白ジャケットを『テイスト別』にオン・オフ着まわし!お手本コーデ【25選 】
FASHION

白ジャケットを『テイスト別』にオン・オフ着まわし!お手本コーデ【25選 】

2020/04/10

カジュアル、オフィス、さらにはフォーマルなシーンにもOKな「白ジャケット」は、軽い羽織りがほしいときにおすすめのアイテム。今回は、そんな万能「白ジャケット」をおしゃれに着こなすコツを、3つのテイストに分けてご紹介。ぜひ参考にして、季節の着こなし幅を広げてみて。

【カジュアルコーデ】でラフに

まずは、白ジャケットをカジュアルに着こなしたお手本コーデからご紹介。ジャケットのきちんと感と白のクリーンさがクラス感を漂わせてくれるので、 カジュアルに着こなしても大人っぽく決まるのがうれしい。

春コーデ

▼抜き襟でこなれ感を演出

抜き襟でこなれ感を演出したコーデ画像

黒のキャミソールにコーデュロイ素材のジャケットをざっくりとON。抜き襟にすることで、大人の抜け感とヘルシーさが手に入ります。ウエストのレースが魅力のラフなパンツを合わせ、リラクシーな雰囲気を漂わせて。

▼ロゴT合わせで個性を出して

ロゴT合わせで個性を出したコーデ画像

ロゴTシャツ×デニムの定番カジュアルコーデに、ダブルボタンのテーラードジャケットを重ね着。ロゴで個性を演出しつつ、白ジャケットを肩かけすれば一気に華やかに。小物はTシャツと同トーンの淡いブラウンで、統一感を意識。

▼ペールトーンでそろえて女性らしく

ペールトーンでそろえて女性らしくしたコーデ画像

白のデニムジャケットの袖を少しまくり、ロゴTシャツを合わせることで、堅くなりがちなデニムコーデも軽やかに仕上がります。ふわっと揺れるグレーのフレアスカートを取り入れて、女性らしい色合いの凜としたスタイルに。

▼ワントーンコーデにメリハリを

ワントーンコーデにメリハリを出したコーデ画像

清潔感たっぷりのオールホワイトの上下に、アイボリーのコーデュロイのジャケットを重ね着。アイボリーの優しい色合いが、着こなしをグッと女性的に見せてくれます。足元にはスリッパサンダルを添えて、ラフなワントーンコーデに。

秋冬コーデ

▼フーディー合わせでとことんカジュアルに

フーディー合わせでとことんカジュアルにしたコーデ画像

昨年に引き続きトレンドの予感のCPOジャケットを使ったカジュアルコーデ。オーバーサイズの白ジャケットなら、ボリュームのあるフーディーを合わせても着ぶくれの心配なし。ボトムスにはニットパンツを合わせて、季節感あふれる冬の装いに。

▼コーデュロイ素材は秋冬にマスト

コーデュロイ素材は秋冬にマストのコーデ画像

ジャケット、パンツともにコーデュロイ素材で統一させた、ベーシックカラーの秋コーデ。ドロップショルダーのコーデュロイジャケットは、季節感とトレンド感を合わせもつ万能アイテム。革製のハンドバッグで、ほんのりリッチな雰囲気を醸し出して。

【きれいめコーデ】でよそ行きスタイルに

 こちらでは、ちょっとしたお出かけから特別な日まで、シーンに合わせた白ジャケットのきれいめスタイルをご紹介。ワントーンでそろえたり小物で外したりと、お好みの着こなしを楽しんで。

春夏コーデ

▼マウンテンパーカーでリズミカルなシルエットに

マウンテンパーカーでリズミカルなシルエットにしたコーデ画像

ハリのあるマウンテンパーカーは、シャキッと決めたい春の着こなしにぴったり。さりげないロゴが可愛らしいTシャツの上にざっくりと羽織り、ボトムスにロングフレアスカートを合わせれば、乙女心をくすぐる白のワントーンコーデが完成。

▼花柄ワンピースに愛らしさをプラス

花柄ワンピースに愛らしさをプラスしたコーデ画像

一枚でサマになる小花柄のロングワンピースの甘さを、コットン素材のフード付き白ジャケットで引き算した装い。黒のビットローファーとパールのピアスで、統一感と彩りをプラス。

秋冬コーデ

▼タイトスカート合わせでシルエットにギャップをON

タイトスカート合わせでシルエットにギャップをONしたコーデ画像

たっぷりと厚みのあるメルトン素材のジャケットを羽織り、タートルネックを合わせた温もりあふれる装い。深いスリットが入った細かいチェック柄のタイトスカートでさりげなく個性を演出しつつ、ジャケットの抜き襟でトレンド感も添えて。

▼ショート丈×リブスカートでスタイルアップ

ショート丈×リブスカートでスタイルアップしたコーデ画像

大きめのボタンが可愛らしい、ボリュームたっぷりの白ジャケット。ストンとしたシルエットのリブスカートを合わせて縦ラインを意識し、全体をバランスよく。レオパード柄のショルダーバッグで、オールホワイトコーデにさりげないパンチをプラス。

【オフィス/フォーマルコーデ】できちんと感を

オフィスやフォーマルなシーンでも、白ジャケットは大活躍。きちんと感を意識すれば、おしゃれな「オン」コーデが狙えます。 清潔感を呼びこんでくれるので、好印象な着こなしになること間違いなし。

春夏コーデ

▼スニーカーでほどよい抜け感をプラス

スニーカーでほどよい抜け感をプラスしたコーデ画像

フォーマルな白ジャケットのセットアップにスニーカーを合わせると、気取りすぎないハンサムなコーデへシフト。足元しだいでさまざまなテイストに着こなせるセットアップは、持っていて損はなし。

▼クリアバッグできちんとスタイルにユーモアを添えて

クリアバッグできちんとスタイルにユーモアを添えたコーデ画像

リネン素材が涼しげな、着心地抜群のセットアップ。インナーにはVネックの黒トップスを合わせ、大人のきちんと感を演出。小物にはクリアのサークルバッグを選び、端正な表情にユーモアをプラス。

▼ツイードジャケットはお呼ばれにも最適

ツイードジャケットはお呼ばれにも最適のコーデ画像

黒のラインがアクセントになったきちんと感のあるツイードジャケットを、あえてストレートデニムで外すことで、親しみやすい印象に。ピンヒールを添えれば、グッと抜け感のある装いに。

▼オーバーサイズでリラクシーに

オーバーサイズでリラクシーにしたコーデ画像

こちらはオーバーサイズの白ジャケットでエアリーに仕上げた、大人のモノトーンコーデ。上下ネイビーの王道シンプルスタイルにざっくりと羽織ったら、大人の品格漂う正統派の装いに。手元のシルバーリングが旬な雰囲気。

秋冬コーデ

▼タートルネック合わせできちんと感と温もりを両立

タートルネック合わせできちんと感と温もりを両立したコーデ画像

ノーカラーの白ジャケットを主役に、その他を黒でまとめた上品なオフィススタイル。タートルネック合わせなら、ジャケットの魅力を活かしつつ、季節感を損なわない装いに。ボトムスには総レースの膝丈スカートとストッキングを合わせて、さりげなく色気を漂わせて。

▼ウエストマークでメリハリをつけて

ウエストマークでメリハリをつけたコーデ画像

胸元のポケットとグレーのラインが特徴的な、ミリタリーテイストのノーカラージャケット。ベーシックなテーパードパンツと合わせてベルトでウエストマークすれば、メリハリがつき、オフィスにもぴったりなスタイリングに。

【デザイン別】のコーデ例

白ジャケットと一口に言っても、デザインによって印象ががらりと変わるので、なりたい雰囲気に合わせたジャケットを選ぶことが大事。こちらでは、そんな白ジャケットのお手本コーデをデザイン別にご紹介

テーラードジャケット

▼セットアップで簡単きちんとスタイル

セットアップで簡単きちんとスタイルのコーデ画像

かっちりとした印象が強いテーラードジャケットも、オーバーサイズを選べばラフで親しみやすい雰囲気に。同色のワイドパンツを合わせ、統一感あるエフォートレスな装いを完成させて。

▼色あせデニム合わせで正統派

色あせデニム合わせで正統派のコーデ画像

ライトブルーの色あせデニム×肩かけ白ジャケットは、大人のこなれ感を演出してくれる組み合わせ。白のロンTをチラ見せしてラフさを演出しつつ、トップスインで脚長効果も狙って。小物にはビニールバッグと足袋パンプスを選び、しっかりトレンド感を意識。

ノーカラージャケット

▼肩かけでこなれ感あふれるワントーンコーデに

肩かけでこなれ感あふれるワントーンコーデにしたコーデ画像

深いVネックからのぞくパープルのインナーでさりげなく色気を醸し出した、白のワントーンコーデ。まだまだ寒い春の陽気にもぴったりな、軽い素材感のコーデュロイジャケットを肩かけして、全体のシルエットに立体感をもたせて。

デニムジャケット

▼プリントTシャツ×デニムで王道カジュアルスタイル

プリントTシャツ×デニムで王道カジュアルスタイルのコーデ画像

袖のデザインとドロップショルダーが大人可愛い、白のデニムジャケット。大胆なプリントTシャツをのぞかせるときは、ボトムスにベーシックカラーのスカートを選ぶのが大人女子流。

ボア/ファージャケット

▼タートルネック×ボアジャケットで温もりを感じさせて

タートルネック×ボアジャケットで温もりを感じさせたコーデ画像

乙女心あふれる、オーバーサイズのボアジャケット。ゆったりとしたタートルネックを合わせることで、温もりのあるコンフォートな装いに。クリーミーなミントグリーンのプリーツスカートを合わせれば、甘やかなムードたっぷり。

【プチプラ】の白ジャケットなら初心者さんにも◎

さまざまなブランドから出ている白ジャケットですが、プチプラかつハイクオリティでおなじみの「ユニクロ(UNIQLO)」と「ジーユー(GU)」からも出ているんです。初心者さんにもオススメなコーデを3選お届けします。

「ユニクロ」

▼ロング丈で存在感を主張して

ロング丈で存在感を主張したコーデ画像

着こなしをよりクリーンに仕上げる、オーバーサイズのロング丈白ジャケット。同色のセンタープレスパンツを合わせ、トップスと靴にブルーを散りばめたら、爽やかな雰囲気漂う春のマリンコーデに。

▼トレンドカラーと合わせた旬の装い

トレンドカラーと合わせた旬の装いのコーデ画像

今季トレンドのシャーベットグリーンのワンピースを取り入れた、春らしい雰囲気たっぷりのフェミニンコーデ。ジャージ素材のリラックス感ある白ジャケットと同色のチュールスカートを重ね、旬を意識した装いに。

「ジーユー」

▼フレアパンツ合わせでモードに

フレアパンツ合わせでモードにしたコーデ画像

ビビッドなオレンジ色のフレアパンツを主役に、白のコーデュロイジャケットの肩を落として羽織ったモードな装い。厚底のサンダルと合わせて美脚効果を狙いつつ、抜き襟でこなれ感も意識して。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW