FASHION

結婚式コーデ【3つのNGポイント】を避けて!マネしたい正解コーデ13選

2019/06/12

結婚式にお呼ばれしたときに、意外と悩んでしまうのが結婚式コーデのマナー。NGコーデで出かけたら、せっかくのお祝いムードを台無しにしてしまうかも……。
そこで、「結婚式のお呼ばれコーデ」NGポイントやマナーをレクチャー。オススメの靴・バッグ・アウターや、おしゃれなお手本コーデも合わせてご紹介します。

結婚式コーデ【3つのNGポイント】

結婚式は新郎新婦の晴れ舞台。主役は花嫁さんなので、お呼ばれコーデは程よく華やかに、でも目立ちすぎないことに注意が必要。
具体的にどんなことに注意すればいいのか、3つのポイントをまとめました。NGポイントを避けて、心からお祝いする準備をしましょう!

結婚式のマナー

(1)NGなカラー

絶対にNGなのは、全身白でまとめること。ウエディングドレスを連想させる白は、花嫁さんの特権カラー。光に当たったり、写真に映ると白っぽくなってしまうような淡いアイボリーも避けたほうが無難です。
また、喪服を連想させるような真っ黒もNG。黒を着たいときは、羽織や小物で華やかさをプラスしたり、透け素材でエアリーさを演出して。

(2)NGなデザイン

結婚式は、基本的に肩を出すのはNG。ただ、夜の披露宴や二次会は適度な肌見せはOKなので、お呼ばれされた時間帯によって調整を。露出の多いベアワンピやミニ丈は結婚式には向かないアイテム。ノースリーブドレスの場合はボレロやストールを羽織ると安心です。
また、動物革(レザー)やファーは殺生をイメージさせるので避けて。コートの一部分に使われているくらいならOK。

(3)NGなアイテム

結婚式のお呼ばれコーデで避けるべきアイテムは、花モチーフの小物類。花モチーフは花嫁さんがつけるものなので、招待された側は使わないようにしたいところ。
また、揺れるデザインの大ぶりピアス・イヤリングは、家庭が揺れるイメージを連想させるので避けるのがベター。つける場合は小ぶりのさりげないデザインをセレクトして。

お手本!結婚式コーデ13選

次に、学んだ結婚式コーデのマナーを元に、おしゃれなお呼ばれコーデのお手本スタイルをご紹介。
定番かつレディに決まるワンピース、スタイリッシュなパンツスタイル、きちんと感のあるジャケットスタイルと、お好みや会場の雰囲気に合わせてセレクトを。

ワンピーススタイル

▼ブルーレースワンピース

繊細なレースが品の良さを漂わせてくれるロング丈ワンピースは、ブルーをセレクトすると甘さ控えめで大人っぽい雰囲気に。ドレープが美しいサテンクラッチと黒パンプスでピリッと引き締めて。

▼オフショルダーイエローワンピース

鮮やかなイエローが目を引く一枚。袖と裾のペプラムが華やかさを後押し。ワンピースが目立つので、バッグとシューズは黒で控えめに。オフショルダーで寂しげなデコルテ部分には、大きなビジューのネックレスを合わせて可憐さをプラス。

▼ピンクバッグリボンワンピース

くすみピンクが落ち着いた華やぎを演出してくれるワンピースは、ウエストのバックリボンで全方位美人見え! 後ろ姿まで気を配ると、より品のある雰囲気に。ワンピースになじむベージュのハンドバッグを添えて。

▼異素材MIXのIラインワンピース

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW