酒と街とマスターと女vol.8/クセになるバーガーとワインの店【渋谷】Ma Maison

酒と街とマスターと女vol.8/クセになるバーガーとワインの店【渋谷】Ma Maison

OFFICIAL 2017.07.26

今宵、この街にふらりと訪れたひとりの女性。カウンター越しに出会ったマスターとお酒を嗜みながら、たわいもない会話で夜がふけてゆく。私もそんなふうに乾杯したい!そんな女性に贈る、連載第八回は【渋谷】編。

クセになるバーガーとワインの店/Ma Maison

渋谷駅新南口駅沿いにある〝Ma Maison〟は、人通りの多い駅前に位置するものの、2階というロケーションによって雑踏から少し分け隔てた落ち着いた店構えが印象的。
今回ここに訪れたのは、モデル・女優として活躍する高山都さん。

「ここ、事務所の目の前なのでビックリです。今まで知らなかった!」

一杯目は、スパークリングワインをオーダー。マスターのチョイスで、甲州ワイン「マンズ」のスパークリングを注いでもらう。

マスターの湯川さん(通称ルンちゃん)は、おととしの11月にリニューアルしたというこの店で、ワインソムリエとしての腕を生かしつつ、フードメニューの充実に注力してきたのだそう。

笑顔で乾杯。国産ワインも普段から嗜むという都さんとのトークのマリアージュが楽しみ。
「実は昨日も、出版した本の打ち上げで飲んでいて。お酒は大好きですね。何食べる?って聞かれて考えるより、ワインが飲みたいから…どこ行く?って考えるほうが自然かも。」と、都さん。

「それはいいね。都さん料理も日頃から料理もしてるから、それなりにお酒にもこだわりがありそうだと思っていて。今日もたくさん飲んで感想を聞かせてほしいな。」

「ホームパーティもよくするんですけど、各自飲み物もってきてー!が定番のスタイル。その代わり料理はほぼ全部おもてなししてますよ。この前作った、揚げ春巻きにチーズは簡単だけどおつまみに最高で好評でした。」

前菜盛り合わせは、〝牛と鹿のスジ肉のリエット〟に〝京野菜の漬物〟などひとつひとつ 個性が極立つラインナップ。なかでも、日本ワインと漬物のマリアージュがたまらない。

甲州ワインの次におすすめしてもらったのは、都さんが好みだという〝樽っぽい〟白ワイン。スペインのラマンチャで作られるこのタイプは、色が濃いのが特徴で、今回のように肉や野菜だけでなくカキなどの魚介類ともよく合う。

気になるワインを見つけるとすぐに、ワイン専用のアプリでラベルを撮って、保存する都さん。

「1杯目、2杯目(ときには1本目、2本目…)の違いを感じて飲みたいんですよね。同じものをおかわりというより、その時々で色々楽しみたくて。だからついつい飲みすぎちゃうんですけど(笑)」都さんは、お酒が進むとますますハッピーになるんだそう。

この店に来たら必ず食べてほしいという看板メニューが、このスペシャルバーガー。ブルーチーズが入ったこのハンバーガーには、香りだけでワインが進むほどのインパクトがある。

食べてびっくり!ボリューム満点だけど、なぜかペロッと食べ切れるこの感じ。
マスターいわく、「おいしい暴力は正義」。
店内めいっぱいに広がるチーズの香りのハンバーガー、こんなの味わったらもう、赤ワインを頼むっきゃない!

おすすめ赤ワイン、〝MOTHER’S MILK〟。
「母乳です。」と言って出されたオーストラリア産のこのワイン、スペシャルバーガーにもの凄くマッチする。もちろんチーズが苦手な人には、プレーンバーガーもあるので是非このワインと一緒に堪能してほしい。

「最近はみんなでワイワイ楽しくお酒を飲む機会が多いけど、ひとりでBARで飲んでて、思わず泣いちゃったこともあるんです。BARで飲むお酒、カウンター越しのマスターとの会話で、なんか妙に素直になれて。」

そう言うと、グラスを傾けひとくち飲みながら、あのときの涙を思い出して感傷に浸る都さん。その横顔がとても魅力的で、印象に残る夜となった。

高山 都さんのインスタグラムはこちら

---------------------------
Model Miyako Takayama
Master Satoru Yukawa
Photographer Yusuke Komiyama
Hair&Make up Aiko Tokashiki
Editor Aki Tanaka
---------------------------


RESTAURANT INFO

店名
Ma Maison (マ・メゾン)
住所
渋谷区渋谷3-29-22 東京中小企業投資育成ビル2F
電話番号
03-5467-3508
営業時間
11:30〜15:00/18:00-23:30
SNS

RECOMMEND ARTICLES