ピンクカーディガンコーデ甘すぎない大人の着こなし23選
FASHION

ピンクカーディガンコーデ『こうすれば甘くなりすぎない!』お手本23選

2019/04/18

見た目のキュートさで、つい手が伸びるピンクカーディガン。着こなしによっては、幼くなったり甘くなりすぎてしまうのが心配なところ。これから紹介するポイントを押さえれば、大人らしく着こなすことが可能!お手本の23コーデを早速チェックしてみて。

▼ピンクロングカーディガン×白T×デニム

ピンクロングカーディガン×白T×デニムのコーデ画像

綺麗色ピンクロングカーディガンで、いつものTシャツ×デニムの組み合わせがロマンチックにシフト。小物のカラーも統一すれば、色数が抑えられてトゥーマッチにならない。

スカートはミモレ丈で大人の可愛さを加えて

▼ピンクカーディガン×白プリーツスカート

ピンクカーディガン×白プリーツスカートのコーデ画像

甘くなりすぎないダスティピンクのカーディガンとブラウン小物の組み合わせには、ホワイトのプリーツスカートでブライトアップしつつ上品さを底上げ。

▼ピンクカーディガン×白T×コットンスカート

ピンクカーディガン×白T×コットンスカートのコーデ画像

ピンクと白の甘い組み合わせは、ミモレ丈スカートで大人らしさをキープ。キャップやレギンスを添えて、テイストミックスな着こなしに。

細身パンツでスッキリとしたシルエットが◎

▼ピンクロングカーディガン×白ブラウス×デニム

ピンクロングカーディガン×白ブラウス×デニムのコーデ画像

ピンクロングカーディガンと刺繍ブラウスの甘さは、大人なインディゴスキニーデニムでレディに昇華。ヒール合わせでロング丈カーディガンの縦長ラインをさらに強調して。

▼ピンクカーディガン×白トップス×デニム

ピンクカーディガン×白トップス×デニムのコーデ画像

ピンクと白のふんわりカラーは、スキニーデニムでカジュアルダウンしながら引き締め。黒のバレエシューズで上品さをキープ。

ピンクカーディガンコーデ【アウター】選びのポイント

ここでは、ピンクカーディガンの着こなし幅を広げるためのノウハウを伝授! 他のアウターと重ねることで表情が変わるから、トライしてみて。

辛口アウターでスパイスを効かせる

▼ライダースジャケット×ピンクカーディガン×黒スキニー

ライダースジャケット×ピンクカーディガン×黒スキニーのコーデ画像

ピンクカーディガンの甘さを、ハンサムアイテム代表のライダースジャケットと黒スキニーでハンサムにシフト。

次ページ> ピンクカーディガンを【トップスとして着る】時のポイント
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW