「白トップス」コーデでマンネリにならない【たった2つ】のコツ!
FASHION

白トップスコーデのマンネリを打破するたった2つのコツ【37選】

2020/08/31

誰もが必ず持っている『白のトップス』。着まわし力抜群で、肌色を明るく見せてくれるうれしい効果も! ただ、着こなしの幅が広がらず、いつも同じ印象になっちゃう……と悩んでしまうことも多いのでは? そこで、今回は簡単に【脱マンネリ】ができる着こなしのコツをMINEがお届けします♪

脱マンネリ!白トップスコーデを一新する【ふたつのコツ】

脱マンネリ!白トップスコーデを一新する【ふたつのコツ】のイメージ画像

シンプルなコーデに欠かせない白トップス。一枚でクリーンな印象をゲットできる半面、ワンツーコーデなど無難なスタイリングになりがち。確かにさっぱりとしたシンプルなコーデもいいけれど、たまには冒険して着こなしの幅を広げたい! そんな人に向けて、ちょっとした工夫で華やかなコーデに格上げしてくれる、脱マンネリのふたつのコツをご紹介します♪

  1. お気に入りの小物で『自分らしさ』をアピール
  2. 色をプラスして、まっさらな白トップスに表情をつける

【1】お気に入りの小物で『自分らしさ』をアピール

▼赤のバッグでリッチなアクセントを

赤のバッグでリッチなアクセントをのコーデ画像

白トップス×黒スキニーのワンツーコーデ。そこにラグジュアリーな赤のバッグをアクセントとしてプラス。さらに、オーバーサイズのテーラードジャケットを羽織れば、いつものシンプルコーデが自分らしいこだわりのあるコーデにシフトチェンジ

▼存在感のあるバッグが主役

存在感のあるバッグが主役のコーデ画像

白のニットにカーキのパンツを合わせた、ちょっぴりマスキュリンなスタイル。ロープの編み込みが存在感たっぷりのバッグを主役にして、シンプルコーデに変化をつけるのがポイント。デザイン性に富んだ小物は、コーデのよいアクセントになることまちがいなし

▼レオパード柄のバッグでパンチを利かせる

レオパード柄のバッグでパンチを利かせるのコーデ画像

白のタートルネックニットにブラウンのワイドパンツを合わせると、秋にぴったりのディープな配色が完成。ゆったりシルエットの優しげなスタイリングに、レオパード柄のバッグを斜めがけしてパンチを利かせて。すると、表情がガラッと変わり、ぐぐっとおしゃれ指数が高まります。

【2】色をプラスして、まっさらな白トップスに表情をつける

▼赤のロングスカートでまわりの視線を集めて!

赤のロングスカートでまわりの視線を集めて!のコーデ画像

ドラマティックな赤のロングスカートを合わせると、目を惹く華やかなスタイリングに転換! 小物の色は、なるべくベーシックカラーをセレクトして、赤を主役にすることが成功の秘訣。ノースリーブでヘルシーな肌見せをして、色っぽさをひとさじ。

▼ピンクのコートを差し色にして

ピンクのコートを差し色にしてのコーデ画像

白Tシャツ×デニムの定番カジュアルコーデに、きれいなピンクのロングコートを差し色としてプラス。すると、マンネリ化しがちなワンツーコーデがフェミニンな装いに昇華。サンダルとバッグも白でそろえると、糖度の高い大人女子スタイルが完成!

▼鮮やかなタイトロングスカートと合わせて

鮮やかなタイトロングスカートと合わせてのコーデ画像

存在感あるイエローのタイトスカートを白のトップスとスニーカーで挟んだ、ツートーンコーデ。全体の色味が少なくても、華やかな色と女性らしいシルエットのスカートを選べば脱マンネリを実現できる

▼パープルのティアードスカートをアクセントに

パープルのティアードスカートをアクセントにのコーデ画像

ボリュームのあるパープルのティアードスカートと合わせると、大人女子の休日スタイルが完成。歩きやすいビーチサンダルを履けば、お出かけも楽しくなることまちがいなし! ラフになりすぎないように、ラグジュアリーなバッグで高級感をプラスすると◎

【春】らしい色や柄をプラス

コツがつかめたら、さっそく季節別のお手本コーデをチェック! 春は、花柄やきれい色など、シーズンムードが高まるボトムスを選ぶと一気におしゃれなコーデへ転換。フェミニンなブラウスやカジュアルなパーカーなど、白トップスの種類で雰囲気をチェンジしてみて。

糖度高めのスタイリングを、ビーチサンダルでカジュアルダウン

糖度高めのスタイリングを、ビーチサンダルでカジュアルダウンのコーデ画像

フレアヘム×バルーン袖の甘さたっぷりの白ブラウスと、春らしいピンクのテーパードパンツの糖度高めのスタイリング。それを黒のビーチサンダルでカジュアルダウンさせるのが大人女子流。白ブラウスはONにも使えるので、一枚持っておくととっても便利♪

ベージュのプリーツパンツを穿いて、品格たっぷりに

ベージュのプリーツパンツを穿いて、品格たっぷりにのコーデ画像

フェミニンな白のトップスに、スカートにも見えちゃうベージュのプリーツパンツを合わせて上品に。ベージュ×白の優しい色合いが、品のよさをよりいっそう引き立てる。女性らしさがいっぱい詰まった、エレガントスタイル。

ミドルグレーでさりげなく立体感をON

ミドルグレーでさりげなく立体感をONのコーデ画像

ベーシックな白Tシャツにテーラードジャケットとテーパードパンツを合わせた、オフィスでもOKなきれいめコーデ。パンツの色はミドルグレーを選んで、白のクリーンな印象を保ちつつ、スタイリングに立体感を出すのがポイント。

花柄のプリーツスカートで甘さをプラス

花柄のプリーツスカートで甘さをプラスのコーデ画像

花柄のプリーツスカートを合わせるだけで、カジュアルな白パーカーがぱっと華やぐから不思議。パーカーは、ビッグサイズを選ぶとこなれ感が出てGOOD! ローテクの白のスニーカーでプリーツスカートを挟んだら、華やかな大人カジュアルスタイルが完成。

【夏】の暑さは、白トップスで吹き飛ばす!

照りつける夏の日差しに、せめて気分だけでも涼しくありたい! そんなときに爽やかに着こなせるのが清涼感のある白トップス。ワンツーコーデなどマンネリになりがちな夏の白トップスコーデも、ちょっとした工夫で着こなしの幅を広げられちゃうんです♪

派手色のマキシ丈ロングスカートで、暑さを吹っ飛ばして!

派手色のマキシ丈ロングスカートで、暑さを吹っ飛ばして!のコーデ画像

夏らしい派手色を身にまとえば、厳しい暑さも吹っ飛ばせそう! 白のノースリーブトップスに、鮮やかなマキシ丈のロングスカートで甘さを加えるとGOOD。黒の華奢サンダルとフリンジ付きかごバッグで、カジュアルなフェミニンコーデを完成させて。

オールホワイトコーデは、メリハリをつけることが重要

オールホワイトコーデは、メリハリをつけることが重要のコーデ画像

オールホワイトコーデの成功の秘訣は、ずばりメリハリをつけること! バッグやサンダルなど黒の小物を追加して、スパイスを加えるのがコツ。オフホワイト×ホワイトのような、異なるトーンの白を組み合わせるのも、コーデに立体感が出るのでぜひ試してみて。

オレンジのタイトスカートで、快活な印象に

オレンジのタイトスカートで、快活な印象にのコーデ画像

穿くだけで元気が出てきそうな、発色がきれいなオレンジのタイトスカート。ヘルシーな肌見せが叶う白のノースリーブトップスと合わせて、快活な印象をメイク。エネルギッシュになりすぎないように、黒のカーディガンを肩がけして全体を引き締めて。

大胆なレオパード柄のスカートは、白トップスでバランスを取る

大胆なレオパード柄のスカートは、白トップスでバランスを取るのコーデ画像

大胆なレオパード柄を取り入れてもバランスが崩れないのは、シンプルな白のノースリーブトップスのおかげ。ビーチサンダルで抜け感を出す一方で、リッチ感のあるショルダーバッグを斜めがけすることで、ほどよく肩の力が抜けた大人女子スタイルに!

素材やアウターで【秋】ムードを高めて

だんだんと涼しくなり、朝晩の冷え込みが感じられる秋の季節。白トップスは、温かみのあるニットや白Tシャツを、ライトアウターのインナーとして取り入れると◎。素材やライトアウターで秋らしさを倍増させる、白トップスのお手本コーデをお届けします♪

フレアシルエットのライトアウターは、黒スキニーでメリハリをつける

フレアシルエットのライトアウターは、黒スキニーでメリハリをつけるのコーデ画像

カジュアルにもきれいめにも着られちゃうベージュのライトアウター。フレアシルエットなので、ボトムスは黒スキニーですっきりまとめると、メリハリがついたスタイリングに昇華。インナーとスニーカーで白を取り入れて、コーデ全体に明るさをプラス。

堅苦しくないきれいめカジュアルスタイル

堅苦しくないきれいめカジュアルスタイルのコーデ画像

カチッとしたダブルジャケットも、インナーを白Tシャツにすると適度な抜け感が生まれる。センタープレス入りのベージュのワイドパンツを穿いて、堅苦しくないきれいめカジュアルスタイルにブラッシュアップ! ヘアスタイルをアップにして、顔まわりをすっきり見せて。

合わせやすさ抜群の白のタートルネックニット

合わせやすさ抜群の白のタートルネックニットのコーデ画像

白のタートルネックニットは、合わせやすさ抜群! 春に流行した光沢のあるサテンスカートは、秋も人気が継続するもよう。春らしい淡いピンクも、ボリューム満点のファーバッグやニットトップスと組み合わせれば、秋ファッションの差し色へと転換できる。

白パーカー×マウンテンパーカーでとことんカジュアルに

白パーカー×マウンテンパーカーでとことんカジュアルにのコーデ画像

カジュアルな白のパーカーに、ボアベスト付きのマウンテンパーカーを合わせて、とことんカジュアルに。スニーカーやスウェットパンツなど、カジュアルなアイテムが多いのに女性らしく仕上がっているのは、スキンカラーで全身をそろえているから。

【冬】はシルエットに要注意

ダークカラーが多く、沈んだ印象になりがちな冬のファッション。クリーンな白トップスを着て、地味な印象を払拭して! 冬コーデに白を取り入れると清潔感をゲットできる半面、膨張して見えがちなので、シルエットに注意しながらスタイリングを考えて。

黒スキニーを穿いて、着ぶくれを回避!

黒スキニーを穿いて、着ぶくれを回避!のコーデ画像

油断すると膨張して見えてしまう、白トップス×白のダウンコート。スタイルアップさせるコツは、スリムシルエットのボトムスを選ぶこと。黒スキニー×黒のロングブーツで縦ラインを強調して、スッキリ見えを目指して。

オールホワイトコーデに黒のサークルバッグでアクセント

オールホワイトコーデに黒のサークルバッグでアクセントのコーデ画像

白のタートルネックニットに、白のミニスカートを合わせたオールホワイトコーデ。白のスニーカーとつなぐタイツの色は、コーデを優しく引き締めてくれるグレーが正解。コロンとした黒のサークルバッグをアクセントにすると、大人かわいく決まります。

ブラウンのフーディーロングコートで、優しげな大人女性を演出

ブラウンのフーディーロングコートで、優しげな大人女性を演出のコーデ画像

こちらは、タートルネックニット×テーパードパンツのオールホワイトコーデ。ブラウンのフーディーガウンコートを羽織って、包容力を感じさせる大人の女性を演出。きちんと感のあるポインテッドトゥのパンプスを履いて、都会の洗練されたスタイリングに昇華。

【スカート】スタイル

次に、ボトムス別のお手本コーデをご紹介します! 万能な白トップスは、シンプルなデザインからキャッチーなデザインまで、あらゆるボトムスにマッチする優秀アイテム。まずはスカートスタイルからチェックしてみて。

女性らしい爽やかな清楚コーデ

女性らしい爽やかな清楚コーデの画像

女性らしい華奢さをアピールできる、白のノースリーブトップス。清涼感を感じさせる水色のフレアスカートを穿いて、清楚なコーデにブラッシュアップ! 白のミニバッグや華奢サンダルなどのミニマムなアイテムが、女らしさを倍増させる。

主役級のフリルティアードスカートを引き立てて

主役級のフリルティアードスカートを引き立ててのコーデ画像

キュートなドット柄のフリルティアードスカート。ディテールは甘さたっぷりですが、引き締めカラーの黒なら大人女子にぴったり。そんな主役級のスカートは、シンプルな白トップスで引き立てるのが正解。甘すぎないように、スニーカーでカジュアルダウンさせるのもコーデのポイントです。

珍しいパープルのロングスカートでまわりと差をつけて

珍しいパープルのロングスカートでまわりと差をつけてのコーデ画像

白のモヘアニットは、Vネックを選んでほんのり色っぽさを。珍しいハリ感のあるパープルのロングスカートで、まわりと差がつく白トップスコーデに。ニットの色や質感がフェミニンな分、足元はカジュアルなスニーカーでもラフになりすぎず、いい塩梅。

Tシャツのロゴが、白×白をさりげなく引き締める

Tシャツのロゴが、白×白をさりげなく引き締めるのコーデ画像

上半身を白でまとめてもぼやけて見えないのは、黒字で書かれたロゴのおかげ。ダウンジャケットはショート丈なら、膨張して見えがちな白でもすっきりとまとまる。光沢感のあるサテンプリーツスカートで女らしさを身にまとったきれいめカジュアルスタイルに。

【パンツ】スタイル

次にパンツスタイルをチェック! 清潔感あふれる白トップスは、ラフになりがちなパンツスタイルをクリーンな印象に仕上げてくれます。カジュアルなデニムパンツやサロペットでも、白トップスの手にかかれば、あか抜けたスタイリングにランクアップすることまちがいなし!

女性らしさが際立つ、サロペットスタイル

女性らしさが際立つ、サロペットスタイルの画像

サロペットのインナーとして白のカットソーを活用! ボーイッシュなサロペットだからこそ、カットソーは女性らしい華奢さが際立つゆったりとしたサイズ感のものを選ぶと◎。スニーカーも白をチョイスして、よりクリアなカジュアルスタイルを目指して。

ディテールにこだわった白シャツで一気にあか抜けて

ディテールにこだわった白シャツで一気にあか抜けてのコーデ画像

ハンサムライクな白シャツは、バンドカラー×フレンチスリーブの女性らしいコンパクトなデザインなら、フェミニンに着こなせる。シンプルなワンツーコーデも、袖のステッチなどディテールにこだわったアイテムを選べば、とたんに洗練されたスタイルに。

ラフな組み合わせも、白トップスで清潔感たっぷりに

ラフな組み合わせも、白トップスで清潔感たっぷりにのコーデ画像

ローゲージのカーディガン×デニムのワイドパンツのラフな組み合わせ。ヤボったく見えないのは、清潔感漂う『白』のおかげ。足元はスニーカーをチョイスし、ウエストポーチを斜めがけすれば、スポーツMIXコーデの出来上がり。

冬の褒められオールホワイトコーデ

冬の褒められオールホワイトコーデの画像

ダークカラーが多くなる冬ファッションで一度は挑戦したい、冬の『オールホワイトコーデ』。全体の色味は抑えつつ、赤のバッグでアクセントをプラス。ブラウンのノーカラーコートを羽織って、かっこいい大人の女性を演出して。

【レース】の白トップスは、辛口ボトムスがマスト!

繊細な作りが魅力的な『白のレーストップス』。レース×白の組み合わせは、大人女子には甘すぎるので、辛口ボトムスと合わせて糖度を下げるとうまく仕上がります。賢く引き算をして、白のレーストップスコーデを思いっきり楽しんで♪

黒と合わせれば、失敗知らず

黒と合わせれば、失敗知らずのコーデ画像

辛口カラー代表の『黒』と合わせれば、エレガントな大人女性を演出できます。黒スキニー×黒パンプスのスタイリッシュな組み合わせが、レーストップスの黒ラインとリンクし、リッチ感のあるモードな着こなしにシフト。

辛口ボトムスの質感のやわらかさがキーポイント

辛口ボトムスの質感のやわらかさがキーポイントのコーデ画像

女性が心惹かれるものをギュギュッと詰めた、シアー×レースの白トップス。甘さたっぷりのデザインは、辛口ボトムスで引き締めるのが鉄則。質感のやわらかいカーキのワイドパンツなら、辛さを足しつつも白トップスのエアリー感をキープできる。

【オフィス】では、清潔感をプラスしてくれる♪

一枚で清潔感をゲットできる『白トップス』は、まわりからの印象を意識する『オフィスコーデ』で取り入れると、好印象まちがいなし! 鮮やかなボトムスでもいいけれど、黒やネイビーなどのベーシックカラーのボトムスと合わせて、手堅く好感度をゲットしちゃおう♪

定番スタイルをフェミニンに

定番スタイルをフェミニンにのコーデ画像

ベーシックなシャツよりも、女らしさが際立つバンドカラーシャツ。白シャツ×テーパードパンツのオフィスカジュアルの定番スタイルが、フェミニンに仕上がります。足元はパンプスでもいいけれど、華奢サンダルで抜け感を出すのもおすすめ。

モードな色気漂う、オフィスコーデ

モードな色気漂う、オフィスコーデの画像

身体にフィットする白ニットを着て、艶っぽい曲線をさりげなくアピール。黒のロングフレアスカートは、デザイン性に富んだものをチョイスして、モードっぽくまとめると◎。グリーンのスウェードパンプスを履いて、落ち着きのある華やぎをON。

プチプラの【GU】で、いつでもクリアな白をまとって

最後に、『ジーユー(GU)』の白トップスを使ったお手本コーデをお届けします! 『ジーユー』の白トップスは、買い替えがしやすい価格のものばかりなので、いつでもクリアな白をまとえるところがうれしいポイント。種類も豊富なのでぜひチェックしてみて。

シアーセーターで、品のあるヘルシーな印象を演出

シアーセーターで、品のあるヘルシーな印象を演出のコーデ画像

透け感のある白のシアーセーターを着るだけで、ベーシックな黒のテーパードパンツが即旬顔スタイルに! ほどよい透け感は、いやらしさを感じさせない品のあるヘルシーな印象を演出してくれます。バケツバッグと華奢サンダルをONすれば、お出かけスタイルが完成!

おしゃれなロゴTシャツもあるんです!

おしゃれなロゴTシャツもあるんです!のコーデ画像

『ジーユー』には、おしゃれなロゴTシャツもあるんです! ロゴTシャツは、どこのブランドなのかが無地のものよりも分かりやすいので、スタイリングが超重要。メッシュニットのタイトスカートで品をプラスしつつ、ハイテクスニーカーでカジュアルさと今っぽさをゲットして。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW