愛梨の、2018年幸せになれる九星気学占い

東洋占術である九星気学では、新しい一年は2月4日からスタート。2018年、あなたを待ち受けている運命を、開運カウンセラーの愛梨さんが占います。九星気学別の吉方位旅行やラッキーアクションなど、これを読めば絶対ハッピーになれる開運アドバイスが満載♪

三碧木星

三碧木星

全体運

 2017年は人との出会いが多く、経済的にも恵まれた忙しい一年だったはず。2018年は三碧木星が、万物の終わりと始まりを意味する時期に入るので、9年に一度の変化の年になります。人間関係、仕事、健康と、自分を取り囲むすべての環境が変わり始めます。エネルギーが高いからこそ引越しや転職がしたくなりますが、運気が下がり始める一歩手前の時期なので、無計画な行動は禁物。それが本当に自分にとって必要な変化なのか、慎重に見極めて。2020年から新しいスタートを切るサイクルにあるので、ここからの2年間はそこに向けて最終調整して行くつもりで過ごしましょう。
 今年起こることは大小共に、今後のあなたの人生に必要なことを教えてくれています。起きる変化に向き合うことで、自分が今後進むべき道への答えが見つかるとき。特に人間関係は来年にかけてさらに変わっていく兆し。自分にとって本当に必要なものや人を一年かけてじっくり考え整理しておかないと、来年強制的に断捨離されてしまうようなことが起きるかもしれません。なぁなぁになっていることがあれば、このタイミングで見直しておくといいでしょう。
 また意識の変革も起きやすく、方向転換したくなります。2017年までに準備が整っているならば前に進めるタイミング。
 健康面では食生活を見直すと体質改善がしやすいとき。腰痛、肩こり、鼻炎には注意が必要な年です。
 時期としては、2月は心身のバランスが整う充実期。前向きなチャレンジが幸運な出来事を呼びます。直感を大事にして。11月は幸運期の到来。自分本来の魅力が増し、チャンスが巡って来ます。自分の力を信じて進みましょう。

恋愛運

 2018年の三碧木星の恋愛運は、変化に富んだ流れ。友情から愛情が芽生えたり、長いお付き合いに終止符を打つような心境の変化が起こりやすくなります。今まで身近にいなかったようなタイプの人とお付き合いが始まることも。元々人付き合いが良く、その場のノリで付き合ってしまうこともある三碧木星ですが、様々な男性から誘われるモテ期だけに、相手選びは慎重に。   
  パートナーがいる人は、結婚したい気持ちが高まりそう。ここでは来年以降、ふたりの関係をどうして行きたいのか、付き合い方を見直し、環境を整えておきましょう。要注意なのは3月。良縁も悪縁も含めて様々な出会いがある時期なので、相手を冷静に見極めるようにして。6月は恋愛運上昇。交友関係が広がり、楽しい出会いが。明るいスマイルとフェミニンな言動を意識すると、男性たちがあなたに惹きつけられて来るでしょう。

仕事運

 今年は転職、転業を強く考える一年になりそう。ただ、この時期に思いつきで行動をするのは勧められません。今までのことを生かして活躍できる環境なのかどうかを、慎重に検討して。専業主婦の人は、仕事を始めたい意識が高まるとき。5月は決断力が鈍り、本来の実力が発揮しづらいかも。大きな決断や大事な商談などは翌月にした方が吉。
  全体運にも書きましたが、今年の三碧木星は、高いエネルギーの中にあります。それを生かすには、再来年、2020年に向けて仕事でどうなって居たいかというビジョンを描き、それに沿った行動を心がけるのが、2018年を上手に乗り切る鍵となります。

開運のカギ

開運カラー

アイボリー、こげ茶、オレンジ、ローズピンク

開運ファッション

背中開きトップス、レイヤードスタイル、指輪、バングル、チェック柄アイテム

開運ヘアメイク

フルーツ柄のネイル、マッシュボブ、マスカラ

開運方位

7月と8月(7/8~9/7)は、西北方位へ。旅がラッキーアクション。一流にふれることで運気がUPするとき。景色のいい高層ホテルでのランチや、老舗の温泉旅館などでゆったりとした時間を過ごして。恋愛では実力者との出会いで玉の輿婚が狙え、仕事では目上の人からの引き立てや援助を受ける効果が。

占い師 イラスト
Profile

開運カウンセラー 愛梨

銀行勤務やブライダルコーディネイターを経て、手相家の西谷泰人氏の元で占いを学ぶ。2014年に独立。九星気学を軸に、手相やタロット、西洋占星術を融合した独自のカウンセリングで幸せになった顧客は数知れず。ポジティブでハッピーな開運アドバイスで、経営者やモデル・タレントからの信頼も厚い。
https://kantei-airi.jimdo.com

produce : Moyuru Sakai