LIFE STYLE

一緒にいて楽しい女性の特徴は?その感情が恋か友情かの見分け方

2019/07/19

一緒にいると楽しくて、つい笑顔になってしまうような女性は男性に人気です。そんな女性の特徴や、そのような女性の恋愛の魅力について説明します。『一緒にいて楽しい女性』を目指し、気になる男性にアピールしてみましょう。

【基本】一緒にいて楽しい女性の特徴は、この3つ

なにか特別なことをしているわけではないのに、一緒にいるとつい笑顔がこぼれてしまうような女性は、大変魅力的です。

男女問わず人気が高く、特に男性からは「一緒にいると楽しい」「そばにいると落ち着く」と思われて、好感を抱かれやすいでしょう。

相手から一緒にいたいと思われやすい女性というのは、どういった女性のことを指すのでしょうか。

以下では、一緒にいて楽しい女性の特徴を紹介します。

(1)いつも笑顔でポジティブ

いつもポジティブで、明るい雰囲気の女性は、男女問わず好感度が高いものです。常に笑顔を絶やさない女性は、とてもチャーミングに見えるでしょう。

前向きな姿勢がよく似合う、ポジティブで笑顔が可愛い女性は、男性に一緒にいたいと思われやすい、モテるタイプだといえます。

常にくよくよして後ろ向きな考え方をしてしまうと、表情も暗くなりがちです。暗い印象を与える女性は嫌われやすいので、明るい笑顔を心がけましょう。

(2)自分に関心を示してくれる聞き上手

男性は 自分の話をよく聞いてくれる女性や、自分に関心を示してくれる女性に対して好意を抱きやすいため、聞き上手の女性というのはポイントが高いでしょう。

無理に話を聞き出そうとするのではなく、男性が話していることに優しく相づちをうったり、適度に質問をしてみたりと、相手が話しやすいムードを作ると好感度アップ間違いなしです。

「そうなんですね!すごく興味が出てきたので、ぜひ詳しく教えてほしいです」というような気の利いた回答ができる女性は、いつまでも話していたいと思ってもらえるでしょう。

(3)褒め上手で気配り上手

男性のことを上手に褒められる女性というのは、会話をするだけで相手をとてもよい気分にします。

嘘っぽい褒め言葉は厳禁ですが、相手をよく観察し、嬉しくなるような褒め言葉をさりげなく言えるといいでしょう。

また、ちょっとしたことでもよく気がつく女性というのは、男性に好まれます。気配り上手な女性といると周囲の空気が和らぎ、一緒にいて気分がよくなるのです。

周囲の人のことを思いやり、相手の立場に立って発言ができる女性は、人から一緒にいたいと思ってもらいやすいでしょう。

一緒にいて楽しい異性との恋愛の魅力

一緒にいて楽しいと思える異性との恋愛は、居心地のよさを感じ「この先もずっとこの人と一緒に過ごしたい」と感じるものです。

無理せずに時間を共有でき、近くにいてもストレスが溜まらないので「もっと一緒にいたい」と思ってもらいやすいでしょう。

自然体でいられる

一緒にいて楽しい相手というのは、無理して付き合う必要がない相手だといえます。

自然体で接することができるので、疲れずに長く付き合えます。人は、相手によく思われたいと考えて、何かと取り繕ってしまいがちです。

しかし、気を使わずに一緒にいられる相手であれば、肩の力を抜いて接していられるでしょう。

自然体でいられる相手と付き合うというのは、ありのままの自分らしい姿をさらけ出せるので、とても居心地がよいのです。

一緒にいて落ち着く

一緒にいて落ち着くというのも、魅力の一つといえるでしょう。

恋人といると安心できるというのは、長く付き合っていくには必要不可欠な要素です。

言葉にトゲがなかったり、いつも穏やかで優しかったりすると、会うたびに心がほっと癒やされるでしょう。

そんな相手であれば「いつも一緒にいたいな」と思ってもらえるはずです。

ポジティブになれる

人間は、自分が思っている以上に他者からの影響を受けやすいものです。ネガティブな発言ばかりする人と一緒にいるのは疲れますし、暗い気持ちになるでしょう。

しかし、前向きで明るい人と一緒にいると、自分まで元気が出るような気がします。ポジティブな気持ちになれるというのは、人間にとってとても大切なことなのです。

「一緒にいて楽しい、元気が出るし、気持ちが明るくなる」と、そんな風に思える相手と付き合えば、毎日幸せな気持ちを分けてもらえるでしょう。

友情か恋愛感情かの見分け方

一緒にいると楽しい気持ちになれる相手というのは、大切にしたい存在ですが、果たしてその「一緒にいたい」という気持ちは、どんな感情から来るものなのでしょうか?

一緒にいて楽しい相手に抱く感情が、友情なのか恋愛感情なのか、見分ける方法についてご紹介します。

「一緒にいると楽しいけれど、友達として好きなのか、それとも恋愛感情なのかわからない…」というようなときは、以下に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

「少しの時間でもいいから2人の時間がほしい」

「ほんの少しの時間でもよいから会いたい」と思ったり、「大勢ではなく2人きりで会いたい」と思ったりするのであれば、それは相手に恋愛感情を抱いている証拠かもしれません。

2人きりで会いたいと思うのは、相手のことを好きだからこそでしょう。友達であれば、みんなで会えればそれでOKだと思うはずなので、2人で会いたいかどうかで判断できます。

また、仕事で忙しくて時間が取れなかったり、短い時間しかなかったりするのに会いたいと思ってしまうのは、相手に恋心を抱いているからでしょう。

ついつい嫉妬しちゃう

ほかの女性と相手が話しているのを見て胸が苦しくなったり、自分以外の人と相手が仲良くしているのを見て嫉妬したりする場合は、恋愛感情を抱いているということでしょう。

相手の口から、ほかの女性の名前が出たときに胸がモヤモヤしてしまったら、それは相手に恋をしていると考えてよさそうです。

相手に友情を感じているのであれば、滅多なことでは嫉妬はしないものです。そのため「嫉妬心があるかないか」でも相手への気持ちを判断できるでしょう。

相手に触れたいと思う

友情なのか恋愛感情なのか、1番はっきりと判断できるのが『相手に触れたいと思うのかどうか』です。 一緒にいて楽しいというのは、友達にも感じることです。

しかし、一緒にいて楽しいと思う相手とキスがしたい、触れ合いたいと思うなら、それは恋愛感情といえます。

相手と触れた時にドキドキするかどうかもポイントになるので、友情か恋愛感情かわからないときは、さりげなくボディタッチをしてみましょう。

一緒にいて楽しい女性が、恋愛対象に昇格するパターン

男性から見て、一緒にいて楽しい女性というのはとても魅力的に映るものです。

しかし、ただ楽しい存在というだけでは、特別な相手になることはできません。

恋愛感情に発展させるためにはどういったことに気をつければいいのでしょうか?

女性らしさや清潔感がポイント

意中の男性と一緒にいるときは、いつも以上に女性らしさをアピールしてみましょう。

一緒にいて楽しい存在を意識しすぎると、異性として見てもらえず、友達止まりで関係が進展しなくなる恐れがあります。そのため、あくまでも異性であることを相手に認識させることが大切です。

接しやすく明るい人柄を心がけようとして、言葉づかいが悪くなったり、騒がしい態度を取ったりしないように注意しましょう。がさつな人だと思われないように、常に清潔感に気を配ることが大切です。

時には特別感を演出しよう

一緒にいて気楽な居心地のよい相手は「一緒にいて楽しい、ずっと一緒にいたい」と思われやすいですが、時には特別感を演出することも大切です。

恋愛対象になりたいのであれば、「彼だけが特別なのだ」ということを伝えるようにしましょう。

相手に、「自分にだけ優しくしてくれる」と思わせることで、特別な女性として見てもらえる確率がアップします。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW