元宝塚花組トップスター 蘭寿とむさんインタビュー

MINE OFFICIAL 2015.12.18

【動画】昨年5月に宝塚歌劇団を退団し、現在は女優や歌手として活躍する蘭寿とむさん。
2016年1月9日より封切られる、地球ゴージャスプロデュース公演Vol.14「The Love Bugs」の制作発表会へお邪魔し、出演される本公演について、また退団後の現在について心境を伺った。

感じたままに……なんでも吸収したい!

「映画なども時間が空いて思い立った時に観に行けるようになりましたね」
宝塚を退団してから1年以上が経つ中、生活で一番変化のあったことは、やはり自分の時間が持てるようになったことだそう。

男役の中には女役も似合うフェアリータイプと呼ばれる方もいる中で、より男らしい男役を追求し、王道を極めてきた蘭寿さん。演技に対しては在団時に比べ、「男性役というフィルターが取り払われるので、自分のままでいい、感じたままに演技していいんだということを強く感じます」と語る。役に合わせることが大切なので、今後役者を続けていくにあたっても、こうありたいという特定の女優像は描いていないという。

日々の生活や仕事に対して、より自分らしくいられることに、少しばかり心地よさを感じている様子がうかがえた。

蘭寿さんは舞台役者としての経験値は高いものの、“女優”としてはまっさらな気持ちで取り組みたいと、新たなスタートラインに立っている。

「いろんな役に挑戦したいですね。今はなんでも吸収する時期にいると思います」と、自身のさらなる成長を楽しみにしている前向きな言葉が返ってきた。成長を求めるこの姿勢は、インタビュー動画の中で語られる、『蘭寿さんの考えるトップに立つ人間の条件とは?』という問いへの答えにもつながる。

舞台はもちろん、映画やテレビ、いろいろなものからインスピレーションを受けて、演技に落とし込むという。ボイストレーニングや筋トレは欠かさず、朝起きたらまずは白湯を飲む。そしてリラックス法はアロマオイルを入れての入浴……。表現者としてパフォーマンスするため、常に心も体もトレーニングとメンテナンスを欠かさない生活スタイルが根付いている。インタビュー中も、舞台の話しとなると一段と目を輝かせたのが印象的だった。

「The Love Bugs」について

今回出演する舞台は、昆虫の世界がテーマのミュージカル。
インタビュー時には役柄となる昆虫の名前(公にはまだ非公開)と「男殺しの美女」というキーワードが知らされただけで、いったいどんな舞台になるのだろうと、蘭寿さん自身が好奇心でいっぱいの様子。

制作発表では「全力で挑みたい!そして(演出の)岸谷さんに自分を引き出してもらいたい!」と語り、岸谷さんからは「実は蘭寿さんに女性らしさやキュートさを感じていた。大胆かつ繊細な女性を演じてもらいたい」とエールが送られた。
「今までキュートだなんて言われたことはなかった(笑)」と、岸谷さんからの意外な言葉に、頬を赤らめる“キュート”な一面をのぞかせた。

地球ゴージャスプロデュース公演Vol.14「The Love Bugs」

岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット『地球ゴージャス』。結成21年目に贈る最新作は、私たちの身近に存在する“小さな世界”で繰り広げられる「命」と「愛」の物語……

作・演出 岸谷五朗
キャスト
城田 優 蘭寿とむ 大原櫻子 平間壮一 マルシア
岸谷五朗・寺脇康文 他

東京公演  2016年1月9日(土)〜2月24日(水)
      赤坂ACTシアター
名古屋公演 2016年3月1日(火)〜3月3日(木)
      愛知県芸術劇場 大ホール
福岡公演  2016年3月11日(金)〜3月13日(日)
      福岡サンパレス
大阪公演  2016年3月19日(土)〜3月29日(火)
      フェスティバルホール
※チケッットは各プレイガイドにて好評発売中※

公演に関するお問い合わせ
地球ゴージャスファンクラブ
03-5457-3485(祝日を除く月〜金 15:00〜18:00)

関連キーワード

HOT KEYWORD