FASHION

白ジャケットを【3テイスト別】にオン・オフ徹底着まわし!お手本コーデ22選

2019/04/24

カジュアル、オフィス、さらにはフォーマルシーンにもOKな「白ジャケット」は、軽い羽織りが欲しくなる春・秋にオススメなアイテム。どんなテイストもおしゃれに仕上げてくれるので、一度使うと手放せなくなるはず!
そんな万能「白ジャケット」をおしゃれに着こなすコツを、3つのテイストに分けてご紹介。ぜひTRYしてみて。

白ジャケットを「カジュアルコーデ」でラフに

まずは、白ジャケットをカジュアルに着こなしたお手本コーデからご紹介。ジャケットのきちんと感と白のクリーンさがクラス感を漂わせてくれるので、 カジュアルに着こなしても大人っぽく決まるのが嬉しいポイント!

「Tシャツ」でラフさをプラス

▼ロゴTシャツで白ジャケットをカジュアルダウン

白ジャケット×パンツセットアップのインナーに、キャッチーなロゴがアクセントのTシャツをIN。きちんと感をキープしつつ、Tシャツでラフな印象を加えることで親しみやすいデイリーコーデにシフト。パッと目を惹く赤ロゴが目線アップにもお役立ち。

▼色味を抑えて大人カジュアルに

同じロゴTシャツでも、プリントの色味を抑えるとぐっと大人っぽい雰囲気に。デニムを合わせてカジュアルにまとめたら、シルバーパンプスで足元にエッジを効かせて白ジャケットコーデをランクアップ!

▼Tシャツとキャップを使ってテイストMIX

白ジャケットでハンサムさ、ドットスカートで女っぽさ、Tシャツとキャップでカジュアルさを表現した3テイストMIXコーデ。異なるテイストを織り交ぜることで奥行きたっぷりな装いに。フィッシュネットバッグでトレンド感もバッチリ。

「デニムパンツ」でカジュアルダウン

▼白ジャケット×ブルーデニムの爽やかカジュアル

白ジャケットをブルーデニムでカジュアルダウンした、爽やかな配色が春夏らしいコーデ。首元のスカーフで今っぽさも◎。足元の赤パンプスをアクセントにしたフレンチカジュアルな雰囲気が素敵!

▼黒で引き締めてスタイリッシュに

インナーを黒にチェンジして引き締めると、スタイリッシュな印象にシフト。小物も白ジャケットになじむベージュ系でカラーレスに仕上げれば、洗練された大人のカジュアルコーデが完成。

「とろみスカート」で女っぽく

▼ニットスカートでレディなシルエットをON

白ジャケットに柔らかなニットスカートを合わせて、レディなシルエットに。キュッとウエストマークすることで、ウエストの華奢さと腰の丸みが際立ってより女っぽい仕上がりが実現。インナーのロックT&大きなかごバッグがカジュアルなアクセント。

次ページ> 白ジャケットで「オフィススタイル」にきちんと感を
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW