FASHION

ダスティピンクコーデは、海外セレブがめっちゃ参考になる【25連発】

2019/10/02

「ピンクが着たいけどちょっと恥ずかしい...」と思っている人におすすめしたいのが、海外セレブにも大人気のカラー「ダスティピンク(くすみピンク)」。普通のピンクよりも大人っぽく落ち着いた印象のカラーなので、トップスやボトムスはもちろん、アウターやワンピースでコーデの主役カラーにしても自然にキマるのが魅力。

“ダスティピンク”ってどんな色?

写真:Splash/アフロ

ダスティ(dusty)とは、「灰色がかった」「くすんだ」という意味なので、「ダスティピンク」とは、その名の通り少しくすんだピンク色のことを指します。ピンクの可憐な印象を残しつつも、くすみ効果で可愛くなりすぎない、落ち着いた印象になるところが強み。また、肌馴染みのいいカラーなので浮くこともなくチャレンジしやすいんです。

【トップス】でこなれ度アップ

トップスにこのカラーを取り入れるだけで、普段のコーデもグッと旬なスタイルに。カジュアルコーデにもきれいめコーデにもマッチするのでセレブ達もお気に入りの様子。

Tシャツなら海外っぽいラフさがキマる

▼ダスティピンクTシャツ×カーキシャツ×ダメージデニム

写真:Backgrid/アフロ

カジュアルなカーキのシャツに白のダメージデニムを合わせた休日ルックのアレッサンドラ・アンブロジオ(Alessandra Ambrosio)。Tシャツも、ダスティピンクならカジュアルさと大人っぽさを兼ね備えた海外っぽいラフさが演出できます。

▼ダスティピンクTシャツ×スキニーデニム

写真:Splash/アフロ

ダスティピンクのTシャツにデニムを合わせたエフォートレスな着こなしのヒラリー・ダフ(Hilary Duff)。Tシャツにトーンを合わせたスモーキーカラーのショートブーツや、バーガンディのチェーンバッグなど大人っぽいカラーのアイテムを散りばめれば、子供っぽくなりがちなTシャツ×デニムの組み合わせも大人顔に。

シャツはシックなカラーと合わせて品良くまとめて

▼ダスティピンクシャツ×グレージャケット×グレースキニーデニム

写真:Backgrid/アフロ

透け感のあるダスティピンクのシャツにグレーのジャケットを合わせ、知的なスタイルに仕上げたジェシカ・アルバ(Jessica Alba)。ボトムスは同じくグレーのスキニーデニムを合わせてコーデに統一感を持たせつつも、かっちりしすぎずバランスのとれたコーデに。

▼ダスティピンクシャツ×黒カーディガン×スキニーデニム

写真:Splash/アフロ

上品な印象のダスティピンクのシルクシャツをカジュアルに着こなしたエミー・ロッサム(Emmy Rossum)。着こなしによっては甘くなりそうなシャツも、黒アイテムで引き締めて辛口に仕上げて。

ニットでこなれたルックスに

▼ダスティピンクニット×ルーズデニム

写真:Backgrid/アフロ

ダスティピンクのゆったりニットに太めにロールアップしたデニムを合わせて、こなれたカジュアルコーデに仕上げたケイト・ボスワース(Kate Bosworth)。全体的にだぼっとしたコーデは黒のローファーやベージュのボストンバッグなど、かっちりしたアイテムで引き締めるのがお約束。

パーカーで辛口コーデにブレーキを

▼ダスティピンクパーカー×黒ブルゾン×黒スキニー

写真:Backgrid/アフロ

ジジ・ハディッド(Gigi Hadid) はクールなブラックコーデに、ダスティピンクのパーカーを投入して強すぎない印象に。ビビットピンクのニット帽やファー付きのクラッチバッグなど、クセのある小物をプラスして陳腐なコーデで終わらせないのがジジ流。

▼おしゃれ番長のコーデをみる

【ボトムス】で無難コーデから卒業

ボトムスにダスティピンクを取り入れれば、コーデが一気に洗練された印象に。セレブ達をお手本に、ボトムスが主役のきれいめスタイルをメイク!

パンツでギャップのある着こなしを実現

▼ダスティピンクキュロットパンツ×白シャツ

写真:Splash/アフロ

ダスティピンクのシルクキュロットパンツに同系色のコートを合わせ大人のピンクコーデを着こなすキャサリン・ハイグル(Katherine Heigle)。トップスはシンプルな白シャツを合わせ、上品さの中に抜け感をプラスして。

▼ダスティピンクスキニー×ベージュシャツ

写真:Splash/アフロ

パンツ以外をパステルトーンで仕上げたジェシカ・アルバ(Jessica Alba)。彼女の小麦肌にもよく馴染むライトベージュのシャツに、ワントーン暗いダスティピンクのスキニーパンツを持ってくることでグラデーションコーデを作る上級者テクには、より顔周りを明るく見せてくれるという効果が。

▼ダスティピンクワイドパンツ×白Tシャツ

写真:Backgrid/アフロ

ボトムス以外はシンプルな白アイテムで揃えることで、スタイリッシュなダスティピンクのライン入りワイドパンツをコーデの主役にしたコートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian)。あえてアクセサリーなども控えめにすることで余裕を感じさせる大人のスタイリングに。

▼ダスティピンクワイドパンツ×白タンクトップ

ゆったりとしたシルエットのダスティピンクのワイドパンツにシンプルな白のタンクトップ、スニーカーを合わせた爽やかなリラックススタイル。そこにあえてモードな雰囲気のバッグを投入して一気に今っぽく仕上げた技ありコーデ。

▼ダスティピンクパンツ×黒MA-1

写真:Shutterstock/アフロ

黒のMA-1に黒のストラップパンプス・チョーカーを合わせたクールスタイルに、フェミニンなダスティピンクの細身パンツを合わせて大人の甘辛コーデを作り上げたロッティ・モス(Lottie Moss)。パンツに合わせてメイクもスモーキーに仕上げているところもポイント。

スカートで旬のムードをオン

▼ダスティピンクミニスカート×黒Tシャツ

写真:Backgrid/アフロ

ミニのプリーツスカートもダスティピンクなら上品かつ今っぽい印象に。テイラー・スウィフト(Taylor Swift)は、首元が深く開いたシンプルな黒のTシャツに黒のレザーバッグを合わせて、彼女らしい可憐なスタイルをメイク。

▼ダスティピンクロングスカート×オフホワイトシャツ

写真:Splash/アフロ

ダスティピンクのさらりとしたロングスカートに落ち感のあるオフホワイトのシンプルなシャツを合わせて好感度高めのワントーンコーデを仕上げたオリヴィア・パレルモ(Olivia Palermo)。ウエストに巻いたオレンジの細ベルトでコーデにメリハリをプラス。

オリビア・パレルモのファッションが完璧な理由

▼ダスティピンクミニスカート×ミリタリーロングジャケット

写真:Backgrid/アフロ

グレーのTシャツにミリタリーロングジャケットというメンズライクな組み合わせのコーデに、あえてボトムスでダスティピンクのシンプルなミニスカートをセレクトし若々しいスタイルを完成させたソフィア・リッチー(Sofia Richie)。甘めなスカートもクールコーデに落とし込むのがソフィア流。

【ワンピース・オールインワン】で華やかに

主張しすぎないダスティピンクは、ワンピースやオールインワンでコーデに取り入れても優しいナチュラルな雰囲気に仕上がるのが魅力。

ワンピースは小物づかいで個性をプラス

▼ダスティピンクミニワンピース×ミュール

写真:Splash/アフロ

繊細なデザインのダスティピンクのミニワンピースをサラリと着こなすエルザ・ホスク(Elsa Hosk)。ロマンティックな雰囲気のワンピースもこのカラーならガーリーになりすぎず、大人っぽく着こなせて◎。ハンサムテイストなハンドバッグでコーデを引き締めつつ、ミントブルーのミュールサンダルで遊び心をプラス。

▼ダスティピンクロングワンピース×黒サンダル

写真:Splash/アフロ

ダスティピンクのシンプルで女性らしいシルエットのワンピースで洗練されたムードを演出したジェシカ・アルバ(Jessia Alba)。足元はあえて重ためなデザインのサンダルを持ってくることで、辛さをプラスさせた都会的なスタイリングに。

オールインワンで大人のリラックススタイルに

▼ダスティピンクオールインワン×レザーサンダル

写真:Backgrid/アフロ

オールインワンもダスティピンクをチョイスすればこなれた印象に。アレッサンドラ・アンブロジオ(Alessandra Ambrosio)は、足元はエスニックなレザーサンダルで系統を合わせつつ、バッグはかっちりめなもので上品さをプラス。髪はアップにして首元をスッキリさせ抜け感たっぷりに。

【アウター】で普段のコーデを今っぽく

普段のコーデも、アウターでダスティピンクを取り入れれば一気にこなれた印象に。羽織るだけでコーデがグッと見違えるので一枚持っておくと便利かも。

ミディ丈コートでさらりときちんと感をプラス

▼ダスティピンクミディ丈コート×ボウタイブラウス

写真:Splash/アフロ

ミランダ・カー(Miranda Kerr)は、ダスティピンクのミディ丈コートを主役にボウタイブラウスとクロップド丈のスキニーデニムを合わせ彼女らしいきれいめコーデをメイク。アウターにピンクは難しいと思いきや、ダスティピンクなら好感度高め&こなれ感たっぷりにキマるのでオススメ。

▼ダスティピンクミディ丈コート×フリル付きトップス

写真:Backgrid/アフロ

フリル付きのトップスに細身デニム、ベージュのフラットサンダルという可愛らしいコーデにダスティピンクのコートを投入し、一気にきれいめカジュアルコーデへとシフトさせたリリー・コリンズ(Lily Collins)。黒小物で甘さ調節も忘れずに。

▼すごかった

ロングコートでエレガントに

▼ダスティピンクロングコート×花柄ロングワンピース

写真:Backgrid/アフロ

大人っぽい落ち着いた配色が魅力的な花柄のワンピースにダスティピンクのロングコートで全体のトーンを統一させたエマ・ロバーツ(Emma Roberts)のコーデ。ワンピースとコートをロング丈で合わせ、縦長ラインを意識すればスッキリ細見え。

▼低身長さんにおススメ

カーディガンなら失敗知らず

▼ダスティピンクカーディガン×アースカラートップス

写真:Backgrid/アフロ

ジェシカ・アルバ(Jessica Alba)の休日スタイル。アースカラーのトップスはダスティピンクのカーディガンと色味が絶妙にマッチ。足元もグレーのフラットシューズを合わせて全体のトーンを統一して。

MA-1もキュートに着こなせる!

▼ダスティピンクMA-1×薄色デニム

写真:Splash/アフロ

クールな印象の強いMA-1もダスティピンクのものをチョイスし、レディライクなスタイルに仕上げたキアラ・フェラー二(Chiara Ferragni)。白のデザインTシャツに薄色デニムでコーデをトーンアップさせつつ、サンダルやバッグ、帽子はMA-1と同系色で揃え、コーデに統一感を持たせているところもポイント。

【バッグ】は初心者さんでもTRYしやすい

「洋服で取り入れるのはまだちょっと勇気がいる...」という方にオススメしたいのが、ダスティピンクのバッグ。落ち着いたカラーなのでコーデの邪魔にならず、普段のコーデを自然に格上げしてくれる便利アイテムなんです。

ショルダーバッグはハンサムコーデのポイントに

▼ダスティピンクショルダーバッグ×グレーロングジャケット

写真:Backgrid/アフロ

全体的に暗めのトーンで統一されたクールな着こなしに、ダスティピンクのショルダーバッグを差し色として投入し女性らしさをプラスしたソフィア・リッチー(Sofia Richie)。クールなコーデと可愛らしいバッグのギャップがオシャレ上級者へとリード。

ハンドバッグで大人っぽく

写真:Backgrid/アフロ

薄手のプリントドレスに黒のジャケットを合わせたモノトーンコーデの差し色にダスティピンクの大きめなハンドバッグをプラスしたナオミ・ワッツ(Naomi Watts)。足元はあえてフラットサンダルで力を抜いたところもポイント。

モードなリュックサックに視線集中!

▼ダスティピンクリュックサック×デニムジャンプスーツ

写真:Backgrid/アフロ

ボディラインが際立つデニムのジャンプスーツをスタイリッシュに着こなすスキ・ウォーターハウス(Suki Waterhouse)。バッグはモードなデザインのダスティピンクのリュックを合わせてキメ過ぎないスタイリングに。

クラッチバッグはリゾート風コーデにマッチ

▼ダスティピンククラッチバッグ×デニムオールインワン

写真:Backgrid/アフロ

デニムのオールインワンにストローハットのリゾート風コーデにダスティピンクのスクエアクラッチバッグを合わせたジェシカ・アルバ(Jessica Alba)。バッグとカーディガン、サンダルを同じカラーで統一したことで、力を抜きすぎない女性らしいリラックススタイルが完成。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW