LIFE STYLE

『愛おしい』存在になるためには?男性に愛されるための方法

2019/04/17

男性はどういった時に、女性に対して『愛おしい』と感じるのでしょうか。愛おしいという感情の意味やメカニズム、愛おしい存在になるための方法を詳しく解説します。言葉の意味や心理について知り、好きな人からより愛される自分を目指しましょう。

『愛おしい』とは?

人は、自分にとって大切な人を『愛おしい』と感じることがあります。胸のあたりが温かくなったり、切なさを感じたりした経験がある人も多いのではないでしょうか。

具体的に『愛おしい』とは、どういった気持ちのことをいうのでしょうか。言葉の意味や、愛おしさを感じるメカニズムについて説明していきます。

愛おしいの意味

『愛おしい』という言葉は、好きな人だけではなく、家族やペット、小さな子どもに対しても使う言葉です。

何かに対して大切だと思う気持ちや、可愛がりたい、慈しみたいという気持ちが込められています。

これは人に対してのみならず、言葉や物に対しても使う場合があります。

深く心にしみこむ愛情をあらわす言葉である反面、『愛おしい』という言葉には、気の毒でかわいそうといった意味もあります。

一般的には、プラスの意味で愛情を込めて使用することが多く、単純に『好き』という言葉では表せないような、特別で深い愛情を意味する言葉です。

愛おしいと感じるメカニズム

相手のことを愛おしいと感じる心理過程には、第一に「相手のことを好きだ」という感情があります。

相手のことを好きだと思う気持ちが、深い愛情に変わり、可愛くてたまらないという気持ちが湧いて愛おしさを感じるのです。

また、小さな子どもや可愛らしいペットなど、主に自分よりも小さいものや弱い立場にある人や生きものに対しては、「守ってあげたい」という気持ちも含まれるでしょう。

愛おしいの類語とその意味

このように愛おしいという言葉は、好きという言葉よりも、もっと深い意味を持っているイメージがありますが、ほかにも似た意味をもつ類語がいくつかあります。

それぞれ愛情表現に使われている言葉ですが、どんな意味を持っているのでしょうか?

愛しい

愛おしいとよく似た言葉として。まず思い浮かぶのが『愛しい』です。

どちらも、その存在を大切に思う気持ちを込めた言葉として意味に変わりはありません。

しかし、『愛しい』の場合は相手を恋しく思う、可愛いと思う気持ちや、相手を慕うような意味合いが含まれています。

深い愛情や情などを表現するのが『愛おしい』だとすると、『愛しい』は相手を可愛がるといった、少しフランクなニュアンスが込められている言葉です。

大切

人や物などを大事にしたいという気持ちを表す『愛おしい』という言葉ですが、『大切』という言葉も同じ意味を持っています。

大切な存在とは、損得勘定なしに心から必要だと思う存在のことを指します。このことから、大切という言葉には愛おしいと同じくらいの深い愛情が込められているといえるでしょう。

可愛らしい

『愛おしい我が子』という風に、子どもに対して愛おしいという言葉を使ったり、家族の一員であるペットに対して使用したりします。

どちらも可愛らしい存在に対して愛おしいという言葉を使うので、意味合い的には愛おしいと可愛らしいでは大差がないといえるでしょう。

自分にとって美しいものや、愛らしい存在、心をなごませるような物事に対して可愛らしいという言葉を使うことが多いのではないでしょうか。

愛おしいという言葉が心情を表現する言葉だとしたら、可愛らしいという言葉はその存在を見たときの感想という意味合いが大きくなります。

恋人を愛おしく思う瞬間とは?

恋人に対して愛おしいという気持ちを抱く人は多いでしょう。では、一体どんな瞬間に愛おしいと感じるものなのでしょうか。

以下では、付き合っている相手に愛おしさを感じる瞬間について、よく見られるケースを紹介していきます。

相手を大切に思う時

恋人と付き合っていると、相手の存在を大切に思う瞬間があります。「この人がいない人生なんて考えられない」というほどに、相手のことを好きだと思ったとき、深い愛おしさを感じるでしょう。

恋人のことを誰より大切に感じる瞬間というのが、愛おしさを感じる瞬間だといえそうです。心の底から相手を愛し、その存在に感謝したいと思う気持ちが愛おしさになります。

また、相手が病気になったり、怪我をしたり、その存在を失ってしまうかもしれないという不安に駆られたとき、はじめて相手の存在がかけがえのない大切なものだと気付く人もいるでしょう。

こういった瞬間に相手を大切に思い、愛おしさを感じるというケースも少なくありません。

弱い部分を見た時

愛おしいという気持ちは、相手を守ってあげたいと感じ、庇護(ひご)したくなる感情でもあります。

そのため、恋人の弱い部分を見た時に、愛おしさを感じる人も多いものです。 普段は強気な人がたまに見せる弱気な表情を見たり、自分にだけ弱いところを見せてくれたりすると、それだけで愛おしく感じてしまう人もいます。

また、強がって無理をしている健気な姿に愛おしさを感じるというケースもあるでしょう。

一緒にいて癒された時

心穏やかに過ごせる関係というのは、何よりも幸福感があります。一緒にいて癒され、見ているとつい表情が緩んでしまうような、そんな幸福感が訪れた瞬間に人は愛おしさを感じるのでしょう。

恋人と一緒にいて、癒されると感じたとき、相手のことが愛おしくなるという人は少なくありません。

癒される関係になれるほど相性がよく、一緒にいてもストレスを感じない間柄というのは、なかなか築けないものです。

そんな相手に出会ったら、「一生離したくない」と心からの愛おしさを感じるでしょう。

無償の愛を感じた時

人付き合いにおいて、損得勘定のない付き合いというのはなかなかできるものではありません。

そのため、恋人から見返りを求めない無償の愛を感じたときに、人は言葉にできないような愛おしさを感じることがあります。

普段当たり前のようにある愛情に気付いたり、自分のことを顧みずに尽くしてくれた彼女に対して深い愛情を感じると、深い愛おしさを感じるのです。

男性が愛おしさを感じる心理

好きな男性から、愛おしいと感じて欲しい女性は多いことでしょう。

「好きだ」という感情よりも「愛おしい」と思ってもらえた方が、より大切にされていると実感できるからです。

そのためには、男性が愛おしさを感じるポイントを理解しておく必要があります。好きな男性や、付き合っている彼から愛おしいと思われたい女性は、ぜひ参考にしてみましょう。

自分のそばにいて欲しい

仕事などでプレッシャーを受けたり、ストレスを感じたりしたときに、そばにいて支えてくれる彼女に対して愛おしいと感じる男性も多いでしょう。

弱音を吐かず、気を張っているような男性は特に、彼女がそばにいて癒やしてくれると「愛おしいな…」とその存在を大切に思うようです。

そばにいて優しく接してくれる女性や、自分を支えてくれる女性、自分の傍らで微笑んで癒やしてくれるような彼女に対して、愛おしさを感じるのです。

守ってあげたい

彼女が弱いところを見せたり、自分の前で涙を見せたりした時に、愛おしさを感じるという男性も少なくありません。

「守ってあげたい」「大切にしたい」という感情が含まれているので、男性は「彼女のことを守りたい」と思った時に同時に『愛おしい』と感じるのでしょう。

繊細でか弱い姿を見て守りたいと思ったり、女性の涙に弱かったりする男性もいます。こういった男性は、自分を頼ってくれる女性に対して愛おしいと感じるのです。

愛おしい存在になる方法

気になる男性や彼から愛おしいと思ってもらえるような存在になれたら、とても幸せでしょう。

ただ単に「好き」と言われるよりも、「愛おしい」と言われる方が深い愛情を感じられます。

また、男性だけではなく、周囲の人から愛おしいと思われるような、愛される存在というのは誰もが憧れてしまうものです。

では、一体どんな接し方をすれば愛おしい存在だと思ってもらえるのでしょうか。以下では、愛おしい存在になるための方法について紹介します。

素直な感情表現をしよう

裏表がなく、いつも素直な反応を見せてくれる女性はとても可愛らしいものです。時には子どものように無邪気な表情を見せ、素直な感情表現をする人というのは、周囲から愛されるでしょう。

人から愛おしいと思われたいのであれば、いつでも素直な気持ちを相手に伝えることが大切です。

「ありがとう」「ごめんね」を素直に言える女性や、素直に感動したり涙を見せたりする女性というのは、愛おしい存在になりやすい傾向にあります。

決してぶりっ子をするのではなく、常に自分の気持ちを素直に伝えることを心がけてみましょう。

嘘のない素直な人だと思ってもらうことで、愛おしい大切な存在に近づけます。

時には相手を優先しよう

愛おしい存在を目指すには、素直な感情表現が大切だと説明しましたが、時には相手を優先することも大切です。

ただ単にいつでも正直に、自分の思う通りの行動ばかりでは自分勝手だと思われてしまいます。

愛おしい存在を目指すのであれば、相手の立場に立って、思いやりを忘れないことも大切でしょう。

自分の気持ちは我慢して、相手のことを第一に考えて行動できれば「自分のことよりも優先してくれるなんて、大切に思ってくれてるんだな…」と感じてもらえることでしょう。

人のことを思いやり大切にできる人こそ、相手からも大切に思ってもらえるのです。

まとめ

相手のことが好きだという気持ちを、より深い愛情を込めて、大切な存在であると表現できるのが『愛おしい』という言葉です。愛おしい存在になるというのは、人生において特別な意味をもつことでしょう。

恋人や、周りの人から『愛おしい』と思ってもらえる存在になるには、思いやりをもって素直に接することが大切です。かけがえのない存在になれるように心がけてみましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW