クボ流 “水肌メイク” を披露!ニュートロジーナ新作発表会リポート

クボ流 “水肌メイク” を披露!ニュートロジーナ新作発表会リポート

Sponsored by ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 2017.08.26

ボディケア製品で人気を集める『Neutrogena(ニュートロジーナ)』から、水を育むチカラ “自水力” (※1)に着目したスキンケアラインが日本初上陸! 発売に先駆けて行われた発表会では、モデルの出岡美咲さんと人気ヘアメイクアップアーティスト久保雄司さんが登壇し、クボ流 “水肌メイク” のデモンストレーションが行われました。

クボ流 “水肌メイク” の鍵は、肌質を生かすメイク

海外ではすでに多数のアワードを受賞している日本初上陸のスキンケアライン『ニュートロジーナ ハイドロブースト』。このシリーズを使い続けることで実感できる、自ら水分を育む “自水力” のある水肌を表現したブルーの会場がゲストを出迎えました。

「うるおいやツヤのある肌づくりについてよく聞かれるのですが、ファンデーションよりも下地、下地よりもスキンケアだと思います。そうすることで、内側から引き出すことができるものだと思います」という、ヘアメイクアップアーティストの久保雄司さん。スキンケアをきちんと行えば、肌質を生かした “水肌メイク” が叶えられるとのこと。

また、メイクに関しては2〜3年前のナチュラル志向から、今は女性らしいメイクに移行してきていると言います。

正面はもちろん、横顔も美しく見せられるのが女性の特徴だとして、眉尻の下のあたりから、Cの字を描くように頬の中心へと筆をすべらせ、頬の中心部の色が一番薄くなる、肌質を生かしたチークテクニックを披露。
ファンデーションは最小限におさえ、横顔までをも際立たせた、女性らしい “水肌メイク” を提案しました。

日本初上陸『ニュートロジーナ ハイドロブースト』シリーズ

20代〜30代にかけての女性は、意外にもスキンケアを化粧水のみで終わらせている方が多いという調査結果もありますが、水分を与えるだけではなく、水分を保ちバランスを整えることが健やかな肌には必須です。

『ニュートロジーナ ハイドロブースト』シリーズは、水分を補って育む(※2) 6つのラインナップ。

クリアとリッチの2タイプの化粧水と、独自のハイドロブーストテクノロジーを採用したジェル乳液に加え、スペシャルケアとして高浸透(※3)処方の美容液、特に乾燥が気になる時用の保湿クリーム、集中ケアする夜用ジェルマスクのラインナップ。それぞれヒアルロン酸とオリーブエキスを配合しています。
特に、みずみずしい使用感と浸透力を実感できる『ウォータージェリー』は、同シリーズの中でもベストセラーの製品です。

美しいメイクもうるおいを湛えた水肌から!
『ニュートロジーナ ハイドロブースト』シリーズは、9月14日(木)の発売です。

※1 角層が水分を保持する機能のこと
※2 水分・油分を補い保つこと
※3 角層まで

Text & Photo:Mariko Ankai

RECOMMEND ARTICLES