結婚式コーデ【3つのNGポイント】を避けて!マネしたい正解コーデ19選
FASHION

結婚式コーデ【3つのNGポイント】を避けて!マネしたい正解コーデ19選

2020/03/16

結婚式にお呼ばれしたときに、意外と悩んでしまうのが結婚式コーデのマナー。NGコーデで出かけたら、せっかくのお祝いムードを台無しにしてしまうかも……。そこで、「結婚式のお呼ばれコーデ」NGポイントやマナーをレクチャー。オススメの靴・バッグ・アウターや、おしゃれなお手本コーデも合わせてご紹介します。

結婚式コーデ【3つのNGポイント】

結婚式は新郎新婦の晴れ舞台。主役は花嫁さんなので、お呼ばれコーデは程よく華やかに、でも目立ちすぎないように注意が必要。具体的にどんなことに注意すればいいのか、3つのポイントをまとめました。NGポイントを避けて、心からお祝いする準備をしましょう!

  1. 全身白はNG
  2. 基本的に肩出しはNG
  3. 花モチーフや動物を使ったアイテムはNG

(1)全身白はNG

絶対にNGなのは、全身白でまとめること。ウエディングドレスを連想させる白は、花嫁さんの特権カラー。写真に映ると白に近く見える淡いアイボリーも避けたほうが無難です。喪服を連想させるような真っ黒もNG。黒を着たいときは、羽織りものや小物で華やかさをプラスしたり、透け素材でエアリーさを演出して。

(2)基本的に肩出しはNG

結婚式は、基本的に肩を出すのはNG。ただ、夜の披露宴や二次会は適度な肌見せはOKなので、招待された時間帯によって調整を。露出の多いベアトップワンピやミニ丈は結婚式には向かないアイテム。ノースリーブの場合はボレロやストールを羽織ると安心です。

基本的に肩出しはNGのイメージ画像

(3)花モチーフや動物を使ったアイテムはNG

結婚式のお呼ばれコーデで避けるべきアイテムは、花モチーフや動物の皮革などを使った小物。
花モチーフは花嫁さんがつけるものなので、招待された側はNG。また、揺れるデザインの大ぶりピアスやイヤリングは、家庭が揺れるイメージを連想させるので避けるのがベター。
動物革(レザー)やファーは殺生をイメージさせるので、お祝いの場にはふさわしくありません。

花モチーフや動物を使ったアイテムはNGのイメージ画像

【シューズ】のマナー

次は、結婚式コーデの「シューズ」に関するマナーについてスタディ! 黒タイツ・カラータイツ・編みタイツ・素足はNGなので、ストッキングで上品に仕上げるのがベスト。「ベージュのストッキング&5cm以上のヒールパンプス」なら、間違いなし!

シンプルなパンプスが◎

シンプルなパンプスの画像

結婚式では、サンダルやミュールなど、つま先とかかとが出る靴はNG。また、ブーツもフォーマルシーンには合いません。もし迷ってしまったら、飾りのないシンプルなパンプスを合わせるのが失敗ゼロで安心。

つま先とかかとが隠れていれば◎

つま先とかかとが隠れていれば◎のイメージ画像

つま先とかかとが隠れていれば、レース素材やサテンなどの華やかなデザインをセレクトしてもOK。ただ、大きなモチーフが付いていたりするとトゥーマッチになってしまうので、あくまでひかえめで上品なデザインであることを忘れずに。

【バッグ】のマナー

結婚式コーデに欠かせない「バッグ」のマナーもチェックしましょう!
ロゴやキャラクターが大胆にあしらわれたブランドバッグや、カジュアル素材・動物の皮革などを使ったアイテムはNG。また、披露宴会場でひざの上やイスの背もたれ部分に置きやすい小さめタイプを選ぶのもポイントです。大きすぎるバッグは、フォーマルな雰囲気を崩すので避けて。

OKバッグ【1】『クラッチバッグ』

OKバッグ【1】『クラッチバッグ』の画像

結婚式コーデに相性抜群なのは、小さめで上品なクラッチバッグ。チェーン付きのものなら、肩にかけることもできるので便利です。ドレスもしくは靴やアクセサリーなどの小物と色を合わせると、コーデに統一感が生まれます。

OKバッグ【2】『小さめのハンドバッグ』

OKバッグ【2】『小さめのハンドバッグ』の画像

小さめのハンドバッグは、上品な装いにマッチするアイテム。飾りのないシンプルなドレスの場合は、こちらのようなパールやレースで華やかに飾ったバッグを投入すると、着こなしに奥行きが生まれて◎。

【春夏】お手本!結婚式コーデ

春夏は、さわやかな季節感を意識した結婚式コーデを目指して。オーソドックスなスーツの場合は、光沢感のある小物などを取り入れて明るさをプラスすれば地味になりません。

ワンピース編

▼透け感のあるチュールスカートワンピース

透け感のあるチュールスカートワンピースのコーデ画像

結婚式のみならず、さまざまなお呼ばれシーンで活躍しそうな上品な透け感のあるワンピース。落ち着いたグレーがチュールスカートの甘めガーリーな雰囲気を、大人っぽく仕上げてくれます。

▼肩が少し隠れるノースリーブワンピース

肩が少し隠れるノースリーブワンピースのコーデ画像

肩が出るノースリーブワンピースの場合は、羽織りもので隠すのがマナーですが、このように肩が少し隠れるくらいのデザインだったら、一枚でさらりと着こなしてもOK。デコルテをきれいに見せたカシュクールワンピースで女っぽさがMAXに。

▼バックリボンのワンピース

バックリボンのワンピースのコーデ画像

トレンドカラーのくすみピンクが落ち着いた華やぎを演出してくれるワンピースは、ウエストのバックリボンで全方位美人見え! 後ろ姿まで気を配ると、より品のある雰囲気に。ワンピースになじむベージュのハンドバッグを添えて。

パンツ編

▼ノースリーブブラウスのパンツスーツ

ノースリーブブラウスのパンツスーツのコーデ画像

オフィスシーンや冠婚葬祭にも着まわしがきくオーソドックスなパンツスーツ。結婚式では、ノースリーブにオーガンジーストールを羽織って肌見せをカバー。ストールは、フロント結びをせずに、羽織っただけのほうが今っぽいスタイルに。

▼ペプラムブラウスで立ち姿もキレイに

ペプラムブラウスで立ち姿もキレイしたコーデ画像

ビスチェ風にあしらったペプラムブラウスは、大人の上品さとかわいさを底上げしてくれます。ウエスト切替え部分が高い位置にあるため脚長効果が抜群で、立ち姿をきれいに見せてくれます。

▼セットアップのパンツドレス

セットアップのパンツドレスのコーデ画像

セットアップのパンツスーツは、丈短めのトップスと切替え部分のフリルがスタイルUPのポイント。視線が上にいくので脚が長く見えます。流れるようなオーガンジー素材がフォーマルな雰囲気。

【秋冬】のトレンド!結婚式コーデ

秋冬は季節にふさわしく、大人女子に合う落ち着いた色のドレスをセレクトして。シックな装いのなかに、上品さと華やかさを漂わせるのがおすすめ。

ワンピース編

▼2020トレンドカラー!クラシックブルーのワンピース

2020トレンドカラー!クラシックブルーのワンピースのコーデ画像

繊細なレースが品のよさを漂わせるロング丈ワンピースは、トレンドのクラシックブルーをセレクトすると、甘さひかえめで大人っぽい雰囲気に。ドレープが美しいサテンクラッチと黒パンプスでピリッと引き締めて。

▼異素材MIXのIラインワンピース

異素材MIXのIラインワンピースのコーデ画像

袖に異素材をMIXしたデザインなら、黒ワンピースでもオケージョンにふさわしい華やかさ。デザインポイントは袖一点に絞って、その他はシンプルにまとめて。Iラインでスタイルアップも期待できちゃう。

▼ツーピースに見えるワンピース

ツーピースに見えるワンピースのコーデ画像

こちらはツーピースに見えて、実はつながっているワンピース。ワードローブにあるタイトスカートを活用して総レースのブラウスに合わせても、写真のようなフォーマルコーデを作れます。

パンツ編

▼パールビジュー付きオールインワン

パールビジュー付きオールインワンのコーデ画像

トップスの白は、ストールなどで隠して分量を少なめにすれば結婚式などでもOK。モノトーンがシャープな雰囲気でスタイリッシュな装いに。トップスのビジューな装飾が適度な華やかさをプラスしてくれる。

▼深みグリーンのブラウス×セットアップのパンツスーツ

深みグリーンのブラウス×セットアップのパンツスーツのコーデ画像

深みのあるグリーンが、大人な雰囲気を盛り上げてくれるセットアップのパンツスーツ。テーパードパンツならすっきりスタイリッシュに決まるので、フォーマルドレスの甘さが苦手な方も、抵抗なく着こなせるはず。明るい色の小物でフォーマル感を出して。

▼ビスチェワイドパンツのドレス

ビスチェワイドパンツのドレスのコーデ画像

秋の人気色キャメルのビスチェドレスに、同系色の透け感のあるブラウスをレイヤードした結婚式コーデ。ぼやけがちな色のドレスを、バッグやパンプスの黒が引き締めてくれます。

【アウター】冬の結婚式にピッタリのコート3選

寒い季節に行われる結婚式で、意外と悩むのが「アウター」の選び方。カジュアルすぎるものはオケージョンでは避けたいところ。このため、ダウンジャケットやダッフルコートはなるべく使わないのがベター。
ここでは、上品に決まるおすすめアウターをピックアップ! 普段使いできるものも多いので、上手にチョイスしてみて。

▼フレアコート

フレアコートのコーデ画像

腰からふわっと生地が広がるフレアコートは、レディ度ナンバーワンのアウター。キュッとウエストマークすることで、スタイルUP効果を期待できるのもうれしいポイント。大人っぽいドレスや小物を合わせ、落ち着いた印象に。

▼ガウンコート

ガウンコートのコーデ画像

ガウンコートは、ベルトを締めずにフロントオープンで羽織ってもエレガントさが際立つのでおすすめ。黒のコートは、どんな色のドレスともなじみやすい。膝下丈をチョイスすると大人女子にはバランスが◎。

▼ノーカラーコート

ノーカラーコートのコーデ画像

シンプルなAラインのノーカラーコートがドレスになじんで品のあるスタイルに。襟元が丸いクルーネックタイプなら、女性らしい雰囲気もメイクできます。

プチプラだったら【黒】がおすすめ!結婚式コーデ

プチプラでも、小物や赤リップなどのメイクでゴージャス感を出せば、結婚式コーデに早変わり。なかでも、シンプルな【黒】をセレクトすれば、誰にでも似合う素敵な装いに。

「ザラ(ZARA)」のシンプルワンピース

「ザラ(ZARA)」のシンプルワンピースのコーデ画像

袖口のフリルがフェミニン要素たっぷりな「ザラ」の黒ワンピースは、地味見えとは無縁。存在感のあるイヤリングやクラッチバッグで華やかさを加速させて。髪色が暗めの人は、赤リップなどメイクでメリハリをつけると、よりGOOD。

「ジーユー(GU)」ワンピース×チュールスカート

「ジーユー(GU)」ワンピース×チュールスカートのコーデ画像

「ジーユー」の黒ワンピースにロングチュールスカートをレイヤードして、裾の部分に華やぎをプラス。チュールスカートの投入でフォーマル感がUPして、お祝いの席にぴったりの着こなしに。

低身長さん、ぽっちゃりさん必見!スタイルUPコーデ

低身長さん、ぽっちゃりさんが結婚式で素敵に見えるドレスをご紹介します。お悩みをカバーするドレス選びの参考にしてみて。

ボリューム袖で二の腕カバー

ボリューム袖で二の腕カバーしたコーデ画像

ボリュームのある袖が二の腕をカバーしてくれ、視線が上に集まるので低身長さんにもおすすめのデザインです。長めのネックレスで縦長のラインを作れば、すっきりとした印象に。ヘアは小さくまとめ、全体のバランスを整えて。

着やせ効果のある黒のVネックドレス

着やせ効果のある黒のVネックドレスのコーデ画像

着やせ効果のある色といえば、やはり黒。Vネックは、デコルテをキレイに見せてくれるとともに、顔まわりもすっきりと引き締めてくれます。表面にドレープ感のあるドレスのほうが、ゆとりがあるので着やせして見えます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW