FASHION

スポーツウェアもおしゃれに一新!【レディースコーデ20選】

2019/04/19

今、大人の女性の間でブームになっているのが”筋トレ”や”ヨガ”、”ランニング”など様々な「スポーツ」。健康と体型を気にして始めようと思っている方も多いのでは?そこで今回は大人女子に送るおしゃれなレディースのスポーツウェアコーデをご紹介! 最低限揃えておきたいアイテムやシーズンに合わせた組み合わせもピックアップしました。ぜひ参考にしてみて。

年中着られる「スポーツウェアのアイテム」4選

まずスポーツウェアを揃えるときに最低限持っておきたいアイテムをご紹介。なるべく初期費用を抑えたいという方にはセットアップアイテムがオススメ。好みや用途に合わせて自分にピッタリのスポーツウェアをセレクトしてみて

①「スポーツブラ」でクーパー靭帯をカバーして

初心者さんが忘れがちなスポーツブラも実は重要なアイテム。胸を支えているクーパー靭帯は激しい運動をすると伸びたり切れたりしてしまいます。スポーツブラでしっかり固定してあげて!

②「パーカー」で汗で体が冷えるのを防止

汗をかくスポーツは身体を冷やさないようにしっかり温度調節を。さらっと上に羽織って身体が冷えるのを予防して。

③「パンツ」は用途にあわせてデザインをチョイス

ヨガやランニングなど、用途によってたくさんのメーカーが様々なデザインのパンツを発売しています。自分のニーズに合ったパンツ選びをしてみて。

④「シューズ」で足をしっかりと保護

メーカによって靴型が違うシューズは、人によってしっくりくるメーカーは様々。とくにスポーツシューズは足をくじく原因にもなりかねないのでいつもより慎重に選ぶのが良いかも。

機能面も重視して!

デザインがかわいいものを優先して選ぶのも良いですが、1番重視してほしいのは機能面です。お気に入りのデザインでも動きにくかったり、乾くのが遅かったらナンセンス! 「吸水・速乾性」「伸縮性」などスポーツするのに譲れないところを第一に選ぶと長く大切にできるアイテムに出会えるかも。

ジムで着こなしたい「スポーツウェアコーデ」

室内で室温が一定に保たれているジム。そんなジムで使用するウェアは1年中着られるようなものを選ぶのがポイント。季節に左右されないスタンダードなものをそろえて。

「スポーツブラ」で美意識向上させて

▼ピンクスポーツブラ

きつい運動でもお気に入りのカラーを身にまとってやる気アップ。女性らしい鮮やかなピンクはキレイになりたい気持ちを応援してくれるはず。ヨガなど瞑想から入るスポーツに取り入れると明るい気分になれるかも。

▼ブラックスポーツブラ

しなやかなブラックは体のラインをしっかり出してくれるカラー。筋トレやストレッチなど身体のラインや筋肉を意識するときに着たいウェアです。シューズに単色シューズを持ってきてワンポイントに。

【Tシャツ】で気になる脇をカバー

▼Tシャツ×ショーパン

ピタッとしたシルエットが苦手な人にはTシャツとショートパンツの組み合わせがベスト。締め付けがあまりなく、リラックスしてスポーツできます。

▼Tシャツ×レギンス

ゆるっとしたフレア袖のTシャツにレギンスを合わせたコーデ。上半身をまるまるカバーしてくれるので気になる脇やお腹も見えず、グレーのレギンスですらっとした印象に。

「ショートパンツ×レギンス」で動きやすく

▼ショートパンツ×レギンス×パーカー

レギンス1枚だけだと挑戦しづらい方はショートパンツをレギンスの上にオン。アイテムの色が一つ一つ違っても、寒色系という大きなくくりでまとめると統一感が出ます。ポイントで柄物もトッピングしてみて。

▼Tシャツ×レギンス×ショートパンツ

レギンスとショーパンを同じ色にするとセットアイテムような合わせやすいボトムスになります。ショーパンと同じくラインが入ったTシャツを合わせて完成されたオシャレなウェアに。

「ゆるめのパンツ」をかっこよく着こなして

▼プリントトップス×スウェットパンツ

派手めなプリントトップスにはスウェットパンツと合わせてキレイめストリートに。パンツとシューズの色を統一してプリントをより目立たせて。足首を見せると女っぽさがグッとアップします。

▼スポーツブラ×フレアパンツ

高級ブランドから出ているスポーツウェアラインはロゴをふんだんに取り入れてラグジュアリー感を演出。上はタイトに下はフレアにするとスタイルアップが叶う神バランスに。

【春夏】の屋外スポーツウェアコーデ

外で着用するスポーツウェアは気温や天候によって温度調節できるものをチョイス。とくに気温が高い春夏は中のインナーを薄手のものにして熱中症対策にも気を付けて。

「パーカー・アウター」で温度調節を可能にして

▼カーキスポーツウェア×Gジャン

より普段着のようにスポーツウェアを取り入れたいときにはGジャンを羽織ってみて。さらっと羽織ったブルーのGジャンはカーキのウェアにしっくりと馴染んでくれます。肌寒い時にスポーツ用のパーカーが無くてもできちゃうコーデ。

▼ノースリーブパーカー×レギンス

蛍光色と柄が特徴的なノースリーブパーカーはコーデの主役として着こなして。近未来的なムードがスポーツの気持ちも高めてくれるかも。お尻まですっぽり隠して体型カバーもしてくれるアイテム。

▼ブラックスポーツウェア×オレンジナイロンジャケット

体温調節だけじゃなく、普段着のようなランニングコーデも組めるパーカー。外のランニングなどで欠かせないアイテムです。スタイルがよく見えるハイウエストレギンスで脚長効果を狙って。

「ロングレギンス」で美脚見せ

▼ラインロングレギンス×スポーツブラ

モノトーンで大人っぽくキメたスタイルはライン使いで遊んでみて。縦に入った白のラインで脚長効果も期待できるかも。足元のソールにも白を取り入れると走るたび目を引くポイントになります。

▼ロングレギンス×メッシュスポーツブラ

シンプルなロングレギンスには異素材のスポーツブラでこなれ感をプラス。品のある濃い紫のスポーツブラは1着で大人っぽさを加えてくれます。スポーツ用の時計でシティ感も添えてみて。

▼ブルーロングレギンス×ロゴTシャツ

お気に入りのスポーツブランドはロゴTでお茶目に取り入れるのもオススメ。ボトムスとシューズはブルーのグラデーションにするのが上級者のテクニック。腰にパーカーを巻いてヒップもカバーできるスタイルに。

次ページ> 【秋冬】の屋外スポーツウェアコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW