの出来上がり。

ベージュならではのアイテム合わせを知る

【白】なら爽やかにキマる

春夏に大活躍する白ワイドパンツは組み合わせ次第で秋冬でも外せないスタメンに。モノトーンコーデから、流行りのベージュ系とも合わせられる「白」。合わせる色を選ばない万能さも魅力です。

白ワイドパンツ【春夏】コーデ

▼ネイビーブラウス

ネイビー×白は夏を感じる爽やかな組み合わせ。ボーダーなどでマリンルックもいいですがより大人っぽく行きたいときは無地で完成させて。夏らしく網バッグを片手に持つと海にもピッタリなコーデに。

▼グリーンリブニット×白ワイドパンツ

鮮やかなグリーンはホワイトと合わせて、青空に映えるサマールックを組んで。足元は流行りのチャンキーヒールをプラス。トレンドを意識しながらスタイルアップが叶うこの夏イチオシのレディースタイル。

▼リブニット×白ワイドパンツ

五分袖のリブニットは洗練されたシャープな雰囲気を引き出してくれる。白のワイドパンツと合わせてスタイリッシュにまとめるのが大人女子。ポインテッドトゥシューズでセクシーさも忘れずに。

白ワイドパンツ【秋冬】コーデ

▼ロングカーディガン×白ワイドパンツ

上下ホワイトでまとめると膨張感がつきもの。そんなときはブラウンのロングカーディガンで縦の額を作って色の広がりを防いで。シューズはベージュのパンプスを仕込んでさり気なく脚長効果を狙うと◎。

▼ライダース×白ワイドパンツ

色が重くなりがちな冬は1点だけ白を投入するだけで、街で視線クギづけのオシャレコーデに。ニット素材のワイドパンツを選ぶと寒々しさを感じさせません。

▼チェックコート×白ワイドパンツ

定番のニット×チェックコート合わせも、白ワイドパンツを加えると新鮮なウィンタースタイルになります。白ワイドパンツはコーデュロイのものを選択して防寒しながら暗いイメージを払拭。

【カーキ】で甘さを軽減する

甘辛MIXやミリタリーで用いられる「カーキ」。黒よりやわらかくベージュより固い印象が欲しいときに取り入れたいカラーです。カーキワイドパンツはメンズライクになりがちなアイテムなのでコツをつかんでコーデを組んでみて。

カーキワイドパンツ【春夏】コーデ

▼白ブラウス×カーキワイドパンツ

カーキワイドパンツを品よく着こなすにはトップス選びが重要。シャツのような白ブラウスでマニッシュな雰囲気をかもしだして。ブラウスに合わせてワイドパンツも品があるタック入りのものがいいかも。

▼ベスト×カーキワイドパンツ

シンプルだけど技ありなコーデに仕上げたいならベストを投入。一見メンズライクなスタイルでも、Vネックと華奢なネックレスを添えてレディなムードに。ペディキュアも忘れず塗ってセクシーさをチラ見せ。

▼Tシャツ×カーキワイドパンツ

ラフなTシャツ×ワイドパンツコーデは野暮ったくなりがち。ヘアメイクをスッキリしたものでまとめるとバランスが取れたスタイルが完成します。赤リップとサングラスで少し気取ってみて。

カーキワイドパンツ【秋冬】コーデ

▼ニット×カーキワイドパンツ

黒とカーキは甘くならずに組めるので大人女子に取り入れてほしいカラー。ワイドパンツと合わせるときは少しポイントでかわいらしさをトッピング。揺れるピアスや、ふわふわのファーバッグで甘辛MIXのバランスをはかって。

▼ざっくり編みカーディガン×カーキワイドパンツ

カーキワイドパンツはミリタリー巾着と組み合わせて、とことんミリタリーファッションを楽しんで。フェミニンなざっくり編みカーディガンと調和して旬のコーディネートをメイク。

▼チェックコート×カーキワイドパンツ

裾が広がったワイドパンツは丈の長いコートのシルエットを生かす最強タッグ。綺麗なAラインがこなれたシルエットを作り出します。黒の変わりにカーキを使うと、重すぎないコーデを組めるかも。

優秀カーキの着こなしをみる

【グレー】はスタイリッシュに仕上がる

都会的な印象のグレーは垢抜けた着こなしには外せないカラー。ワイドパンツで取り入れてシティなムードをまとったら、周りより1歩先を行ったセンスの良さが手に入るかも。

グレーワイドパンツ【春夏】コーデ

▼リブニットタンク×グレーワイドパンツ

とろみのあるグレーは重い色と合わせても夏らしいツヤで暑苦しく見えない。シアーカラーのバングルは海のシェルを連想させる夏にピッタリのアクセサリーです。かごバッグも添えて夏気分を盛り上げて!

▼オフショルトップス×グレーワイドパンツ

シンプルでありながらトレンドのオフショルにはサラッと薄い素材のワイドパンツを。リュクスな素材感でまとめると安っぽく見えずにラフコーデが組めます。ウエストにリボンがついてるタイプのワイドパンツはお腹をカバーしてくれる優れもの。

▼ノースリーブ×グレーワイドパンツ

首が詰まったノースリーブはワイドパンツと合わせると縦のラインがさらに強調されます。グレーや白の無彩色はシルバーアクセでアーバンに仕上げて。無機質な雰囲気がモードな印象を引き立てるスタイルに。

グレーワイドパンツ【秋冬】コーデ

▼ブラックコート×グレーワイドパンツ

寒い日にはニット×ニットのレイヤードスタイルを覚えて。モノトーンで全体をまとめつつレイヤードした白と黒のニットのコントラストで遊ぶのがファッショニスタ。グレーは白と黒の2つの色をつなげる緩和剤として使ってみて。

▼白小物×グレーワイドパンツ

黒とグレーの近しい色でグラデーションを作る着こなしは、けだるいシルエットでジェンダーレスにまとって。サコッシュやスニーカーは目を覚ますような白を投入。明度差がポイントのグレースタイルが完成。

▼くすみピンクコート×グレーワイドパンツ

流行りのくすみカラーはグレーと馴染みやすく組み合わせるのにピッタリ。セクシーなくすみピンクは大胆にコートで取り入れて。黒のキャスケットでこなれたアレンジをしてみるのもおすすめ。

▼グレーの着こなし倍増テク

【ネイビー】で正統派着こなしに

きちんと感を演出したり凛とした女性のイメージが強い「ネイビー」。フォーマルシーンやコーデを引き締めたいときによく用いられる色です。ネイビーワイドパンツは、くだけ過ぎないスタイルが作れるので、ポイントで投入してみるのもいいかも。

ネイビーワイドパンツ【春夏】コーデ

▼リネントップス×ネイビーワイドパンツ

リネンのセットアップは暑い日にも涼しげに着られる夏のマストアイテムです。ネイビーのセットアップは品よく見える上に、麦わら帽子をかぶっても子供っぽくなりません。仕上げの眼鏡で知的なコーディネートに。

▼刺繍ブラウス×ネイビーワイドパンツ

刺繍ブラウスにはリネンのワイドパンツで落ち着いた雰囲気を。リネンはナチュラルさが魅力ですが、ときにだらけた印象を与えてしまうことも。そんなときはセンタープレスラインが入ったものを選ぶときちんと感がプラスされます。

▼トレンチコート×ネイビーワイドパンツ

トレンチコートには、ストライプシャツとネイビーワイドパンツを合わせて、綺麗めカジュアルなコーディネートを組んでみて。シャツのストライプとハイウエストのワイドパンツが相まって、スタイルアップを叶えてくれます。

ネイビーワイドパンツ【秋冬】コーデ

▼グリーンニット×ネイビーワイドパンツ

ナチュラルなモスグリーンのニットをタックワイドパンツで引き締め。上がニットボリューミーな分、足元はヒールと靴下でスッキリめにまとめてギャップを作って。白い靴下でメリハリを出すのがポイント。

▼ベージュカーディガン×ネイビーワイドパンツ

秋口にはサラッと羽織れるカーディガンが大活躍。ワイドパンツと合わせるときはショート丈のものを選んで脚長効果を狙って。ファーバッグがさらに季節感を上げてくれること間違いなし。

▼ネイビーニット×ネイビーワイドパンツ

上下ネイビーでキメるときは、別の素材で遊んで境目をしっかり作ってあげるのもおすすめ。ニットのフワフワとパンツのしっかりした生地で差が生まれて、より立体感のあるスタイルに。

【柄(チェック・ストライプ・ドット)】はポイントで取り入れる

最後は柄もののご紹介。秋冬に取り入れたいチェック柄、春夏に着たいストライプ柄、かわいらしく仕上がるドット柄の3種類をピックアップしました。季節やシーンに合わせて柄ものを積極的に着回して。

チェック柄ワイドパンツ

▼ループニット×チェックワイドパンツ

女っぽいムード漂うワインレッドのループニット。グレンチェックのワイドパンツで落ち着きを足すと、大人の女性コーデに。小物はブラックでまとめてシックな雰囲気を作り上げて。 

▼ノーカラーコート×チェックワイドパンツ

品良く着こなしたいモノトーンスタイルにはノーカラーコートをメインにして。エレガントなノーカラーコートはキメめすぎを防ぐために、大きめのチェック柄で外すのがコツ。コートの裾から見えるくらいがちょうどよいアクセントに。

▼ニット×チェックワイドパンツ

黒ニットにはグレンチェックワイドパンツでゆるっと着飾って。オーバーシルエットのニットをワイドパンツと着こなすときは、ピンヒールで足元は華奢に。パープルのファーバッグでいい女度アップをはかって。

ストライプ柄ワイドパンツ

▼カーキノースリーブ×ストライプワイドパンツ

淡いカラーのストライプはリゾート感を高めてくれるアイテム。カーキのタンクトップと合わせると、リラックスしたアースカラーコーデが出来上がります。バンブーバッグでさらにナチュラルさを際立たせて。

▼ネイビーノースリーブ×ストライプワイドパンツ

スッキリしたシルエットのノースリーブ×ワイドパンツの組み合わせ。カラーをネイビーで統一すると、きちんと感が出るきれいめスタイルに。靴はビーサンで外すのが今っぽい夏のお出かけルック。

▼ベージュシャツ×ストライプワイドパンツ

リラックスした雰囲気が出るストライプのワイドパンツには、シャツを着崩してホリデーコーデを。あえて短めのワイドパンツでくるぶしを出して軽快に。厚底サンダル×フロントインでスタイルアップが見込める着こなしです。

体系カバーの叶え方

ドット柄ワイドパンツ

▼スウェットパーカー×ドットワイドパンツ

今のトレンドは薄い素材のドット柄スカートですが、スカートをワイドパンツに変えても可愛いスタイルに。丈が短めのスウェットパーカーを合わせるだけで脚長効果も発揮しながら、旬のコーディネートが組める神アイテム。

▼ロングコート×ドットワイドパンツ

シックに決まるオールブラックコーデは、ドット柄ワイドパンツを投入して大人可愛く着こなして。小物やバッグは大人っぽいシンプルなものを選ぶことでドット柄のかわいらしさを軽減。

【おまけ】ワイドパンツのバランスの取り方

【靴・足元】をキレイにみせるコツ

【トップス】の上手な合わせ方

【アウター】との正解バランス

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW