アナザーエディションコラボで話題! アーティスト神山隆二インタビュー【MINE meets ART】

アナザーエディションコラボで話題! アーティスト神山隆二インタビュー【MINE meets ART】

MINE OFFICIAL 2017.02.28

ますます加速するファッションとアートの関係を紐解く、MINE meets ARTな連載がスタート。第一回は、ファッションブランドとのコラボに定評のある神山隆二さんと、ガールに人気のブランド〝アナザーエディション〟のディレクター、神出奈央子さんにお話を伺いました。

>>>2月某日、神山さんのアトリエにて

__こんにちは。本日はよろしくお願いいたします。まずは、最近の主な活動について教えてください。

(神山さん、以下kamiyama)今回のコラボレーションの3月発売を控えつつ、先週は仕事で福岡に行っていたり、来月は台北でグループ展をしたり、青山トランクホテルで開催されるエキシビジョンがあるのと、5月からまた渋谷でのイベント準備だったり、色々と忙しくしています。

__おふたりの出会いは今回のコラボがきっかけですか?

(神出さん、以下koude)もともと、私が尊敬する先輩が仲良しで知り合ったんです。今回はアーティストとして迎え、コラボ商品を作りたいとオファーしました。

(kamiyama)出会いはキャンプだったよね。仕事するのは今回が初めて。

__今回のコラボにおける、こだわりのポイントはどんなところですか。

(kamiyama)スニーカーは1足1足手刷りなんだよね。しかもこのアトリエで。200足以上あるから、大変だったけどやり甲斐はあったかな。スタッフが泣く泣く作業してたっていうのも今ではいい思い出ですね。

(koude)シルクスクリーンだけでなくシャツやコーチジャケットなど、転写もミックスで作っていて。こだわりの感じるアイテムができました。ふつうに男の人がかっこいいと思うことをやりたかったんです。

(kamiyama)色々縛りが出てくると僕らしさって何だろうってことになっちゃうから、今回のコラボはスムーズな流れで進めた気がする。レディースのブランドで、そこまでやり切ろうって言ってくれるのも気持ちが良かったんだよね。

(koude)このビッグシャツはワンピースとして着ることもできますが、女性ということにこだわりすぎて甘くするのではなく、メンズっぽさもあるのがポイントです。コーディネート次第で、アナザーエディションらしいミックススタイルを楽しんでいただければと思います。

__FASHION関係のコラボや個展が多い神山さんですが、ARTとFASHIONは結びつきが強いと思いますか?

(kamiyama)表現するのに、ファッションは手っ取り早いんだよね。着るって行為がすごく簡単だし、シンプルに伝わる。

アートを表現する場所が、キャンパスか、ウェアかっていうところの違いかな。
アート作品の場合、展示した場所に行かないと見ることができないっていう環境がもどかしかったりする。

着ることで、また身に着けて外出することで知ってもらうことができる、っていう方法もあるのがファッションのいいところだよね。

__SNSを使って発信する際のマイルールについて教えてください。

(kamiyama)FacebookやTwitterもやっていたけど、今はInstagramが残ったって感じかな。例えばTwitterやblogは言葉での表現が必要だし、アートは写真だけでも印象が強いから、すごく自然な流れで。

(kamiyama)特にルールはなくて気ままに更新してるけど、アートは作品としてしっかりフォトグラファーに撮ってもらったりするぶん、自分では日常を切り取ったような気取らない写真を発信していることが多いかな。

(kamiyama)最近はタグ付け機能を覚えたから、そこでコニュニケーションを図ったりしてます(笑)

(koude)私は、ファッション以外だとMUSICネタが多いかも。音楽好きの友人が多いから「今聴いてる音楽はこれ!」って感じであげてます。逆に「食べものの写真はないよね」って最近友人に言われてハッとしました。食べものばっかり、って人もいますからね。そういった意味でも、趣向がわかりやすいツールだと思ってます。

もともと、お店の繋がりで始めた知り合いだけのコミュニティだったけど、意外な人が見ていたりするのが面白いところで、SNSが会話のきっかけになることが最近とても増えましたね。

__最後に、今後チャレンジしたいイベントや作品、告知などあればお願いします。

(kamiyama)やっぱり女性のファッションって面白いよね。3月のラフォーレでのイベントではシルクスクリーンをするんだけど、女性の服に描くのはバリエーションが広がるし、来てくれた方に楽しんでもらいたい。

(koude)ラフォーレでのイベントは先行販売なんです。シンプルなアイテムにキャッチーなグラフィックを施したコラボ作品は圧巻です。是非見に来てください。

半袖Tシャツ¥6,000/コーチジャケット¥23,000/長袖Tシャツ¥7,500
価格はすべて税抜きです

バッグS¥5,800/缶バッジ¥800/スニーカー¥7,200
価格はすべて税抜きです

【EVENT INFOMATION】

Another Edition×Ryuji Kamiyama コラボアイテム発売記念イベント<LIVE SILKSCREEN S

日時:2017年3月10日(金)18:00-21:00
場所:アナザーエディション ラフォーレ原宿店(店内)
内容:アナザーエディションのコラボアイテムで使用した書き下ろしのグラフィックを、ご購入のアイテムまたはご持参いただいたアイテムにペイントいたします。(※コラボアイテムは、ラフォーレ原宿店のみ3月10日より先行販売となり、コラボアイテムを購入した方への特典となります。)

※その他店舗、オンラインストアでは3月16日よりコラボアイテムは発売予定となります。

Another Editionのオンラインショップはこちら

アナザーエディションのニュースページから詳しく見る

神山隆二(かみやま・りゅうじ)

シルクスクリーンアーティスト/ペインター/イラストレーター

1972年、東京生まれ。90年代初頭、グラフィック業界から衣服の世界へ。Tシャツの手刷り、古着のリメイク、ハンドメイドによる作品を中心としたブランド「FAMOUZ」として裏原宿での活動を10年行う。活動後に路上から公共に至る場所にてライブペイントを中心とした ART への活動を行い、2003年、東京・中目黒での個展を皮切りに、サンフランシスコ、LA、北欧などでエキシビションを開催。国内外で壁画やシルクスクリーン作品を残す。近年は BIANKS 名義のもとB品(陶器/ガラス)の再生プロジェクトや企業のショールーム、ウィンドウ、壁画を描き続けている。

神山隆二さんのインスタグラムはこちら

神出奈央子(こうで・なおこ)

Another Editionクリエイティブディレクター

1984年奈良生まれ。2008年Another Editionの企画デザイナーとして入社し、オリジナルのウェアを担当。2015年より現職。趣味はキャンプとLIVE。音楽とアートを愛するサブカル女子。

神出奈央子さんのインスタグラムはこちら

———————————

Videographer Isami
Editor Aki Tanaka

———————————


SHOP INFO

店名
アナザーエディション ラフォーレ原宿店 (アナザーエディション)
住所
150-0001東京都渋谷区神宮前1-11-6ラフォーレ原宿 B0.5F
電話番号
03-5770-8215
営業時間
11:00〜21:00
公式サイト
http://www.another-edition.jp/
SNS

関連キーワード

RECOMMEND ARTICLES

HOT KEYWORD