シャツコーデおしゃれな大人コーデ27選
FASHION

シャツコーデをマスター!【季節別】おしゃれなレディース着こなし27選

2019/04/19

ベーシックなシャツですが、”地味”だったり”まじめ”に見えそうで敬遠している人も多いのでは?
ここでは、こなれて見えるシャツの着こなし方はもちろん、春夏秋冬とシーズンごとのコーデ方法をレクチャー。
シャツの着こなしをマスターして、オールシーズン旬なシャツコーデを楽しみましょう!

シャツコーデ【着こなしポイント5つ】

シャツは、着ればそのままキレイが叶うアイテムではなく、着方をアレンジすることが大切。
今ならきれいめアイテムのシャツを、 少しルーズに着崩すくらいがGOOD!ここでは、旬な着こなしになるポイント5つをご紹介。

①トップスとして一枚で着る

トップスとして一枚で着るシャツコーデ画像

シャツをトップスとしてそのまま1枚で着る場合は、「ふんわり×タイト」なシルエットを意識して。オーバーサイズなシャツは、ボトムスはすっきり細くがお約束。柄シャツなら黒スキニーなどシンプルボトムスでシャツの存在感を際立たせて。ボタンを2つくらい開けて、ルーズにロールアップするのも、こなれて見えるコツ。

②前開きで羽織る

前開きで羽織るシャツコーデ画像

シャツは、襟をググっと抜いてゆるく羽織るのが今風の羽織り方。アイボリーのキャミ×タイトスカートに、淡いベージュシャツを重ねて抜け感たっぷりのフェミニンコーデに。

③インナーとして着る

インナーとして着るシャツコーデ画像

寒い冬におすすめな、ニットやスウェットの下にシャツをINする着こなし方。ほっこりとしたベージュニットベストは、端正な白シャツを重ねることで凛とした印象を与えます。

④ウエストマークする

ウエストマークするシャツコーデ画像

こちらはベルトを使ったアレンジ方法。ビッグサイズのシャツを、ベルトでウエストマークしてチュニック風に着こなして。フロントボタンは大きく開けて、襟を抜くとこなれ感たっぷり。秋冬は、薄手のニットやTシャツをINしてレイヤードを楽しむのも◎。

⑤タックインする

▼全部タックイン

全部タックインするシャツコーデ画像

シャツの裾をボトムにインするのも、ポピュラーな着こなし方。
シャツの裾を全部インするとすっきりとした印象に。ウエストを高い位置で見せることができるので、脚長効果も抜群。シャツはきっちり入れるのではなく、ブラウジングして少しゆるめにするのがポイント。

▼前だけタックイン

前だけタックインするシャツコーデ画像

前だけをタックインしたこなれ感たっぷりのルーズな着こなし。前から見るとすっきり見えるので、タックアウトでバランスが取りにくいワイドパンツやスカートでも、臆せず試せる!

▼アシンメトリーにタックイン

アシンメトリーにタックインするシャツコーデ画像

シャツのタックインテクで差をつけるなら、海外でもトレンドとなっているアシンメトリータックインがおすすめ。フロントのシャツを片方だけタックインしたアシンメトリーなバランスで、ワンランク上のシャツコーデを狙って。

『春』のレディースシャツコーデ

春はシャツが大活躍する季節。一枚で着れてシャツが主役となる分、着こなし方が重要に!旬の着こなし方を取り入れつつ、色合わせや素材感で春らしさを演出してみて。

白シャツ×スキニーデニム

白シャツ×スキニーデニムのシャツコーデ画像

白シャツとデニムの定番スタイル。シャツをタックアウトで着る時は、スキニーデニムで下半身はすっきり見せて。白のインナー&スニーカーの春らしい色使いもポイント。

ビッグシルエットシャツ×タイトストレートデニム

ビッグシルエットシャツ×タイトストレートデニムのシャツコーデ画像

ビッグシルエットシャツは「ふんわり×タイト」シルエットがお約束。タイトなストレートデニムを合わせてすっきり見せて。えり抜き&袖ロールアップでこなれ感を出すのも忘れずに。

ネイビーシャツ×イエロースカート

ネイビーシャツ×イエロースカートのシャツコーデ画像

春にダークカラーシャツを着る時は、明るいボトムスで春らしさを出す、という手もアリ。ネイビーシャツをイエロータイトスカートでトーンアップ。シャツはボタンを開けてデコルテを見せると、顔周りもグッと明るく。

デニムシャツ×デニムスカート

デニムシャツ×デニムスカートのシャツコーデ画像

シャツの”素材”で春っぽさを出すのも◎。春といえばデニムシャツ。上下デニム地のシャツ×スカートで、春らしいカジュアルコーデに。シャツはタックインしてコンパクトに見せることで、重くならずすっきりとしたシルエットに。

ストライプシャツ×ロングプリーツスカート

ストライプシャツ×ロングプリーツスカートのシャツコーデ画像

パキッと見えるストライプシャツに、ロングプリーツスカートを合わせてフェミニンな装いに。ストライプ柄×白の組み合わせも、春らしくて爽やか。淡いコーデはジャケットと黒小物で引き締めると、きちんと感もUP!

『夏』のレディースシャツコーデ

熱い夏はシャツの素材にこだわりたい。リネンなら、さらっとした肌ざわりで快適。
1枚で着る以外にも、肌寒い時の温度調整で羽織りとしてのコーデも楽しみたい。

リネンシャツ×リネンパンツ

リネンシャツ×リネンパンツのシャツコーデ画像

上下リネン同士のナチュラルコーデ。シャツのタイトなサイズ感と襟をグッと抜いた着こなしで、野暮ったさを回避。ワンランク上に見せる上質な小物使いにも注目。

ネイビーシャツ×インディゴデニム

ネイビーシャツ×インディゴデニムのシャツコーデ画像

ネイビーシャツ×インディゴデニムのダークトーンコーデは、デコルテと手首の肌見せで、涼し気な抜け感を作って。白ハット&ブルーパンプスの明るいカラー小物使いも、夏らしいアクセント。

ブラウンリネンシャツ×白タンクトップ×黒ワイドパンツ

ブラウンリネンシャツ×白タンクトップ×黒ワイドパンツのシャツコーデ画像

ブラウンのリネンシャツを羽織りとして着たコーデ。シャツのフロントをINして、ニュアンスある着こなしを楽しみたい。ブラウン・白・黒のリッチな色合わせもポイント。

カーキシャツ×黒タイトスカート

カーキシャツ×黒タイトスカートのシャツコーデ画像

ボリュームスリーブシャツ×タイトスカートの「ふんわり×タイト」な旬バランス。カーキ×黒の辛口配色と大人な小物使いで”いい女風”コーデに。

ストライプシャツ×ベージュテーパードパンツ

ストライプシャツ×ベージュテーパードパンツのシャツコーデ画像

ペールグリーン系ストライプシャツは、白系パンツと合わせて見た目も涼しいアイシーカラーコーデに。淡いトーンは、かっちりフォルムのレザートートで引き締めて。

次ページ> 『秋』のレディースシャツコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW