ビタミンカラーコーデ【レディース19選】
FASHION

ビタミンカラーをコーデにプラス!レディース19選【2019年版】

2019/09/12

暑い季節が近づいてくると着たくなるビタミンカラー。鮮やかな色味が多いのでコーディネートのメインにしても可愛いし、ワンポイントで投入するのもよし!今回は、大人女子が着こなすビタミンカラーのスタイリングテクニックをMINEがご紹介!明るい色使いでパワーチャージして、思いっきり春夏ファッションを楽しみましょう。

ビタミンカラーって何色?

ビタミンカラーって何色?のイメージ画像

ビタミンカラーとは柑橘類に見られる明るいビビッドカラーの総称で、代表的なものだとイエローやオレンジ、グリーンのようにフレッシュな色味のことを指します。もともと柑橘類には「ビタミンC」が多く含まれており、それが由来でビタミンカラーと呼ばれるようになりました。

ビタミンカラーは元気をくれる♡

ビタミンカラーは元気をくれる色のイメージ画像

明るくパキッとしたカラーを身に付けると、なんだか前向きな気持ちになりませんか? ビタミンカラーという名前のとおり心が元気になり笑顔が作りやすく、まわりに好印象を与えられるという影響も♡そんな良いこと尽くしのビタミンカラーを使ったコーデネートを見てみましょう!

ビタミンカラー『オレンジ系』コーデ

代表的なオレンジは万能カラー

オレンジは万能カラーのイメージ画像

ビタミンカラーのなかでも代表的なオレンジは、「親しみ」や「元気」といったポジティブな印象を強く受けるカラー。単色でも存在感を発揮してくれるので、モノトーン系のシンプルなアイテムはもちろん、おしゃれカラーとして支持されているベージュやカーキなどとも相性抜群。

▼インナーとして♡

オレンジのビタミンカラーをインナーにしたコーデ画像

インナー次第でさまざまな表情を見せてくれるサロペットには華やかなビタミンカラーのオレンジをIN。「派手なカラーはちょっと苦手…。」と感じる人は、コーデの脇役にビタミンカラーを使うのもテクニックのひとつ!

大人っぽタイトスカートも印象が変わる

オレンジのビタミンカラータイトスカートのコーデ画像

コンサバなイメージが強いタイトスカートも、ビタミンカラーならカジュアルな着こなしが実現。カットの入った立体的なデザインで女性らしさを醸し出して。目立つアイテムだからこそ、肌見せが増える春夏に使い回したくなるアイテムのひとつ。

トレンドのワイドパンツで取り入れる

オレンジのビタミンカラーのワイドパンツのコーデ画像

トレンドアイテムであるワイドパンツにビタミンカラーを投入することで、まわりとの差がつくおしゃれスタイルが実現。ハイウエストデザインで作られていたり、ヒールサンダルを履くことで腰の位置を高く見せてくれるのでスタイルUP効果も期待。

ビタミンカラー『イエロー系』コーデ

顔回りを明るくしてくれるイエロートップス

イエローのビタミンカラートップスのコーデ画像

見ているだけで心弾ませてくれるイエローは、トップスに用いることで表情を明るい印象に仕上げてくれる効果アリ♡コーデ全体の雰囲気も華やかにしてくれるので、春夏に一着持っておくと活躍すること間違いなし!

次ページ> ビタミンカラー『グリーン系』コーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW