LIFE STYLE

付き合っていないのに電話をくれる男性心理。脈ありサインを見逃さないで!

2019/04/18

付き合っていない男性からの頻繁な電話に戸惑った経験はありませんか?男性心理を理解して、上手な対応を目指しましょう。電話やメールからうかがえる脈ありサインや、相手に好意があるときにおすすめのリアクションについても紹介します。

付き合っていないのに電話をかける男性心理

そもそも、男性が付き合っていない女性へ連日のように電話をかける理由にはどのようなものがあるのでしょうか?
まずは、電話に隠された男性心理を読み解いていきましょう。

何かしら伝える用件や相談がある

付き合っていないにもかかわらず、頻繁に電話がくる。

そんなときにまず確認したいのが、『その電話には、きちんと伝えるべき用件があるのかどうか』という点です。

もし、彼からの電話の内容が何かしらの連絡や相談であるのなら、電話の回数が多いのも不自然なことではありません。この場合、その要件にまつわる問題が解決した段階で、ぱったり電話は来なくなるでしょう。

確かめられるタイミングが訪れるまで、しばらく様子を見てみるのがおすすめです。

会話が楽しく盛り上がるから

「恋愛感情があるわけではないけれど、あなたと話しているのがとても楽しい。」そんな男性も、付き合っていないのに電話をかけてくることがあるでしょう。

もしもあなたが普段からとても友達の多かったり、場の盛り上げ役になったりするようなタイプであるのなら、このパターンの可能性が高いと考えられます。

この場合、彼との会話をあなた自身も楽しめているのならばとくに問題はないでしょう。

しかし、もしも面倒に感じているのなら、貴重な時間を使ってまで無理して付き合う必要はありません。 自分の気持ちに正直に、今後の対応を検討しましょう。

彼女にしたい独占欲や嫉妬心

付き合っていないのに頻繁に電話をかけてくる男性心理には、「あなたを独占したい」「ほかの男に負けたくない」というものもあります。この場合、相手の男性はあなたを異性としてはっきりと意識しています。

あなたに恋愛感情を持っていて、一歩ずつ関係を進展させたいと考えている可能性が高いでしょう。

とはいえ、この段階では、彼自身の気持ちの確認とあなたの反応をうかがうのがメインのため、これから先にどう転ぶかは未知数です。

今後彼から明確なアプローチを受けるのか、電話だけでフェードアウトするのかは、彼次第といえるでしょう。

暇つぶしとして

なかには、『暇つぶしとして女性に電話をかける』男性もいます。

もともと寂しがりやだったり、現状がうまくいかず、気分が沈んでいたりする男性にありがちな傾向といえるでしょう。

このタイプの男性が暇つぶしの電話の相手として選ぶ女性には、以下のような特徴があります。

・優しくて受け身
・自分に好意がある(ように見える)
・口が固い

また、このタイプの男性は電話をかけてくる時間帯もバラバラで、深夜になることも珍しくありません。酔っぱらった勢いでかけてくることも多いでしょう。

このパターンの場合、残念ながらあなたにメリットはありません。当てはまっていないかどうか、しっかり確認しておきましょう。

その男性との電話は脈あり?見極めポイント

付き合っていない男性から頻繁に電話がある場合、脈ありなのかどうかが気になるところです。
ここで、その見極めポイントを確認しておきましょう。

声のトーンや話すスピードをチェック

まずは、電話中の彼の『声のトーンや話すスピード』をチェックしてみましょう。

人は、気分が高揚しているときや相手に自分をよく見せたいとき、無意識のうちに声のトーンが上がってしまうものです。また、緊張していると、話すスピードは自然に速くなります。

つまり、会話中の彼の声のトーンが高く、話すスピードも速い場合、彼はあなたと話せることをうれしく思っていて、同時に緊張している状態ですから、脈ありと考えてよいでしょう。

反対に、声のトーンや話すスピードがこれまでと変わらないと感じるのであれば、いまのところ脈なしと判断できます。

話を聞いてくれるなら脈あり

電話をかけてくるのは彼のほうなのに、話している時間は自分のほうが多い。そう感じるのなら、それも脈ありのサインといえるでしょう。

というのも、人は基本的に聞き役を避けたがるものだからです。ましてや、自分からかけた電話でひたすら相手の話を聞くというのは、相手に対する特別な思いがあるからこそといえるでしょう。

あなたが楽しく話をできるように促し、なおかつそれをよろこんで聞いてくれているのであれば、彼はあなたに好意を持っていると考えてよさそうです。

質問をして会話を続けようとする

付き合っていないにもかかわらず何度も電話をしていると、次第に話題も尽きてしまうでしょう。

にもかかわらず、彼があなたへ何かしら質問をして会話が続いてゆくようならば、それは脈ありのサインといえます。

このときの彼は、「少しでも長くあなたと会話を続けていたい」という思いでいっぱいです。

多少質問の内容が唐突だったり、目的のわからないものだったりしても多めに見てあげましょう。

2人の将来をイメージさせる会話をする

会話の内容が、『2人の将来をイメージさせるものかどうか』というのも、脈ありかそうでないかを見極めるための重要なポイントです。

もしも彼があなたへの好意から頻繁に電話をかけているのなら、当然ながらあなたとの幸せな未来について思い浮かべているはずだからです。

「どんな男性が好き?」「結婚願望はある?」「共働きで家事分担が理想だな」 このような、それとなく2人の将来をイメージさせるような話題が会話のなかに多いようならば、彼はあなたとの今後を真剣に考えている可能性が高そうです。

合わせてチェックしたい脈ありサインは?

男性からの脈ありサインには、電話の内容以外にどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、メールやLINEに焦点を当てて紹介します。

メール返信のスピード

メールやLINEを使って男性の脈ありサインを見極める場合、とてもわかりやすくて便利なのが『返信のスピード』です。

好意を持っている相手からのメッセージには、すぐ返信したくなるのが自然な感情です。これは、できるだけ早く返信をして、何度も相手とのやりとりを楽しみたいという思いがあるからです。

つまり、あなたからのメッセージに対する彼の返信が早いようならば、彼はあなたに好意を持っている可能性が高いといえるでしょう。

とはいえ、なかには駆け引きのためにあえて返信を遅らせるタイプの男性もいます。彼の返信が遅いからといって、必ずしも脈なしとは言い切れないというのも頭の片隅に留めておくとよいでしょう。

質問が多い

「今日は何していたの?」「~は好き?」など、相手からの質問が多いのも脈ありサインの一つです。

これは、「~だね」「~です」などの文末でメッセージを終わらせた場合、そのままやりとりが終了してしまう可能性が高いことを見越した彼のテクニックといえるでしょう。

このタイプの男性は、メッセージの最後を疑問形や質問にすることで、あなたがついつい返信し続けてしまうことをよく理解しています。 ある意味姑息な手段ではありますが、それもすべてはあなたへの好意ゆえといえるでしょう。

好意があるなら話せて楽しいことを伝えよう

付き合っていないのに頻繁に電話をくれる彼に好意がある。そんなときはどのように対応するのがよいのでしょうか。
2人の関係を前向きに進めるための具体的な対処法を確認していきましょう。

リアクションは大きめが正解

「告白まではできないけれど、好意だけはそれとなく伝えたい。」そんなときは、まず彼からの電話を心から楽しんでいることを全力でアピールしましょう。

具体的な方法としては、彼の言葉に明るくポジティブなリアクションをすることです。

自分との電話であなたが心から楽しんでいるというのは、彼にとっても大きな自信になります。その自信に後押しされて、次のアクションを起こしてくれる可能性も高まるでしょう。

顔の見えない会話ですから、ややオーバーなくらいのリアクションがおすすめです。

まとめ

付き合っていないにもかかわらず、頻繁に電話をくれる男性の本音がわからない。そんな悩みを抱えている女性は少なくありません。

その電話はあなたに恋愛感情があるからなのか、ただの暇つぶしなのか、本当の目的がわからなければ、心から会話を楽しむこともできないでしょう。

声のトーンやスピード、話の内容から男性心理を正確に読み解いて、あらたな恋のチャンスへとつなげてゆけるとよいですね。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW