30代におすすめの「結婚式ワンピース」はこれ!【32選】
FASHION

30代におすすめの「結婚式ワンピース」はこれ!【32選】

2020/03/18

30代になると、友人はもちろん、親族や会社関係など結婚式のお呼ばれの幅が広がるもの。シーンに合わせて「結婚式ワンピース」をセレクトしたいけれど、どんなデザインや色を選べばいいのか迷ってしまうことが多いのも事実……。そこで、結婚式にピッタリな、アラサー世代におすすめのワンピースを色別にご紹介。シンプルなワンピースの着こなし方やぽっちゃりさんの着やせテクも必見です!

まずは結婚式の【服装マナー】を確認

まずは結婚式の【服装マナー】を確認のイメージ画像

服装マナーが細かくある結婚式。ネットで調べてみても、サイトによって書いていることがバラバラで、よけいに混乱してしまうことも......。「知らなかった」では許されないアラサー女子は、絶対にマナー違反は避けたいところ。そこで、まずは最低限のマナーを再確認! 今まで良かれと思っていたことも、もしかするとマナー違反かも!?

  1. ドレスの色とスカートの丈に注意
  2. バッグやアクセサリーもマナーが盛りだくさん
  3. 足元も油断禁物!

(1)ドレスの色とスカートの丈に注意

花嫁と被る「白」のドレスは絶対にNG ピンクベージュシルバーなどは光の加減で白く見える可能性大なので、スタイリングには要注意。また、「黒」のドレスも喪服を連想させてしまうので、ショールや小物で色味をプラスして全身黒コーデは避けるのが◎
 
スカートの丈はアラサー女子なら「ひざが隠れる長さ」がベスト。挙式や昼に行われる披露宴では、ひざ上10センチ以上のミニ丈はマナー違反
 
基本的に肩を出した服装はNGなので、ノースリーブのワンピースを着るときには羽織りものが必須です。ただし、カジュアルな挙式や夜の披露宴ではノースリーブでOKな場合も。

(2)アクセサリーやバッグもマナーが盛りだくさん

アクセサリーは、時間帯によってマナーが異なります。昼間は光り物がNG「パール」のアクセサリーだと昼も夜もOKなので、シンプルな「一連のパールネックレス」をひとつ持っておくと便利♪

揺れるタイプのイヤリング・ピアスは「家庭が揺れる」など縁起が悪く、マナー違反と思われることもあるので、避けたほうが無難です。
 
バッグは、素材に注意が必要。 動物革、ファー、紙、布地などのバッグはNG。フォーマル感のある小さめのものを選びましょう。 

(3)足元も油断禁物!

足元は、原則としてベージュのナチュラルストッキングのみOK。黒タイツ、カラータイツ、網タイツ、素足はマナー違反になります。
 
靴は、つま先やかかとが見えない5センチ以上のパンプスがGOOD! ブーツやカジュアルなサンダルはNGです。パンプスは、バッグの色に合わせるとスタイリングに統一感が出るので、同じ色のバッグとパンプスを結婚式用で1セット用意すると重宝します。

おすすめの【ブランド】5選

服装マナーを再確認したあとは、アラサーにおすすめのブランドをチェック! ここではMINEがリサーチした選りすぐりのブランドを5つご紹介。“かわいい”と“きれい”のどちらも手に入れたい大人女子にぴったりのブランドばかりだから、急にドレスが必要になったときや、ドレスを新調したいときなどに、ぜひ参考にしてみて!

「GIRL(ガール)」

「GIRL(ガール)」のワンピースの画像

特別な日だけではなく、もっと気軽にもっと自由にドレスを楽しみたい……! そんな女性に向けて、結婚式や入学式、卒業式などのあらゆるオケージョンで使えるドレス&ワンピースを、手に届きやすいプライスで提案。アクセサリーやバッグなどの小物の展開も豊富なので、ひとつのブランドだけでトータルコーディネートが叶うのもうれしい!

「AIMER(エメ)」

「AIMER(エメ)」のワンピースの画像

国内初のカラードレス専門店として誕生した「AIMER」。パーティードレス、ステージドレス、ウエディングドレス、ブラックフォーマルの4アイテムを柱にドレスアップアイテムを提案しており、フェミニンでクラシカルなデザインが得意。より大人っぽく決めるなら、シンプルで都会的なデザインの「Aimer Acret(エメ エクレ)」がおすすめ。

「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」

「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」のワンピースの画像

言わずと知れたレディース・メンズのセレクトショップである「URBAN RESEARCH」。カジュアルなアイテムが多いと思いきや、ドレスラインもかなり充実している。シルエットや形がきれいな洗練されたデザインに、さりげなく流行を取り入れている点が特徴。フェミニンなデザインが好きな人は、同じレーベルの「URBAN RESEARCH ROSSO(アーバンリサーチ ロッソ)」もおすすめ。

「CELFORD(セルフォード)」

「CELFORD(セルフォード)」のワンピースの画像

今、じわじわ人気が出ている「CELFORD」は、30代~40代をメインターゲットとして、気品と華のあるファッションを提案サイズも34から展開しているので、小柄な女性にもおすすめのブランド女性の身体を美しく見せるシルエットを意識して作っているので、一枚でスタイルアップが叶うドレスが見つかるはず♪

「GRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)」

「GRACE CONTINENTAL(グレースコンチネンタル)」のワンピースの画像

エレガントでいるために妥協を許さない女性をターゲットに、大人女子の勝負服にふさわしいデザイン性に富んだドレスを取り扱っている。オリジナリティあふれる洗練されたデザインばかりなので、まわりと被りたくない! という人におすすめです。

【ネイビー】はエレガントに仕上がる

信頼感や知的なイメージを演出してくれる「ネイビー」ワンピースは、エレガントで落ち着いた雰囲気。目立ちすぎない上品な華やかさなので、“親族の結婚式”におすすめ。ネイビーをまとえば、好感度の高いオケージョンスタイルが即完成。ベーシックカラーだから、小物で色を投入してもなじみやすいのがうれしい!

親族の結婚式には、きちんとした【ネイビー】

▼ネイビーレースワンピース×赤バッグ×黒パンプス

ネイビーレースワンピース×赤バッグ×黒パンプスのコーデ画像

オーガンジーにレース加工を施したネイビーワンピース。フレンチスリーブやウエストをさりげなく絞ったシルエットが、レディなきちんと感を演出してくれるポイント。落ち着いたネイビーなら、ひざ丈ワンピースをぐっと大人っぽく着こなせます。

▼ネイビーワンピース×アイボリークラッチ×赤パンプス

ネイビーワンピース×アイボリークラッチ×赤パンプスのコーデ画像

ロング丈ワンピースのときは、上半身がコンパクトなタイプを選ぶと、ダークカラードレスでもすっきりしたシルエットに。アイボリーのクラッチバッグと赤パンプスで、ほどよく華やかさをプラスして。

▼ネイビーレース×シフォンドッキングワンピース

ネイビーレース×シフォンドッキングワンピースのコーデ画像

トップスがレース素材に切り替えられたワンピースは、上品な透け感がエレガント。上半身に繊細レースをまとうことで顔映えが華やかになって、お祝い気分も盛り上がる! ビーズクラッチを添えて輝きをON。

袖ありタイプなら、寒い日でも羽織りいらず!

▼ネイビーチューリップスリーブワンピース

ネイビーチューリップスリーブワンピースのコーデ画像

袖ありタイプのワンピースなら、寒い季節のお呼ばれでも羽織りいらずで便利! 肩の露出が抑えられるので、挙式から披露宴、二次会まで一枚で過ごせるのもうれしい。チューリップスリーブは、動くたびにちら見えする素肌がレディさを加速してくれます。胸元のレース切り替えも上品なアクセント。

▼ネイビーフリルワンピース×シルバークラッチ

ネイビーフリルワンピース×シルバークラッチのコーデ画像

胸元のフリルやたっぷり入ったギャザーが立体感を演出してくれるワンピースは、一枚で奥行き感たっぷり。シルバーのクラッチバッグ&パールアクセサリーで、カラーレスな装いに華やぎを添えて。

▼ネイビーレース袖ワンピース

ネイビーレース袖ワンピースのコーデ画像

可憐なレース袖なら、シンプルなラインのワンピースも華やかに決まるので、あまりドレッシーにしたくないミニマル派の方も取り入れやすい。やりすぎない華やかさで、お相手の親族の方からの好感度もアップしそう!

▼ネイビーマキシ丈チュールワンピース

ネイビーマキシ丈チュールワンピースのコーデ画像

エアリーなチュールスカートタイプのワンピースなら、ネイビーの暗い色合いでも軽やか。マキシ丈でぐっと落ち着いた雰囲気に。丈の長いワンピースを着たいときは、スカートが広がりすぎないものを選ぶと、トゥーマッチにならずバランス◎。

▼ネイビードットチュール袖ワンピース

ネイビードットチュール袖ワンピースのコーデ画像

ドットチュール袖のワンピースは、レースよりも少しガーリーな雰囲気に仕上がる。その分、シルエットや合わせる小物で大人感を演出すると、30代らしい落ち着いた印象に。ミモレ丈のフィッシュテールスカートで大人シルエットを目指して。

【ピンク・レッド】でパッと華やかに

やわらかく大人かわいい表情に導いてくれる「ピンク」投入するだけで華やかさを演出してくれる「レッド」のワンピース。会場を華やかに彩り、写真映えも◎なので、“友人の結婚式”にぜひ着ていきたいアイテム。どちらも暖色で顔色をアップしてくれるので、疲労感や肌のくすみを一掃したいアラサー世代の強い味方です!

顔映りばっちり!ハッピーな【ピンク】

▼ピンクレースワンピース

ピンクレースワンピースのコーデ画像

ピンクは幸福感を感じさせてくれる色なので、お呼ばれコーデにぴったりなカラー。ロング丈や、前後差のあるスカートシルエットで大人っぽさを演出すれば、大人かわいいスタイルに。肌のツヤ感がアップして、若く見られる効果も!?

▼コーラルピンクレースワンピース

コーラルピンクレースワンピースのコーデ画像

オレンジがかったコーラルピンクなら、かわいい印象にプラスして健康的な雰囲気も演出できる! ノースリーブや足元の素肌見せがぐっとヘルシーに仕上がるのも高ポイント。明るい色の小物でヌケ感を作ればパーフェクト。

▼くすみピンクレース袖ワンピース

くすみピンクレース袖ワンピースのコーデ画像

くすみ感のあるピンクワンピースは、ふだん甘めスタイルが苦手な人でもトライしやすく、大人っぽい雰囲気を叶えてくれる。色味が落ち着いている分、レース素材をMIXしたデザインや、キラッと輝く小物使いで気分を盛り上げて。

▼パステルピンクワンピース

パステルピンクワンピースのコーデ画像

フェミニン度No.1のパステルピンクワンピースは、デザインで大人っぽさを表現するのがポイント。珍しい「しばり」デザインのウエストリボンや、胸元の技ありレースデザインで、一歩先行く大人の魅力を漂わせて。

▼ピンクワンピース×黒クラッチ×黒パンプス

ピンクワンピース×黒クラッチ×黒パンプスのコーデ画像

ピンクワンピースに合わせる小物に黒を選ぶと、ぐっと大人感が増して落ち着いた雰囲気に。可愛さとシャープさを兼ね備えた、アラサーならではの魅力を発揮してくれる組み合わせが◎。小物の色でワンピースの印象が大きく変化するので、なりたいイメージに合わせて調整をしてみて。

友人の結婚式にGOOD!会場に華を添える【レッド】

▼レッドフィッシュテールワンピース

レッドフィッシュテールワンピースのコーデ画像

華やかカラーのレッドワンピースは、会場に彩りを添えることができるので、花嫁さんからも喜ばれるセレクト。こちらのコーデのような深みのある落ち着いたレッドなら、大人っぽく着こなしやすいのでおすすめ。フィッシュテール&ウエストマークでスタイルアップも叶う!

▼レッドAラインワンピース

レッドAラインワンピースのコーデ画像

Aラインのワンピースは、ウエスト位置をカモフラージュすることで、脚の長さをカサ増し可能! 華やかなレッドと顔まわりのレースデザインで女性らしい仕上がりに。足元を黒で引き締めたら、クラッチバッグは明るめカラーで彩度を上げて。

▼レッドレースドッキングワンピース

レッドレースドッキングワンピースのコーデ画像

鮮やかなレッドは、ひざ丈ワンピースで適度に素肌見せするとヌケ感が生まれて好バランス。小物はベージュクラッチとパールネックレスでカラーレスにまとめるのがおしゃれに見えるコツ。ドレスに派手色を投入したら、小物で上手に引き算を。

【ブルー・グリーン】でセンスを光らせて

洗練された印象の「ブルー」、華やかさと落ち着きの調和を取りやすい「グリーン」。これらの寒色系ドレスはスタイリッシュに決まるので、“会社関係の結婚式”におすすめ。会場に彩りを添えるのはもちろん、知的な雰囲気も演出できるので、仕事関係の方から一目置かれるかも!

他のゲストと差をつける、洗練された【ブルー】

▼ブルーワンピース×アイボリー小物

ブルーワンピース×アイボリー小物のコーデ画像

ロング丈のブルーワンピースは、裾の大胆なレースがフェミニンで素敵。キュッとウエストマークすることでスタイルアップも叶う。優しげなアイボリーの小物を合わせて爽やかにまとめて。

▼ブルーレース袖ワンピース

ブルーレース袖ワンピースのコーデ画像

繊細なレース袖ワンピースも、寒色系のブルーなら甘さひかえめ。ほどよいツヤ感で光をまとえば、さりげない華やかさを演出できる。黒のクラッチバッグで引き締めて、きちんと感をより高めて。

▼パステルブルーワンピース

パステルブルーワンピースのコーデ画像

スタイリッシュなブルーのなかでも、ちょっと甘めに仕上がるのがパステルブルーのワンピース。やわらかな色合いが、表情を優しげにメイクしてくれる! キラッと輝くシルバークラッチでスパイスを加えると大人顔。

▼くすみブルーワンピース

くすみブルーワンピースのコーデ画像

スモーキーなくすみブルーのワンピースは、より大人っぽい雰囲気にしたいときに。胸元の切り替えでレースを施したデザインなら、目線が上に集中してスラッと見えが実現! ひらりと揺れるフレアスリーブも女性らしいアクセント。

▼ブルーケープスリーブワンピース

ブルーケープスリーブワンピースのコーデ画像

人気のケープスリーブワンピースをブルーで取り入れるなら、大胆なレース使いで奥行きと華やかさを演出して。モードなフォルムでセンスが光るコーデに。スカートのシルエットはタイトを選べば大人っぽくスタイルアップ!

▼ロイヤルブルーワンピース

ロイヤルブルーワンピースのコーデ画像

鮮やかなロイヤルブルーは、高貴な印象をもたらしてくれる色。ワンピースの色味が強めなので、小物は明るい色を取り入れてヌケ感を意識して。アイボリーやシルバーを散りばめると軽さが出るので試してみて。

秋冬におすすめ、上品でオトナな【グリーン】

▼グリーンウエストリボンワンピース

グリーンウエストリボンワンピースのコーデ画像

深みのあるグリーンワンピースは、秋冬におすすめのカラー。ほどよい華やかさと大人っぽい落ち着きをあわせもつ色なので、アラサー世代にぴったりです。ウエストの大きなリボンで、落ち着きのなかに可愛さをON。知的なカラーだからこそ、甘めデザインを投入しやすい!

▼グリーンショルダーレースワンピース

グリーンショルダーレースワンピースのコーデ画像

すっと縦長なIラインと、袖を華やかに飾るショルダーレースが上品なワンピースは、深みグリーンで大人っぽく。アイボリーの小物で清潔感を添えて、より好感度の高いお呼ばれコーデに。

▼グリーンレースワンピース

グリーンレースワンピースのコーデ画像

ドットチュールとレースを組み合わせた繊細なデザインがクラス感たっぷりなワンピースは、くすみグリーンでリュクシーに。存在感のあるマキシ丈も、ストンと落ちる縦長シルエットなら、ドレッシーになりすぎない。

▼グリーンシフォンロング丈ワンピース

グリーンシフォンロング丈ワンピースのコーデ画像

ふわっと揺れてエアリーなシフォン素材のロングワンピースは、深みグリーンのダークな色合いを軽やかにシフトさせてくれる効果アリ。フラットな素材感で地味見えしないように、たっぷりギャザー&イレヘムデザインで奥行きを作ってみて。

【シンプル】なワンピースは小物で盛り上げる

一枚で華やかになるレース&フリルのワンピースも素敵だけれど、たまにはシンプルなワンピースを着てすっきり大人っぽくまとめたい……! そんな人に向けて、ここでは【シンプル】なワンピースの“小物盛り”を伝授。シンプルなデザインだから、ふだんでも着回せちゃうのがうれしい♪ 小物で晴れの日仕様に変身させるスタイリング術は必見です!

袖付きドレープロングワンピース

袖付きドレープロングワンピースの画像

ギャザーたっぷりのマスタードイエローのロングワンピース。ウエストに切り替えがあるので、一枚でスタイルアップが叶う。袖付きだから羽織りもの要らず! ただこれ一枚だけだと、晴れやかな結婚式にはいまいち物足りない印象に……。では、どんなアクセサリーを合わせればいいの

▼暖色のワンピースはゴールドアクセが◎

暖色のワンピースはゴールドアクセが◎の画像

前掲のワンピースに、上品なゴールド小物でエレガントさをプラス。暖色のワンピースにはゴールドアクセ、寒色のワンピースにはシルバーアクセがマッチすることを頭の片隅に置いておくと、スタイリングもスムーズに進むはず。エネルギッシュなマスタードイエローとエレガントなゴールドを味方につけて、気分を盛り上げて♪

ラメチュールワンピース

ラメチュールワンピースの画像

2020春大注目のシースルーワンピース。細やかなラメが大人っぽい華やかさをON。胸元のシースルーが艶っぽさを演出してくれる。でも、エアリーな素材は一歩まちがえるとカジュアルな印象になりがち……。そんなときこそ、“小物盛り”の術でオケージョンスタイルに昇華させるべし

▼小物をシックな黒で統一して緊張感をもたせる

小物をシックな黒で統一して緊張感をもたせたコーデ画像

前掲のワンピースに、シックな黒で小物を投入すると、軽快な雰囲気がうまく引き締まって、一気にお呼ばれスタイルにシフトチェンジ。バッグはミニマムなものを選ぶと、高級感が倍増して◎。フェミニンよりもクールでスタイリッシュな装いが好きな人は、ぜひチャレンジしてみて。

ストレートドレープワンピース

ストレートドレープワンピースの画像

シンプルなワンピースかと思いきや、ウエストにさりげないアクセントが添えられた、遊び心のあるストレートドレープワンピース。ノースリーブは中に着るインナーで表情を変えられるから、着回し力抜群! 女子会ならカーディガン合わせ、旅行ならTシャツ合わせ……。では、結婚式には何をチョイスするべき!?

▼レースブラウスとパールで華やぎをUP

レースブラウスとパールで華やぎをUPしたコーデ画像

晴れの日なら、前掲のワンピースのインナーにレースブラウスを仕込んで特別感を演出。パールネックレスで品格をプラスすると、オケージョンワンピースに引けを取らないラグジュアリーなスタイリングに変身できる。

【ぽっちゃりさん】の着やせを叶えるコツ

薄手の生地だから自然と身体のラインが出てしまう、お呼ばれワンピース。しかも一枚で着ることが多いため、重ね着などのカバーはできず、ぽっちゃりさんにとっては悩みのタネ。そんな長年のお悩みを解決する“着やせ術”をMINEがご紹介。着やせするには、シルエットの作り方が重要なんです!

上半身のボリュームがお悩みならXラインを作る

上半身のボリュームがお悩みならXラインを作るのイメージ画像

上半身のボリュームが気になる人は、ウエストマークのあるものorウエスト切り替えがあるもので「Xラインを作る」のが着やせのポイント。スカートの裾の広がりでXラインを作ると、上半身と下半身のバランスがうまく取れる。また、首まわりがつまったデザインよりも、ほどよく開いたものの方が、上半身のボリュームをうまく軽減してくれるから◎。

下半身のボリュームがお悩みならAラインを作る

下半身のボリュームがお悩みならAラインを作るのイメージ画像

下半身のボリュームが気になる人は、下にストンと落ちたAラインのワンピースを。ウエストから下が末広がりなものを選ぶと、ボリュームのある腰や太ももなどをカバーできてGOOD! スカートの丈は、足の太い部分より長めの丈を選ぶと、スラッと見えも叶うはず♪

どちらも気になる人はⅩラインとAラインをあわせもつものが◎

どちらも気になる人はⅩラインとAラインをあわせもつものが◎の画像

上半身、下半身のどちらともボリュームが気になる人は、XラインとAラインを絶妙にあわせもつデザインを探してみて。高い位置のウエスマークは脚長効果抜群! スカートは丈が長めで、ギャザーなど下にボリュームがあるデザインを選ぶと、下半身をうまくカバーしつつ、美バランスを保ってくれる。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW