LIFE STYLE

遠距離恋愛中に会う頻度はどのくらい?遠距離を成功させるポイント

2019/04/25

遠距離恋愛は、近距離の恋に比べ多くの不安に悩まされやすいものです。遠距離恋愛を成功させるポイントを知り、お互いの絆をより深めるためのチャンスに変えていきましょう。遠距離恋愛ならではの注意点も紹介します。

遠距離恋愛カップルが会う頻度と場所

遠距離恋愛を上手に続けていくためには、どのくらいの頻度で会うのがよいのでしょうか。

おすすめの頻度や場所、会う上で覚えておきたいポイントについて確認しておきましょう。

お互いにお金の負担にならないペース

遠距離恋愛のカップルが会う頻度を考えるとき、目安にしたいのはお互いにお金の負担にならないペースという点です。

大好きな人にできるだけ会いたいという気持ちは当然のことではありますが、だからといって、金銭的な問題を後回しにしてしまうのは問題です。

2人の居住地間の距離にもよりますが、片道数万円の距離を月に何度も往復するのは現実的ではありません。

はじめのうちはお互いへの愛情でなんとか乗り切っていたとしても、遠距離恋愛の期間が長く続けば、いずれ破綻することになるでしょう。

お互いに無理のない範囲の出費でおさえることが、最終的に2人の関係を長く続けるための秘訣なのです。

交互に行き来する、中間地点を活用

お互いに一人暮らしの遠距離恋愛カップルであれば、経済的な負担の偏りを防ぐためにも、それぞれの自宅を行き来するのがおすすめです。

月当たりの合う回数を決めた上で順番に行き来すれば、不公平感なく付き合っていけるでしょう。

また、お互いの居住地の中間地点というのも遠距離カップルが合う場所としておすすめです。行ったことのない観光地や都市を選ぶことで、ちょっとした旅行気分も満喫できるでしょう。

付き合いの長い遠距離カップルのマンネリ防止策としてもおすすめの方法です。

仕事などに支障が出ないように注意

遠距離恋愛カップルがいざ実際に会えたときは、できるだけ長い時間を一緒に過ごしたいと考えるでしょう。

終電ギリギリを狙ったり、休みをとってゆっくりと時間を過ごしたりと工夫するでしょうが、ここで注意したいのが仕事には支障をきたさないという点です。

久しぶりに会う恋人との別れが名残惜しいばっかりに帰宅が深夜になってしまい、翌日の仕事の効率が極端に落ちてしまう、周囲の迷惑を省みない休みのとり方をして不興を買うようなことが続けば、社会人としての信用問題にかかわります。

社会人としての自分に責任が持てるよう、無理なく会える範囲の頻度や場所を選びましょう。

遠距離恋愛中に注意したいこと

遠距離恋愛を上手に続けていくためにはどのような点に注意をすればよいのでしょうか。具体的なポイントを三つ紹介します。

浮気疑惑をかける、愚痴ばかり言う

遠距離恋愛中のカップルは、思うように会えないからこそ、お互いの信頼関係がなによりも大切です。

にもかかわらず、一方的に相手に浮気疑惑をかけてしまったり、会話の内容が愚痴ばかりだったりしたらどうでしょう。距離があるせいで感じていた不安や不満が、どんどん大きくなったとしても無理はありません。

当然ながら、浮気疑惑をかけられ愚痴を聞かされてばかりの側は、相手との連絡をとりたいという意欲を削がれます。最悪の場合、そのまま恋愛感情がフェードアウトしてしまうこともあるでしょう。

遠距離恋愛において、根拠のない浮気疑惑や愚痴ばかりの会話はご法度と心しておきましょう。

誕生日などを忘れる、異性の話をする

遠距離恋愛では、直接顔を見てのコミュニケーションがむずかしいぶん、近距離恋愛以上にマメでわかりやすい愛情表現が求められます。

お互いの誕生日や記念日のお祝いのメッセージ・電話は必要不可欠といえるでしょう。

万が一、誕生日や大切な記念日を忘れるようなことがあった場合、相手はあなたからの愛情に不安を抱くことになります。できるだけ早いフォローが必要でしょう。

また、やりとりのなかでほかの異性の話題を持ち出すのもNGです。その異性とあなたの関係を直接確かめられない以上、彼は心のどこかで2人の関係に疑いを抱くことになるでしょう。

自分の愛情を彼に疑われたくないと思うのであれば、誕生日をはじめとする記念日を忘れたり、不用意にほかの異性の話題を出したりするようなことは避けるのがおすすめです。

会う回数を減らす

遠距離恋愛が落ち着いてくると、会う回数も自然と定まってくるものです。

いったん会う頻度が定まってきたら、できるだけその頻度以下のペースにならないよう意識しましょう。

というのも、遠距離恋愛における会う頻度は、そのままお互いへの愛情や興味・関心に直結するものだからです。徐々に会う回数が減ってゆき、気がつけばそのまま自然消滅になってしまう遠距離恋愛カップルは少なくありません。

彼との関係を続けていきたいと考えるのであれば、いくら関係が安定しているからといっても油断せず、会うペースは一定に保っておきましょう。

遠距離恋愛を成功させるポイント

では、遠距離恋愛を成功させるにはどんな点に注意をすればよいのでしょうか。具体的なポイントをチェックしておきましょう。

コミュニケーションをとる

遠距離恋愛がうまくいかないといわれるわけは、距離によってコミュニケーションがとりにくくなり、お互いの気持ちが理解し合えなくなるからです。

裏を返せば、コミュニケーションさえしっかりととれてさえいれば、恋愛において多少の距離は問題になりません。

物理的な距離は離れていても、密な連絡や気持ちのやりとりを重ねることで、心の距離を近く保つのはむずかしいことではないのです。

状況をネガティブにとらえない

遠距離恋愛というと、「どうせ続かない」「浮気をされたらどうしよう」など、ネガティブな考えにとらわれてしまいがちなものです。
でも、2人の関係を長い目で見てみると、遠距離恋愛というのは必ずしもネガティブな要素ばかりではありません。

距離があるからこそ、近くにいたら気付かない相手の存在の大きさや魅力を改めて実感できるでしょう。

遠距離恋愛をしている時間というのは、2人の関係をより強固なものにするためのまたとないチャンスでもあるのです。決して状況をネガティブにとらえすぎないようにしましょう。

定期的に会う以外にも一緒に旅行に行く

遠距離恋愛カップルは、お互いの居住地に会いに行くだけでも小旅行気分が味わえることもあり、改めて旅行の計画を立てることが少ない傾向にあります。

だからこそ、ときにはあえてしっかりと計画を立てて旅行に出かけてみましょう。恋人としての特別感を味わい、新鮮さを取り戻すのにもってこいの方法です。

旅行を計画する際は、その軍資金をぜひ2人で貯金してみましょう。共通の目的を持つことで、親密度がよりアップする効果が期待できそうです。

会った時に彼をハッピーにするコツ

なかなか会えない遠距離恋愛だからこそ、たまに会えたときには彼を心からハッピーにしてあげたいものです。そのためのコツをここでチェックしていきましょう。

会えて嬉しい気持ちを伝えて甘える

久しぶりに会った彼を喜ばせられるのは、なんといっても恋人であるあなたの笑顔です。

大好きな恋人が、自分に会えた喜びを思い切り表現してくれること…これは遠距離恋愛の醍醐味といってもよいでしょう。

彼にそんな至福のときをプレゼントするためにも、会えたときの愛情表現は少々オーバーなくらいがベストです。会えて幸せという気持ちを全力で伝え、遠慮なく甘えましょう。

「この子と付き合っていてよかった」「もっと会いたい」きっと彼はそんな気持ちになるはずです。

手料理を作るなどサプライズを用意

遠距離恋愛の彼があなたのもとへ会いにきてくれるときは、タイミングを見てサプライズをしかけるのもおすすめです。

たとえば、いつもより手の込んだ彼の好物を作って待っていたり、彼のほうが会いに来てくれる頻度が高いのであれば、帰りのチケットを手配したりするのもよいでしょう。

サプライズによるちょっとした刺激は、恋の潤滑油になります。遠距離ゆえについつい不安にとらわれがちな気持ちも、ぎゅっと固くつなぎ合わせられるでしょう。

まとめ

「このまま忘れられてしまうのでは…」そんな不安を抱えながら遠距離恋愛を続けている女性は少なくありません。

簡単に会えない遠距離恋愛では、ただ相手に会うだけでも経済的・時間的な負担が必要なため、近距離恋愛に比べると努力や工夫が必要です。

とはいえ、遠距離恋愛はデメリットばかりではありません。距離があるからこそお互いの大切さを実感したり、相手への愛情を再確認したりするきっかけにもなるのです。

愚痴を言ったり誕生日を忘れたりなどのミスは極力避けて、お互いの愛情を信じましょう。

いまあなたを苦しめている遠距離恋愛こそ、ゆるぎない2人の絆を育むためのチャンスなのかもしれません。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW