]

愛梨の、2018年幸せになれる九星気学占い

東洋占術である九星気学では、新しい一年は2月4日からスタート。2018年、あなたを待ち受けている運命を、開運カウンセラーの愛梨さんが占います。九星気学別の吉方位旅行やラッキーアクションなど、これを読めば絶対ハッピーになれる開運アドバイスが満載♪

九星気学とは?

 中国で3000年以上も前から行われている、世界で最も歴史ある占いのひとつ。生まれた年を元に九星に分類し、運勢、相性、方位の吉凶などを占います。一定の法則で巡っている自然界の大きな力を活用することで、運勢をより良い流れへと導き、開運することが出来る、ポジティブで実践的な占術なのです。

2018年、世の中の運気の流れはどうなる?

 2017年は一白水星中宮の水の年、水害・雨・雪を表すような自然災害が多くありました。そして「秘密」というキーワードもあったために、不倫や不祥事などの隠れていた事柄が取りざたされて話題になった一年でもありましたね。

 2018年は九紫火星という星が中宮という場所に巡ってくる火の年、明るく強い陽のエネルギーが降りそそぐ一年となります。気学では「陽の気が動き始め、万物がそれに合わせて変化をする」という場所に入り、人の意識が変わり、価値観が変化していく一年になりそうです。火に炙り出されていいことも悪いことも表れやすいので、世間的にも個人レベルでも、あっと驚くような事実が発覚することがありそう。不倫などの隠し事は、ますます隠せない世の中になって行きます。

 スピリチュアルなことや内面に興味が向かう年でもあるので、占いや目に見えない世界のことがより一般的に受け入れられやすくなり、ブームとなることも。また、自分の心と身体が一致していなかったことがここに来て一気に浮上しやすい時期。そういう意味で、自分の心を騙し騙し付き合っていたような関係には別れが訪れ、離婚なども増える傾向があります。ただこれは、よりよい未来のための手放しと捉えてください。九紫火星には「二度目」という意味もあるため、別れてもすぐ次の出会いがあるはず。去る者は追わず、執着しないことが幸せになるためのポイント。

 2018年に幸運体質になるためには、今のあなたにとって不要なもの、事象、人間関係を見直し、整理することが大切。そうして重い気をデトックスし「火」の気を燃えやすくするためのスペースを作ることで、滞っていたエネルギーが流れ出し、新たな良い流れを呼び込むことに。その空いた空間に、必要な縁や情報、豊かさが入ってくるのです。

 そのためにも、2018年は重い気分のままでいないこと、溜めないことを意識して。悲しいことやイヤなことを考え始めたときは、太陽の陽を浴びたり、ぼーっとする時間を作る、空を見上げて深呼吸するなど、簡単にできるリフレッシュ法で心のリセットをしましょう。バスソルトやアロマの香りの湯船でリラックスするのもオススメです。

2018年、九紫火星の年の主なキーワード

・ひらめき、直感力が増す
・情熱を注げるものに出会える
・人の意見を気にしすぎると心が揺れやすく不安定になる
・瞑想やマインドフルネスなど、自分の内面と向き合うことで新たな気づきが湧く
・自分を磨くことで良い縁を結べる
・世界的な自然災害や政治的な対立、紛争
・AI知能の活用
・日本の伝統的な物や文化が見直され、スポットがあたる
・離婚や離別
・再チャレンジ、復縁、再婚など二度目のことに幸運が
・美を磨くこと全般すべてラッキー
・スピリチュアルや見えない世界、
・書店、図書館
・性の目覚め

占い師 イラスト
Profile

開運カウンセラー 愛梨

銀行勤務やブライダルコーディネイターを経て、手相家の西谷泰人氏の元で占いを学ぶ。2014年に独立。九星気学を軸に、手相やタロット、西洋占星術を融合した独自のカウンセリングで幸せになった顧客は数知れず。ポジティブでハッピーな開運アドバイスで、経営者やモデル・タレントからの信頼も厚い。
http://kantei-airi.jimdo.com

produce : Moyuru Sakai