シャツコーデおしゃれな大人コーデ27選
FASHION

シャツコーデをマスター!【季節別】おしゃれなレディース着こなし27選

2019/04/19

ベーシックなシャツですが、”地味”だったり”まじめ”に見えそうで敬遠している人も多いのでは?
ここでは、こなれて見えるシャツの着こなし方はもちろん、春夏秋冬とシーズンごとのコーデ方法をレクチャー。
シャツの着こなしをマスターして、オールシーズン旬なシャツコーデを楽しみましょう!

シャツコーデ【着こなしポイント5つ】

シャツは、着ればそのままキレイが叶うアイテムではなく、着方をアレンジすることが大切。
今ならきれいめアイテムのシャツを、 少しルーズに着崩すくらいがGOOD!ここでは、旬な着こなしになるポイント5つをご紹介。

①トップスとして一枚で着る

トップスとして一枚で着るシャツコーデ画像

シャツをトップスとしてそのまま1枚で着る場合は、「ふんわり×タイト」なシルエットを意識して。オーバーサイズなシャツは、ボトムスはすっきり細くがお約束。柄シャツなら黒スキニーなどシンプルボトムスでシャツの存在感を際立たせて。ボタンを2つくらい開けて、ルーズにロールアップするのも、こなれて見えるコツ。

②前開きで羽織る

前開きで羽織るシャツコーデ画像

シャツは、襟をググっと抜いてゆるく羽織るのが今風の羽織り方。アイボリーのキャミ×タイトスカートに、淡いベージュシャツを重ねて抜け感たっぷりのフェミニンコーデに。

③インナーとして着る

インナーとして着るシャツコーデ画像

寒い冬におすすめな、ニットやスウェットの下にシャツをINする着こなし方。ほっこりとしたベージュニットベストは、端正な白シャツを重ねることで凛とした印象を与えます。

④ウエストマークする

ウエストマークするシャツコーデ画像

こちらはベルトを使ったアレンジ方法。ビッグサイズのシャツを、ベルトでウエストマークしてチュニック風に着こなして。フロントボタンは大きく開けて、襟を抜くとこなれ感たっぷり。秋冬は、薄手のニットやTシャツをINしてレイヤードを楽しむのも◎。

⑤タックインする

▼全部タックイン

全部タックインするシャツコーデ画像

シャツの裾をボトムにインするのも、ポピュラーな着こなし方。
シャツの裾を全部インするとすっきりとした印象に。ウエストを高い位置で見せることができるので、脚長効果も抜群。シャツはきっちり入れるのではなく、ブラウジングして少しゆるめにするのがポイント。

▼前だけタックイン

前だけタックインするシャツコーデ画像

前だけをタックインしたこなれ感たっぷりのルーズな着こなし。前から見るとすっきり見えるので、タックアウトでバランスが取りにくいワイドパンツやスカートでも、臆せず試せる!

▼アシンメトリーにタックイン

アシンメトリーにタックインするシャツコーデ画像
次ページ> 『春』のレディースシャツコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW